【月例で学ぶ】スタートで大叩きしても、投げやりにならないための方法論
ゴルフ初心者

【月例で学ぶ】スタートで大叩きしても、投げやりにならないための方法論

0

スタートホールで想定外の大叩き、今日のゴルフはこれで終わった・・・。

このような経験はありませんか?

ミスを取り返そうとして、さらにミスを重ねてしまうと、「もうどうでもいいや」って気持ちになりますよね。

今日は、スタートホールで大叩きしても、投げやりにならないための方法についてお話しします。

「最初のハーフは練習さ」は絶対禁句!!

最初の数ホールで大叩きしたゴルファーは、大抵こうつぶやきます。

「最初のハーフは練習だから・・・」

皆さんも身に覚えがあるのではないでしょうか?

しかし、このセリフを口にした瞬間、緊張の糸は切れ、プレーは投げやりになってしまいます。

そして、後半のハーフでも雑なプレーでミスを重ねて、「今日はまあ練習だから・・・」と同じセリフを繰り返すのです。

3ホール毎のマイ目標を立ててみよう

それでは、スタートで大叩きして途中で帰りたくなった場合は、どうすれば良いのでしょうか。

こんな時、私は「3ホール毎のマイ目標を立てて、それをクリアする」ことに集中します。

100切り狙いの人は、取り敢えず「3ホールで5オーバー」をマイ目標にしてみましょう。

因みに、私は普段「3ホールで1オーバー」をマイ目標にしています。

マイ目標の星取表をつけてみよう

「3ホールで5オーバー」をマイ目標とする場合

1番〜3番が「ダブルボギー、ダブルボギー、ボギー」であれば5オーバーなので、○(マイ目標達成)です。

4番〜6番が「すべてダブルボギー」であれば6オーバーなので、×(マイ目標未達)です。

このように計6回分の「星取表」を「○×○×○×」と付けてみて下さい。

星取表の勝ち越しを目指して、投げやりプレーを防止しよう

私事で恐縮ですが、、、月例競技会の1ホール目で+4打の大叩きをしてしまいました。

そこでマイ目標に意識を切り替えたところ、最後まで緊張感を持ってプレーすることが出来たのです。

星取表は「×○×, ○○×」つまり3勝3敗の引き分けで、スコアもハンディキャップ通りまで盛り返すことができました。

もし1ホール目で「今日は終わった」と諦めていたら、スコアはもっと崩れていたと思います。

「3ホール毎のマイ目標、星取表、勝ち越し」の三点セット。これが投げやりプレー防止の秘策です。

皆さんの明日のゴルフのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

【月例で学ぶ】スタートで大叩きしても、投げやりにならないための方法論

カートに追加されました。


×