あっ!林にボールが!そんなときは「狙う」「転がす」「上げる」の3本!
ゴルフ初心者

あっ!林にボールが!そんなときは「狙う」「転がす」「上げる」の3本!

0

ティーショットを大きく曲げてしまって、林の中へ・・・。

ボールは見つかるでしょうか?

だいたい残りは140ヤード前後の地点に転がっているはずだから、9、8、7番の3本を持って林の中に探しに……。

それ、間違っているかもしれませんよ!

『クラブ3本持っていけ』

『ボールを探しに行く時は、クラブ3本持っていけ』

ゴルフを始めたての頃に誰しもが教えられた言葉だと思います。

その教えの通りピンまでの残りの距離をおおよそ見積もって、それに近い番手を持っていきます。

ボールがフェアウェイや、近くのラフにあり、ライ(ボールの下の地面の状況)がわかる場合はそれでOKです!

ただし、大きく曲げて林の中へボールが行ってしまい、ボールがどの様な状況にあるか分からない時、いつもと持っていくクラブを変える必要があります。

狙う・転がす・上げる

林の中にボールがあったとして、どんな状況化分かりません。

大きく分けて3つの状況です。

・運よく通常通りスイングができ、グリーンを狙える状況
・木が生い茂っており、転がして真横に出すしかない状況
・ボールを通す隙間がなく、上から木を越えていかないといけない状況

この3つの場面に対応するには、いつものように残りの距離の前後を打つクラブを3本持っていっても対応できません。

狙う・転がす・上げるができる3本を持っていく必要があるんです!

残り140ヤード付近の林の中へ探しに行く場合

140ヤード前後が打てる番手のアイアンを3本持っていっても、林から抜け出す選択肢が少なくなります。

私がこの状況だとしたら、狙う・転がす・上げるができるように以下のクラブを持っていきます。

グリーンを狙う・・・7番アイアン
低い打球でコースへ戻す・・・5番アイアンorユーティリティ
木の上を越していく・・・52度のアプローチウェッジ

林の中に限らず、隣のホールへボールを探しに行く場合も同じです。

距離は力加減で調整することは簡単ですが、打球の軌道を変えるのは上級者でも難しいので、打球の軌道を変えるためのクラブを3本持ってボールを探しに行きましょう。

弾道を選択できる3本を持っていけば、トラブルを打開する策が見えるはずです。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

あっ!林にボールが!そんなときは「狙う」「転がす」「上げる」の3本!

カートに追加されました。


×