初心者が学ぶ、ドライバーの打ち方!

お気に入り
初心者が理解しやすいドライバーの打ち方とは?

まず、最初に意識してほしいポイントや、わかりやすいコツをまとめてみました。

すべての土台となる両足

両足の足幅は、カラダが回転しやすいように肩幅より少し広い程度に。

下半身はいつでも動ける軽いフットワークのある感じで、動きやすさを優先してみてください。

両足の体重のかけ方では、身体の軸が若干右に傾く分、右足6左足4、もしくは右足5左足5です。

ボール位置は、左足カカト線上から左胸の前で、自分のスイングに合ったポジションをみつけましょう!


ドライバーのスタンスの作り方(動画)↓

前傾姿勢と脇

View this post on Instagram

Power

A post shared by Joe Compitello Golf (@jjcompit) on

まず、背すじを伸ばして、前傾姿勢を作ります。

垂直状態からお尻を突き出し、四方から押されてもビクともしない安定感が大切です。バーカウンターの椅子にちょこんと座るように、お尻を少し上に上げるような感じです。

背中を丸めたり、膝を大きく曲げてしゃがむような姿勢はNGです。

背すじはある程度伸ばしつつ、腰から曲げる(骨盤から前傾させるという言い方をします)ことが大事です。

これが、股関節の動きやすさを生み出します。

そして脇を締めます。

よくゴルフで言われますが「両腕の上腕三頭筋側を胸に付けるようにすること」を、「脇を締める」と表現します。

膝が適度に折れ曲がり、上体が前傾するので、懐にスペースができます。

これにより、腕が振りやすくなります。


力強いドライバーショット(動画)↓

スイングとチカラ

スイングとチカラ

getty

振る時は肘の内側を上向きにしてください。

脇を締めた形を取ると、肘の内側が上というか、肘がカラダのほうを向いた姿勢になります。

こうすることで、スイングしたときに腕の動きがスムースになります。

初心者はここが大切です。

スタンスができたら、カラダのリキミ、チカラを抜いて脇を締めて、小さく体幹で回るイメージです。

腕とクラブは勝手に振られている感じです。

グリップ

最後にグリップです。

力加減は思いっきりギュッと握った時が10としたら、3くらいと言われています。

左手は、脱力した腕を自然にカラダの横に伸ばした時にできる「手の形」でクラブのグリップを握ります。

つまり、左手の甲が左を向く人なら、グリップする時にもその向きのまま握り(スクエアグリップと呼ばれる形になります)、左手の甲が前を向く人なら、グリップする時にもその向きのまま(少し反時計回りに戻りますが)握ります(フックグリップと呼ばれる形になります)。

意識的には「人差し指と小指の下の膨らみでクラブシャフトを支える」、ここがカギです。

チカラの入れ具合を最小にできて、けれどもぶれないゴルフグリップの方法です。

右手は薬指と中指でシャフトを引っかける感じでOKで、親指は上からシャフトにかぶせるように、ソフトにのせて振ってください。

まとめ

まとめ

getty

今回はゴルフを始めたばかりの方がまず押さえておきたいポイントをまとめてみました。

ちょっとした意識や角度、力加減が大切です。このことをまず頭に入れてゴルフを楽しんでください!
お気に入り
gollu

ゴルフをはじめて7年目になりました。 まだまだ下手ですが、ゴルフが大好きです!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。