マッスル派?キャビティ派? アイアンは簡単なほうがいいんじゃないの?

お気に入り
アイアンは、初心者向けとされるキャビティアイアン、それと上級者向けといわれるマッスルバックに大きく分かれます。

中空やハーフキャビティはここでは除外して考えます。

少ない打数でカップインさせるゴルフという競技。

あえて難しいマッスルバックを使うよりも、「簡単」なアイアンを選んだほうがいいんじゃないの? という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

この問題についてちょっとだけ考察してみたいと思います。

キャビティとマッスルバック 違いを見てみよう

キャビティとマッスルバック 違いを見てみよう

getty

よく言われるこの2つのアイアンの違いは

・キャビティはオートマチックに打てて、スイートスポットが広くてやさしい
・マッスルバックはボールの操作性がよく、ミスヒットにはシビア

こういったことがよく言われていますよね。

総じてキャビティアイアンはヘッドが大きく、重心距離も長めになっています。

ヘッドが勝手に仕事をしてくれるのでそれなりにいいボールが打ちやすい特徴があるんです。

逆にマッスルバックは重心距離も短ければスイートスポットも狭め。

ミスヒットにはシビアですが、ゴルファーの意図によって弾道を操作しやすい特徴があります。

簡単なアイアンは上達を邪魔してしまうのか?

簡単なアイアンは上達を邪魔してしまうのか?

getty

マッスルバックであれば、ミスショットをした時にその差が顕著に出ます。

逆にキャビティは、ヘッドが勝手に仕事をしてくれるためミスをクラブがカバーしてくれます。

そのため打感やボールを見ても、自分で「ミス」がわかりにくくなってしまうことがあります。

はたしてこれは上達を邪魔してしまう要因になるのか、という問題。

キャビティでも絶好のアタリをしたときは手応えでわかります。

「いまいち手応えが良くなかったけど、ボールはいいところに飛んでくれた」という場合もありますよね。

なのでキャビティだから上達しない、ということはないと考えます。

もちろんミスショットの反動が大きいマッスルバックのほうが、感覚を研ぎ澄ますことができるのは言うまでもありません。

アイアンは簡単なほうがいい? 難しいほうがいい?

アイアンは簡単なほうがいい? 難しいほうがいい?

getty

ゴルファーの永遠の悩みの1つと言ってもいいでしょう。

しかし結局のところ「目指すところ」によって変わってくるという回答に落ち着きます。

スコアアップを目指したいのであれば簡単なアイアン。

ドロー、フェードを打ち分けて自在に操りたいのであれば難しいアイアン。

ということになってくるでしょう。

ただ所有欲が満たされたり、クラブを見られた時に「おおっ!?」と思われるのはやっぱりマッスルバックアイアンだったりしますよね……。

マッスルバックアイアンを選ぶ人の理由

マッスルバックアイアンを選ぶ人の理由

getty

キャビティアイアンに代表される“簡単系アイアン”をオススメされるケースが多い昨今ですが、それでもマッスルバックアイアンを使い続けているゴルファーもいます。

それはやっぱり自分の意のままにボールが操れること、打感が非常に気持ちいいこと。

何より持っていてかっこいい、などいろいろな理由があります。

他にもヘッドが小ぶりなタイプが多いので、それによる利点もあります。

・ラフからのショットではヘッドが小さいほうが抜けがいい。
・スピン量をコントロールして弾道の高低や距離の打ち分けがしやすい。

こんな理由でマッスルバックを使う人もいるようですね。

一概には言えないアイアン選び。

購入を迷っている方はどちらを目指していきますか? 自分のスタイルや予算に応じて慎重に選びましょう。
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721