打ち上げホールはすくい打ち厳禁!ドライバーより3Wが飛ぶことも!?

お気に入り
打ち上げホールというのは、どうしてもティーショットの飛距離がロスしてしまいます。

特に持ち球が低い人のショットは早く傾斜面に当たり、ランもほとんど出ないので、飛距離のロスは大きくなってしまいますよね。

ロフトのあるクラブで打つのもアリです

ロフトのあるクラブで打つのもアリです

getty

これを防ぐには、できるだけ高い弾道のボールを打っていくことです。

どうしてもドライバーで高いボールが打てないというならば、ドライバーよりもロフトの大きなスプーン(3番ウッド)やクリーク(5番ウッド)、あるいはユーティリティ等を使ってみるのも立派なコースマネジメントと言えます。

そのほうが結果的には飛距離が出るということが多いのも、この打ち上げホールなのです。

目線を上げて、左肩上がりにする

目線を上げて、左肩上がりにする

getty

ドライバーで高いボールを打つ時のポイントは、目線と両肩のラインにあります。

いつもよりも目線を上に取るようにして、両肩のラインがいつもより少し左上がりになるようにします。

通常のショットでは、両肩のラインは地面と水平(か右手がグリップで下になる分、やや右肩下がり)になっていますが、意識的に左肩を少し上げた左肩上がりにするのです。

ミスの原因はすくい打ち

ミスの原因はすくい打ち

getty

また、このアドレスに合わせてティーアップの高さを1~2ミリ高くします。

スイングはいつもと同じようにして、スムーズに振り切ることだけです。

一番のミスのもとは高いボールを打とうとして、自分からボールをすくい上げてしまう動きです。

体の回転主体にスイングしないと、特にフッカーは大きく曲げてしまいますよ。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >