フェアウェイウッドのミスの最大の原因は力み!

お気に入り
フェアウェイウッドで左に引っ掛けたり、スライスしたりと方向性が安定しないアマチュアゴルファーは実に多いですね。

一番の原因となっているのは、飛ばそうとするあまりに力んでしまっていることです。

フェアウェイウッドは、飛ばそうとしなくても正確にヒットすれば、飛距離をそれなりに稼げるクラブなのですから、「飛ばさなくては」といった意識は捨てることです。

急がず、あわてず、ゆったりと

急がず、あわてず、ゆったりと

getty

フェアウェイウッドを使う時は、打ち急がずにたっぷりと間を取ることです。

力むとトップが浅くなったり、打ち急ぎがちになるためにミスショットになります。

急がず、あわてず、ゆったりとしたトップスイングを心掛けましょう。

そこから切り返していくのですが、ここで手でクラブを振り下ろしてしまいますと、どうしても右サイドが突っ込み、クラブはアウトサイドから下りてくることになります。

フェースがスクエアでインパクトすればスライス、フェースが閉じてインパクトすれば引っ掛けが出てしまいます。

下半身からダウンスイングを始動

下半身からダウンスイングを始動

getty

切り返しは、まず手元はひと呼吸待つ感じでいいでしょう。

そのうえで下半身、特に腰からダウンスイングを始動し、ゆったりとスイングしていきます。

そうすれば外からクラブが下りてくることを防ぎ、引っ掛けることはなくなります。

クローズドスタンスの素振りで左の壁を作る

クローズドスタンスの素振りで左の壁を作る

getty

逆に体が無意識のうちにボールを高く上げようとして、すくい打ちになっている場合は、左腰が早く開いてしまいます。

その状態でインパクトすると、右方向へのスライスボールが出やすくなります。

これを防ぐには、左腰が開かないように右足をシューズ1足分後ろに引いたクローズドスタンスで素振りをしてみるといいでしょう。

引いた右足がブレーキになり、左腰が開かなくなるのです。

この素振りで左サイドに壁を作ることを体感してから、スタンスを元に戻して本番に臨めば、残ったイメージが左腰の開きを防いでくれるのです。

フェアウェイウッドは、きちんとミートしさえすれば飛距離が稼げるクラブです。

飛ばそうと大振りしたり、打ち急いだりしないよう、落ち着いてスイングすることを心掛けましょう。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516