アプローチでは、簡単なやり方を選択したほうがスコアアップ!?

お気に入り
スコアを縮める鍵となるのがアプローチとパット。

パットは、正直練習と経験あるのみ! な感じもしますが、アプローチは様々な打ち方やクラブ選択ができます。

ゴルファーの技量やプレイスタイルにも影響されることになりますよね。

そのアプローチなのですが、知らず知らずの内に「難しいアプローチ」を選択していませんか?

簡単な方法を選択することでスコアアップに自然とつながることもあるんです。

最後の手段「ロブショット」

最後の手段「ロブショット」

getty

アプローチで高く上がったボールがピンに絡んで“ピタッ”と決まる。

こんなロブショットはものすごくカッコイイですよね。

ですがこのロブショットは、トップはもちろんハーフトップも許されない場合があって、難度は高めのショットです。

しかもしっかり振り抜かないと高くボールは上がりませんからね。

これでトップをしようものならグリーンオーバーはほぼ確実となるでしょう。

ロフト角の大きなウェッジでのロブショットは、アプローチの第一選択にしてしまうとスコアを崩す要因に。

まず「カッコイイ」のはわかりますが、アプローチでグリーンを狙う時は最後の手段として考えるようにしましょう。

アプローチはミスの許容範囲が大きな方法で

アプローチはミスの許容範囲が大きな方法で

getty

トップしたりダフったり、とアベレージゴルファーにミスショットはつきものです。

そんなアベレージゴルファーがアプローチでスコアを縮めるには、ミスの許容範囲が大きな方法を選択する他ありません。

それは「転がすアプローチ」。これに尽きます。

アプローチと言えど距離は様々ですが、ボールの落とし所を決めて後は転がして寄せていく方法がミスをしても傷口が広がりにくい方法ですからね。

「グリーンの奥にこぼれたら」「方向がズレてグリーンに乗らないかも」

こんなことを考える方もいるでしょう。

でも高いボールを狙ってトップすればグリーンの奥へOB、方向がズレるのは転がすアプローチも変わらない。

となればどちらがミスに対して寛容か、すぐにわかると思います。

自分の信頼できる1本を作っていこう

自分の信頼できる1本を作っていこう

getty

短いアプローチを転がして攻める場合、距離に応じてクラブを変えるより「信頼できる1本」を作ったほうがいい結果が出やすくなります。

それは距離毎、クラブ毎に振り幅などを変えてアプローチをするには相当の練習量やラウンドの経験が必要になってきます。

そんな時間が取れないアベレージゴルファーでは、1本に決めておくことで「この距離ならこれくらいの振り幅で」という感覚がつかみやすくなります。

「残り50ヤードかぁ……58度にしようかな。いや、ピッチングウェッジで転がそうかな」と迷うよりは、自信のあるクラブで迷いなく攻めていくほうが気持ち的にも迷いが生じません。

簡単な方法だけどアプローチ練習は必須

簡単な方法だけどアプローチ練習は必須

getty

自信を持って打てるクラブが決まればあとは練習するだけです。

ロブショットよりも、転がすアプローチのほうが簡単だとは書きましたが結局練習は欠かせません。

10ヤード刻みで50ヤードまで、狙った距離を打てるようにしておきましょう。

この練習をしておくことでグリーン周りに抜群に強くなれます。

さらに少々ミスをしても、スコアを大きく崩すことが減ってきますので、スコアを縮めるためにはかなり有効な練習になってきますよ。


いかがでしたか?

アプローチでは簡単な方法を選ぶことでスコアアップにつながります。

ぜひ「転がすアプローチ」を第一選択に練習を積んでいきましょう。

これができるようになると100切りは目前です!
お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
ゴルフ5初心者バナー

カートに追加されました。