100を切るために必要なのは"泥臭い"アプローチだ!
ゴルフ初心者

100を切るために必要なのは"泥臭い"アプローチだ!

1

100を切るために、パーオンさせる必要はまったくありません。

基本ボギーオンでOKです!

ボギーオンさせるために必要な、30ヤード以内のアプローチを3パターンに分けて解説させていただきます。

泥臭くいいスコアを狙いに行きましょう。

基本ボギーオンでOK

100を切るために遠くからパーオンさせる必要はまったくありません。

基本ボギーオンでOKです!

たとえ全ホールボギー(+1)で回ったとしても、トータル18オーバーの90で100切りが達成できます(ダブルボギーも9回までならOKです)。

ということは、ボギーオンさせるための30ヤード以内のアプローチがとっても重要に。

※もちろんバンカーや池を避けたいい場所からアプローチすることも重要です。

今回は3つのケースに分けてアプローチについて解説させていただきます。

少々泥臭く感じますが100切りを達成するための最善策を選択しましょう。

まずはパターが使えるか考える

パターも思いっきり振れば50ヤードぐらい転がせますよね?(極論ですが・・・)

1番距離感が出しやすいのはパターです。

だからこそパターゴルフは子供でも誰でも遊ぶことができます!

ボールがハザードのない花道にある場合は、積極的にパターを選択してピンを狙っていきましょう!

ミスなく確実にグリーンをとらえることができます。

パターがダメらな9番アイアン

パターがダメらな9番アイアン

ボールがラフの中にある場合や、ボールとグリーンの間にラフがある場合はパターで打ってもうまく転がらず、距離感が出せません。

そんな時はウェッジ! ではなく・・・。

9番アイアンを使いましょう!

9番アイアンを短く持ってパターを打つ時のように打ちます。

そうすると体重移動がない分、ラフの中でもボールとうまくコンタクトできます。

ボールも少し浮いてくれるので、芝の影響を受けず距離感を出しやすくなります。

最後にウェッジ

目の前に池やバンカーがある場合。

ここでようやく出てくるのが、ウェッジです!

この場合はボールを浮かせてハザードを越えていく必要があります。

ボールを高く浮かせると距離感を出しづらくなるので、ハザードを越えていくことだけに専念しましょう。

少々泥臭く感じますが、ゴルフはスコアの勝負です!

カッコいいロブショットを決めるよりも、安全に最善策を選択しスコアを積み重ねていきましょう。

ちなみに距離感についてですが、ゴミ箱にゴミを投げ入れる時をイメージするとわかりやすいと思います。

ふんわりと投げるよりも直線的に投げたほうが距離感が出しやすいですよね?

それとゴルフのアプローチも似ています。

泥臭く転がしてスコアを縮めていきましょう(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

100を切るために必要なのは"泥臭い"アプローチだ!

カートに追加されました。


×