ゆっくり振る練習にはメリットがいっぱい!「太極拳スイング」を試してみよう

お気に入り

今よりゴルフが上手になりたいけど具体的にどんな練習をすればいいの?

そんな上達に行き詰まっている人にオススメなのは、「ゆっくり振る」という練習です。

ここではゆっくり振るという練習で得られる様々なメリットを紹介していきます。スコアを伸ばしたいと感じている人はぜひとも参考にしてください!

ゆっくり振るのは難しい

ゆっくり振るのは難しい

getty

スイングをゆっくり振るのは意外に難しいものです。全力で速いスピードで振るよりもゆっくり振るほうが難しいと感じる人も多いはずです。

理由はコントロールが難しいからです。また、ゆっくり振ると自分のスイングの良い点、ダメな点を把握できるのも大きなメリットです。

今よりもスイングを安定させたい、スイングのコントロールを向上させたいと感じている人は、一度ゆっくり振る練習をしてみてください。

難しいと感じますが、継続して練習していくことでスイングの精度が上がるはずです。

コントロールを向上させる効果がある

コントロールを向上させる効果がある

getty

インパクトで大切なことは、クラブの真芯であるスイートスポットに、スクエアなフェース向きでヒットさせることです。

しかし、このスイートスポットは、クラブにもよりますが大きさが直径1.5センチから2センチととても小さな範囲です。

ここに的確にヒットさせるにはゆっくり振る練習が効果的です。たとえゆっくり振ってもなかなかスイートスポットに当てることは簡単ではありません。

地道な練習なので面白みには欠けますが、確実に効果やメリットがあるので、今よりも上達したい方にはオススメの練習方法です。

理想のフォームに近づけたい方にオススメ

理想のフォームに近づけたい方にオススメ

getty

自分のスイングフォームを確認したい、理想のフォームに近づけたいという時に効果的なのがゆっくり振るということです。

ゆっくり振ると普段なかなか気づけないような箇所まで見えてくるというメリットがあります。

ゆっくりスイングをして理想のスイングに近づいてきたら徐々にスピードをアップさせていくと理想のスイングフォームに近づいてくるでしょう。

なかなか忍耐力が要る練習方法ですが、思った以上に効果が表れるはずです。

練習メニューに追加しよう

練習メニューに追加しよう

getty

ゴルフが上手な人はスイングやボールを理想通りにコントロールできる人です。最も効果的な方法はやはり、ゆっくり振るという練習です。

これはアマチュアのみならずプロも行っている練習方法です。不思議に思う方もいるかとは思いますが、ゆっくり振れる人は速く振ることもできます。

しかし、無闇に速くしか振れない人はゆっくり振ることはできません。ここがコントロールの差です。

今よりも上手になりたい、でもどんな練習をしたらいいのか分からない、と感じている人はぜひゆっくり振るという練習を始めてみてください。

宮里藍プロの太極拳スイング

ゆっくり振るということについて長々と綴ってきましたが、確実にメリットや効果があらわれる練習方法なので、ぜひとも練習メニューに取り入れてみてください。

お気に入り
Fagio

学生時代からゴルフをやっているにもかかわらずエンジョイゴルファーのまま今に至ってます。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。