アプローチの距離感 12の法則
ゴルフスイング

アプローチの距離感 12の法則

0

私がレッスンを受けているプロからヒントをもらい、ラウンドでかなり効果があったアプローチの考え方をお伝えいたします。

アプローチの距離感、ピッチとランの比率についての考え方。

不思議と距離感が合ってくるので1パットが増えます。

アプローチ寄らない。 オーバー ショート

ドライバーがナイスショット! フェアウェイセンター。

セカンドのアイアンがショートしてグリーン周り。

何とかアプローチで寄せて1パットでパーを拾いたい。

実際のラウンドでよくあるケースだと思います。

で、1パット圏内のアプローチのはずが、オーバー、ショート。

2パット、3パットでボギー、ダボ。

アプローチが寄っていれば・・・。

何とかならないものか? アプローチショット・・・。

アプローチの距離感

よく雑誌やレッスンで、

『時計をイメージしてクラブの振り幅を決めてアプローチの距離感を出しましよう。8時~4時で30ヤード、9時~3時で50ヤード』

一度は聞いた事があると思います。

練習場で一生懸命練習し、実際のラウンドで・・・。

変にスピンがかかってしまい、大ショート。

ピンが近くて止めたいのに大きくランが出てしまい大オーバー。

寄らず、入らずでボギー、ダボ。

よくあるパターンですよね。

距離を打ち分け、寄せるという考え方だけではアプローチは難しいのです。


写真は、室内で出来るアプローチ練習の定番グッズ
ダイヤ(DAIYA) ベタピンアプローチ

じゃあ どうすればイメージ通りに寄せる事ができるのか?

一緒にラウンドしている方を見ているとアプローチはサンドウェッジ(SW)一本で、状況に関係なくアプローチで使うクラブを決めている人がほとんどです。

だからショートしたりオーバーしたりするミスが出やすいのです。

私が効果があった方法とは、グリーンエッジまでの距離、グリーンエッジからピンまでの距離でアプローチするクラブを変えるという方法です。

その方法とは・・・。

アプローチ12の法則。

12個も法則があるわけではないのでご安心を(笑)。

グリーン周りからアプローチをする場合、まず歩測します。

例えばその歩測の結果が、エッジまで2歩、エッジからピンまで4歩だったとします。

その比率は1対2になります。

その場合12から2を引きます。答えは10ですね。

勘のいい人はもう気づいたと思いますが、10アイアンでエッジまでアプローチをするのです。

10番アイアンというのはないですが、9番アイアンの次なのでピッチングウェッジ(PW)ということになります。

考え方は同じで歩測の結果が5歩、5歩なら 1対1なので、12-1で11番アイアン。

アプローチウェッジ(AW)またはサンドウェッジ(SW)でエッジまでアプローチ。

4歩対12歩なら1対3なので12-3で9番アイアンでアプローチ。

要するに、エッジからピンまでの距離が長くなるほど、ロフトの立ったクラブでアプローチをするというわけです。

グリーンの上り下りで1番手くらいは変える必要はありますが、これがまた面白いように寄るんです。

フックライン、スライスラインも加味してエッジの落としどころも考えてアプローチするとチップインも十分にあります。

アプローチの距離感に悩んでいるならぜひ試してみてください。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

アプローチの距離感 12の法則

カートに追加されました。


×