冷静さを失わないメンタルが重要!100切り達成に必要な考え方
ライフスタイル

冷静さを失わないメンタルが重要!100切り達成に必要な考え方

0

100切りを達成するには、スコアを計算しながら理論的な考え方でプレーする必要があります。

つい感情的になって、やたらにドライバーを振り回している内は、100切り達成はなかなか難しいのではないでしょうか。

ここでは、技術的な面とメンタル面で、100切り達成に必要な事について触れていきます。

100切り達成の心構え

100切りを達成するために、必要な事はたくさんあります。

正しいスイング、適切なクラブ選びなど、様々な要素がありますが、最も重要な要素は考え方です。

自信を持ってプレイするということがとても大切です。

100切りは、ある程度のメンタルが必要になってきます。

裏を返せば、メンタルが鍛えられて、一度100切りに成功すると、その後は苦労なく100切りを記録できるようになっていきます。

まずは、自分は100切りを達成できるという考え方を、刷り込ませることが重要です。

数学的に考えることも重要

100切り達成の考え方として、スコアをしっかりと計算していく必要があります。

ダブルボギー9個とボギー9個で“99”です。

つまり、9回まではダブルボギーを打っていいのです。

また、残り9ホールもボギーでいいので、無理してパーを狙う必要はないのです。

ですから、色々なミスをしてしまっても、すぐに取り戻そうとせず、冷静でいる事が重要です。

「パー4で、ティーショットをチョロしてしまった」「ラフが深いのにもかかわらず、ついつい3番ウッドを持ってしまった」など、メンタルの弱さが出てしまいますが、ミスをしても、焦って一気に挽回しないという余裕が必要です。

頭の中でしっかりとスコアを計算し、数学的に考えることで、100切りを達成することができるはずです。

飛距離を狙わないという考え方

100切りには様々な考え方がありますが、OBを減らす、もしくはOBを打たない事がとても大事になってきます。

とはいえ、中上級者であっても、「今日はOBには気をつけよう」という気持ちで臨んだのにも関わらず、実際にはOBを打ってしまう事もあります。

なので、まずは飛距離を狙うのではなく、あくまでも100切りを達成するという事をしっかりと意識しなくてはなりません。

それらを認識した上で、自身の実力を把握してショットを打ちましょう。

ここを意識するだけでOBの回数は少なくなるでしょう。

飛距離を稼ごうとしないメンタルの強さを持つことが重要です。

どうすればOBが減るか?を考える

無駄なOBを打たない方法としてドライバーを使わないという手段もあります。

ついつい飛距離にこだわってドライバーを持ってしまうという気持ちもわかりますが、目標を100切り達成と考えるのであれば、考え方をシフトチェンジする必要があります。

ドライバーが調子悪ければ、無理に持たなくてもいいのです。

例えば、最後の350ヤードのパー4をダブルボギーで上がれば100を切れるのであれば、7番アイアンを2回打てば残りはアプローチの距離です。

もしドライバーでOBを出してしまっていたら、次のティーショットからパーで上がる、よく使われる言葉で“OBパー”でなければならないのです。

まずは、OBを減らすためにはどうしたら良いのかをよく考えましょう。


いかがでしたか?

100切り達成のためには、考え方をしっかりと身につける事が重要です。

感情に振り回されないメンタルを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

冷静さを失わないメンタルが重要!100切り達成に必要な考え方

カートに追加されました。


×