初心者脱出への壁!100切りを目指す人への4つの心得

お気に入り

ゴルフを始めてまず最初に目標となるのが「100を切る」ことですよね。

100を切ってこそようやく初心者脱出と言えるでしょう。

しかしこれが大きな見えない壁があるんですよね。

前半いいスコアで回っても後半でしっかり帳尻を合わせてしまう、そんな経験をお持ちの方がどれだけいることか。

そんな方もここを読めばもう安心、ここでは100切りをする方法を伝授していきますよ!

100切りのための方法、その1!平常心

100切りのための方法、その1!平常心

getty

自分のふがいないショットにイライラしたり焦りを感じたりすることもあるでしょう。

ゴルフのスコアはメンタル面に大きく左右されるスポーツですよね。

大きくフェアウェイを外しても、1メートルのパットを外してもそれは「仕方ない」んです。

大事なのは、ミスショットしてしまったことではなくて次のショットをどう打つか、ですよ。

なかなか気持ちの切り替えは難しいものですが、怒りや焦りを鎮めることはそう簡単ではありません。

なので「次をどう打つか」を客観的に分析してみましょう。

すると自然と目の前のボールに集中できるようになるはずです。

100切りのための方法、その2!フェアウェイキープ

100切りのための方法、その2!フェアウェイキープ

getty

ティーショットではいいところを見せようと力んでOB、誰しも経験があるはずです。

どれだけ飛ばしてもOBには変わりありません。

ティーショットではフェアウェイがどれだけキープできるか、が大事なのは分かっているはずですよね?

一旦距離へのこだわりを捨てて、5番ウッドやユーティリティを使ってもいいのでフェアウェイをキープすることが100切りへの近道かもしれませんよ。

少ない打数でカップインさせればそれでいいんです。

100切りのための方法、その3!自分が出しやすいミスを知る

100切りのための方法、その3!自分が出しやすいミスを知る

getty

練習場などで自分がどんなミスを犯しやすいのか、自分でわかっている方がほとんどでしょう。

それを自分が知っておくことで、ミスショットをしたときの原因を客観的に探ることができるようになります。

そうすることで

こうなったからダフった
→こうすれば改善できる
→次のショットはこうしよう

と冷静に自分のプレーを考えることができるようになります。

ゴルフ場のクセやクラブの特性を知るよりも、まずは自分を知ることが大切だということですね。

100切りのための方法、その4!寝る前の一人反省会はNG!

ラウンド後の寝室、あなたは一人で今日のラウンドの反省会をしていますか?

実はこれ、やってはいけないんです。

反省会、と名が付くことですので

「こうすればよかった」
「今日はドライバーが調子が悪かった」

と思い出していることでしょう。

実はこれだと悪いイメージをしたまま眠ってしまうワケですので、100を切る足枷にしかなりません。

寝る前にどうせやるなら、調子のいい過去の自分にすがりましょう。

「あのショットは良かった」「あの日は神がかってた!」と思うようにすれば嫌なイメージは残りにくいです。


いかがでしたか?

100を切るための方法を4つ紹介してみました。

これが実践できれば、貴方の100切りは約束されたようなものです!

がんばってください!

お気に入り
keiman

ゴルフ好きなおっさんです!ミーハーゴルファーですが楽しく執筆していこうと思いますのでよろしくお願いします〜

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。