低く打ち出してスピンを効かせてピタリと止めるには?

お気に入り
低く打ち出してピタリと止まるアプローチショットが打てれば、距離感も合わせやすいし、ピンの近くに落として、わずかなランでカップに寄せることができます。

計算しにくいランやグリーンの傾斜の影響を最小限に抑えることができるので、“寄せワン”を取るには有効なショットとなります。

使用するクラブはサンドウェッジ

使用するクラブはサンドウェッジ

getty

この低く打ち出して止めるショットは、当然のことですが、スピンが命になってくるかなりの高等テクニックです。

そこでスピンが一番多くかかるサンドウェッジを使用します。

ロフトの大きなサンドウェッジで、いかに高く上げずに、低く打てるようにするかがポイントになってきます。

あと大事なことですが、スピン系と呼ばれるウレタンカバーのボールを使うことが、スピンアプローチを成功させる必要条件です。

ボールをクリーンにヒットする

ボールをクリーンにヒットする

getty

サンドウェッジで低く打ち出すためには、右足つま先前にボールを置き、手が左足太ももの内側にくるようなハンドファーストに構えます。

足は揃えるくらいの狭いスタンス、グリップは5センチくらい余らせて短く握ると、軸がブレにくく安定感が出せます。

この構えで、ボールをクリーンにヒットしていけばいいのです。

この時、手首は使わずに胸を回転させるように振り抜いてやり、フォロースルーも地面を這うように低く取ります。

ボールがスタンスの中央にあるイメージ

ボールがスタンスの中央にあるイメージ

getty

インパクト以後は頭の位置と上体をキープしたまま、飛球線に沿って目標を下からなめるように頭を動かします。

目線を低くしたままのスイングが低いフォロースルーを生むからです。

この時、スタンスの中央にボールがあるイメージで振り抜けば、自然に低く長いフォロースルーが取れるようになります。

こうすることで、打ち出しが低くなると同時に、インパクトでボールを長くつかまえ、より多くフェース面とボールがこすれ合うので、多くのスピンがかけられるというわけです。

ちなみに、ラフから同じような打ち方をしても、ボールとフェース面の間に草が入ってスピンがかからないため、ボールはロフト通りの高い球になってしまいます。

失敗するとトップして大オーバー、なんてことにもなりかねませんが、レベルアップするためにはぜひともマスターしたいですテクニックです。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >