ショートゲームをマスターすることがスコアアップの近道です!

getty

ゴルフ初心者

ショートゲームをマスターすることがスコアアップの近道です!

0

ゴルフ上達のポイントは、似た状況をできるだけ多く作ることにあります。

基本的には、一度しかその場面で打つことができません。

練習場のように同じ状況で2度も3度も打てばできることも、たった一度しか巡って来ないからより難しくなるのです。

ショートゲームは、そんな似た場面の宝庫なのです。

距離によって呼び方が変わるアプローチショットを攻略しよう!

およそピンまで100ヤード圏内になれば、ショートゲームと呼んでいいでしょう。

スコアアップを狙うなら、この距離にどう慣れていくかが上達の時間を決めると言えます。

つまりショートゲームの重要性に早く気がつき、技術アップすればスコアアップに直結するのです。

まずは100ヤード付近、ピッチショットをマスターしましょう。

アプローチショット全般に言えますが、何よりも手首(特に右手首!)を返さないことに注意が必要です。

距離に自分を合わせるのではなく、自分に距離を合わせたいので、スイングスピードは一定のままで振り上げる大きさ(テークバックの大きさ)で距離感をつかみます。

チップショットがアプローチショットの基本形!?

グリーン周りから、ふわりと浮かしたボールがカップに向かって転がっていくのが、チップショットです。

このショットの出来が、その後のパットにも影響するのでとても重要なショットになります。

アドレスから少し右膝を左膝に寄せた感じでも良いでしょう。

ショットで意識したいのはインパクトの時です。

決して打った直後に、ボールを追うように顔を向けてはいけません。

そうしないためにも、振り上げる大きさと距離感を反復練習します。

時計でいうところの8時、9時あたりまで意図的に振り幅を変えて、自分の距離感を身に付けます。

バンカーショットは、もっとも簡単なアプローチショット!?

バンカーショットがもっとも簡単なアプローチショットと言われるのは、他のショットとは異なりボールの後ろを打ち込みダフれば良いだけだからです。

ボールが乗っている砂ごとバウンスを効かせて爆発させるのです。

ボールを直接叩いたり、深く砂に入り込むことなく、砂ごとすくうイメージです。

練習では、バンカーに一本線を引き、その線を消すように振ってみましょう。

線の前後3センチほどを払えれば上出来です。

何よりクラブを短く持ち、勢いよく振ってみましょう。

この練習をすると入射角が安定してアイアン全般が上手になります。

総まとめはパッティング!?

長い距離を入れられれば、それまでのミスは帳消しです。

残り5センチを外せば、もう一打追加になります。

パッティングの出来不出来は、スコアにとても関係します。

つまりスコアアップをしたいなら、ショートゲームを繰り返し練習することです。

特にパッティングが重要です。

グリーンのスピードはコースに行くたびに違うかもしれませんが、自分の中に基準となる振り幅を作り、その基準がその日のコースでどのくらいの距離になるのかを体で覚えることです。

偶然ではなく、必然にするためには、再現性を意識したスムーズなストロークが重要です。

体幹を意識して、肩の回転だけでストロークすることを心がけてみましょう。

ゴルフを始めて最初のうちは、ドライバーやアイアンにフルショットばかりを練習しがちですが、上級者になればなるほどショートゲームの練習を重視します。

早く上達してスコアアップを目指すなら、これらのショートゲームの練習を中心にしてみましょう。

意外とフルショットにもいい影響がありますよ。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ショートゲームをマスターすることがスコアアップの近道です!

カートに追加されました。


×