【オレンジ?黄色?】ボールの「色」について考察してみた【緑!?】

お気に入り
毎シーズン、新しいボールが各メーカーから発売されます。

スピン系、ディスタンス等とさまざまなボールの性能をうたったものが登場します。

何を基準に購入するかは、プレースタイルにもよるでしょう。

しかしスピンや飛距離以外にも重要な要素があると、私は思います。

今回はカラーボールを使ってみた感想を紹介します。

カラーボールはプロも使っている

カラーボールはプロも使っている

getty

プロゴルファーのほとんどは白いボールを使っていますが、10年くらい前から何人かのプロが黄色やオレンジのボールを使ったりもするようになりました。

それに影響を受けてか、カラーボールがアマチュアにも浸透してきました。

実際に私も黄色のボールを使うようになって数年経ちます。

フェアウェイで判別しやすい

フェアウェイで判別しやすい

getty

私は毎ラウンド、黄色のボールを使っているわけではありません。

しかしカラーボールを使うようになって、良いこともありました。

それは誤球の心配がなくなったことです。

もちろん同伴者が同じ色のボールを使っていたら誤球の可能性があります。

しかし、その可能性は白のボールを使っている場合より低く、仮に同じ色のボールを使っていてもメーカーが違うと少し色の具合が違い、白いボール同士よりも判別がつきやすい気がしました。

いずれにしろ、カラーボールにすると、フェアウェイで自分のボールが同伴者のボールと並んだ時に自分のボールを認識しやすくなります。

しかし林にいったら大変

しかし林にいったら大変

getty

涼しくて寒過ぎない、今が一年の中でゴルフに最も適したシーズンではないでしょうか。

ゴルフ場にいるだけでも快適な季節です。

プレーをする季節としては最高なのですが、これから冬に至るまではフェアウェイやグリーン上に落ち葉がたくさんある季節でもあります。

これが厄介で、遠くからではボールとの見分けがつきにくくなります。

しかも、黄色やオレンジのボールだと余計に落ち葉と同化してしまいます。

ボールだと思って近づいたら、落ち葉だったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

秋から冬にかけては、黄色やオレンジのボールを使うのは避けたほうがいいかもしれません。

結局何色がいいのか?

結局何色がいいのか?

getty

同伴者とのボールと区別するためにカラーボールを使っているのに、落ち葉との区別がつきにくく、ボールの発見が遅れスロープレーになるのもよくないですね。

白はたくさんのゴルファーが使っていて紛らわしいし、黄色やオレンジは遠くから区別はしやすいものの落ち葉と同化して厄介。

他の色はどうなんでしょう。

以前、友人が薄い紫のボールを使っていました。

これは、はっきり言って見難いと感じました。

なぜでしょう?

色の主張があまりないからでしょうかね?

また、黒のボールがありますが、これはプレーで使ったことないので何とも言えません。

想像するに、これも見難いような気がします。

木陰に入ってしまうと同化してしまうのではないでしょうか?

見たことはないですが、緑のボールはどうでしょうかね?

冬の枯れたフェアウェイであれば結構目立つような気もします。

そもそもそのような色のボールを売っているのを見たことがないですが……。

こうやってあらためてボールの色を考えてみると、同伴者との区別より、コース上で遠くから認識しやすいことの方が重要な気がしてきました。

やっぱり白が最も無難なのでしょうか?

amazon

(追記)
緑のボール、ありました(笑)。
お気に入り
koji

〝24時間ゴルファー” プレーも観戦もギアも大好きなアマチュアゴルファーです。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


ゴルフ5初心者バナー