ゴルフをするときにゴルフシューズが必要である理由とは?

お気に入り
ゴルフでは通常のスニーカーではなく、ゴルフシューズを履いてプレーします。

それではなぜゴルフシューズを履いてプレイしなければならないのでしょうか。

ゴルフシューズを履かなければならない理由はちゃんとありますので、それを知った上でゴルフを楽しみましょう。

ゴルフシューズでないものはマナー違反になる理由とは?

ゴルフシューズでないものはマナー違反になる理由とは?

getty

ゴルフは歩いている時間が長いので、疲れにくいようにスニーカーを履いたほうが良いのではないかという意見もあるかもしれません。

しかし、ゴルフのマナーとしてゴルフシューズでのプレーは必須です。

元々ゴルフはスーツにネクタイをしてプレーしていたという起源があり、足元ももちろんそれなりのもの。

そのため昔のゴルフシューズは革のものだったことを覚えている方も多いでしょう。

そこから少しずつ現在の形に変わってきており、カジュアル化が進んできているのです。そのため現在ではスニーカーのようなゴルフシューズがありますが、元を辿ればNG。マナー違反だったのです。

だからこそ現在でもスニーカーはマナー違反になってしまいますので「ゴルフシューズ着用」とドレスコードに明記されているのです。

別のスポーツで使用するスパイクも芝を傷つけてしまう

別のスポーツで使用するスパイクも芝を傷つけてしまう

getty

もちろんスパイクだからと言って他の競技で使用するスパイクは、なおさら使ってはいけません。

ゴルフ用のスパイクはグリップの確保と芝を傷つけないこと、両方の性能を備えています。極端な例ですが野球やサッカーのスパイクでは、グリップは問題ないはずですが、芝を痛めてしまいますよね。

さらに言えば、元々金属の鋲がついたゴルフ用のメタルスパイクも禁止しているゴルフ場が増えています。理由は同じで芝を痛めないためです。

芝を枯らすような雑菌を持ち込まないため

芝を枯らすような雑菌を持ち込まないため

getty

雑菌は街中に溢れています。

通常のスニーカーに芝を枯らしてしまうような雑菌が付着している可能性は、ゼロとは言い切れません。

そんな状態のままでゴルフ場に入ってしまうと、芝が枯れてしまってゴルフ場がきれいな状態を維持できなくなる可能性があるのです。

そういった事態を避けるためにも、ゴルフシューズを履いてゴルフをプレイすることが大切なのです。

芝を傷つけないような心がけとして、ゴルフシューズはゴルフ場で履き替えることをオススメします。

最近では、カジュアルなデザインで普段履きから使用でき、履いたままゴルフ場へ行ってそのままラウンドできることをうたい文句にしたスパイクレスのゴルフシューズも見かけますが、上記の理由からもあまりオススメできません。

ゴルフシューズの丁寧な手入れも忘れないようにしましょう。

練習場ではスニーカーが良い

練習場ではスニーカーが良い

amazon

ゴルフ場ではゴルフシューズを履いてプレーする必要がありますが、練習場では絶対に履かなくてはならないという決まりがありません。

もっと言ってしまえばゴルフシューズよりもスニーカーのほうが良いでしょう。

練習場でソフトスパイクのようなゴルフシューズを使用してしまうと、スパイクの部分がすり減ってしまって本番で使えなくなってしまう可能性があるからです。

また、ゴルフシューズだと練習場のゴムマットではシューズ底の突起が沈まず、実際にコースで打つときよりシューズの底が高く感じて打ちにくさを覚えることもあります。

スニーカーであれば自宅で履いてから、そのまま練習場まで行けるのもメリットの1つになります。

スニーカーであれば履きなれているはずですから、足への負担も少ないでしょう。

ゴルフシューズ:ソフトスパイクとは?

ゴルフシューズ:ソフトスパイクとは?

getty

ゴルフシューズの中で、現在ポピュラーなのがソフトスパイクです。靴底を見てみると、プラスチック製のスパイクがついており、芝の上でしっかりとグリップしてくれる構造となっています。

このソフトスパイクですが、スパイク部分だけ取り外しが可能で、仮にへたってきても新しくスパイク部分だけを購入すれば交換が可能なんですね。

またプレーでもゴルフ場で使用できるスパイクの中で一番のグリップを誇ります。

そのため斜面から無理な態勢でショットをしなければならないときや、スイングの切り返しのときなどにしっかりと足を踏ん張れるようになっています。

スイングの土台ともなる足元って結構大切なんですよ。

ソフトスパイクのメリットとデメリットとは?

ソフトスパイクのメリットとデメリットとは?

amazon

ソフトスパイクのメリットはもちろんそのグリップ力です。

芝をしっかり噛んでくれるので、滑りやすい雨上がりなどでも効果を発揮してくれます。

また種類も豊富なので、たくさんの種類から選択できる幅が大きいのもメリットの1つです。おしゃれなゴルファーにはスポーティなものや、クラシカルなものなど、足元からゴルフもおしゃれも楽しんでいきたいものですね。

デメリットはスパイクが引っかかりやすく、疲れやすい点。あとはグリーン上で足を引きずるようにしてしまうと傷をつけてしまう点はデメリットになります。

ゴルフシューズ:スパイクレスとは?

ゴルフシューズ:スパイクレスとは?

getty

スパイクレスシューズとは、ソールを見ると、スパイクではなく凸凹した形状になっています。

ソフトスパイクのように地面を噛むような構造ではないので、グリップ力で言えばソフトスパイクに劣るとこれまでは言われてきました。

しかし、最近のスパイクレスは優秀で、一部のものは、ソフトスパイクとそん色のないグリップ力があるとも言われています。

スパイクレスのメリットとデメリットとは?

スパイクレスのメリットとデメリットとは?

amazon

一般的にはグリップ力がそこまで強くないと言われるソフトスパイクですが、メリットがたくさんあるのも特徴の1つです。

スパイクレスのメリット1つ目は、普段の靴としても履けるところです。

底はゴムですし、ソールの形状もスニーカーと大きく違いがありません。そのため普段の靴として普段履きでも大丈夫。また普段履きでいけるということは、ゴルフの練習にそのまま履いていって、すぐに練習ができるんですね。

練習場での荷物が少なくなるのはものすごく大きなメリットになります。

スパイクレスのメリット2つ目は疲れにくさです。

よくグリップするソフトスパイクは、裏を返せば歩くときに引っかかりやすく、それなりに疲れが出やすいんです。

逆にスニーカー感覚で履けるスパイクレスならば、ソールが芝にひっかかりにくいので何も考えず、普段の感覚のままゴルフのプレーができるんです。

そしてスパイクレスシューズのデメリットについてはやはりそのグリップ力の弱さでしょう。斜面などに打ち込んでしまうと、ちょっとグリップ力が頼りない感じがします。

カッチリした足元が好みの方は、やや抵抗があるかもしれません。

ただし、前述のように、最近ではグリップ力のあるスパイクレスも登場してきています。

禁止されているメタルスパイクとは?

禁止されているメタルスパイクとは?

getty

元々ゴルフシューズと言えば、ソールに金属の鋲がついているメタルスパイクと呼ばれるものが主流でした。

しかし歩くたびに芝を突き刺して、さらにスパイク部分も細いため、移動やスイングのときに芝がめくれてしまうようなケースもありました。

キャディさんがついて、そのようなスパイクでの傷もきっちり修正してくれていた時代ならともかく、現在はセルフプレーが主流。さすがにすべてのプレーヤーが芝をいちいち修復してくれるわけではありません。

そのような背景もあって、傷つけやすいメタルスパイクは禁止となっていきました。現在ではほとんどのゴルフ場で使用が禁止されています。

ゴルフシュースには紐タイプとワイヤータイプがある

ゴルフシュースには紐タイプとワイヤータイプがある
スパイクの違いだけでなく、ゴルフシューズには紐で締め込むタイプと、ダイヤルを回すとワイヤーで締まるタイプがあります。

これはどちらを選んでも大丈夫なのですが、それぞれにメリットデメリットもありますので見ておきましょう。

紐タイプは従来のもので、今でも根強い人気を誇っています。それは細かな調整が可能な点です。

そしてダイヤル式は着脱の簡単さが人気。締め込むとき、緩めるときもダイヤルを回して、一瞬で調整可能なところが人気を集めています。

紐タイプはやはりしっかり締め込もうとするとやや面倒、ダイヤル式は知らず知らずの内にワイヤーが緩んでしまうケースがあるところがデメリットと言えばデメリットです。

ただどちらもゴルフシューズであることに変わりないので、デザインやお手軽さ、値段などで好きなデザインなどで選んでいただければ構いません。

グリーンの上をスパイクで走ってはいけない理由とは?

グリーンの上をスパイクで走ってはいけない理由とは?

getty

強いグリップ力を誇るゴルフシューズですが、注意してほしいポイントもあります。それはグリーンの上は走ってはいけないことです。

ゴルフ歴の長いゴルファーからすれば当たり前になっていますが、初心者は「プレーファスト」を意識してついつい走ってしまいがちです。

実はグリーンの根は非常に浅く、上から靴で踏んでいるだけならまだしも、走って横滑りしてしまうと、芝がめくれてしまいます。

ルール改正によってスパイク跡が修復できるようになったとは言え、わざわざグリーン面を痛めつけてしまう行為は推奨できません。当然グリーンの上を走るのはマナー違反となります。

ちなみにソフトスパイクでは、足を引きずるようにするだけでグリーン面は簡単に傷んでしまいます。グリップ力が強いがゆえの欠点でもありますね。

クラシックタイプのおすすめポイント

クラシックタイプのおすすめポイント

amazon

ゴルフシューズはデザインも種類があって、お好みのデザインのものを選びましょう。まずおすすめしたいのはクラシックタイプです。

その名の通り、古き良きデザインのクラシカルなゴルフシューズです。昔は金属の鋲がついていましたが、現在ではソフトスパイクやスパイクレスシューズになってきています。

いまどきのスポーティなウェアよりも、ニッカボッカなどのスタイルにしっくりくるデザインですね。

クラシカルなウェアもまた人気が再燃してきているので、周りとちょっと違ったおしゃれを楽しみたい方はクラシックタイプのゴルフシューズをおすすめしたいと思います。

カジュアルスニーカータイプのおすすめポイント

カジュアルスニーカータイプのおすすめポイント

amazon

スポーティなゴルフウェアが多くなってきており、それに伴ってカジュアルなスニーカータイプのゴルフシューズもおすすめしたいアイテムです。

外から見たらスニーカーなのか、ゴルフシューズなのかよくわからないアイテムも多数です。やはり一般的に浸透しているデザインのためか、20代から40代のゴルファーを中心に人気を集めている印象ですね。

スポーティにカジュアルにゴルフを楽しみたい、という方はこうしたスニーカータイプのゴルフシューズもおすすめです。

決してクラシックタイプがデザイン的に劣るわけではありませんが、ストリートファッションに近い感覚で楽しめるシューズ、というカテゴリで「おしゃれを楽しみたい」という方向けです。

お気に入りのゴルフシューズのお手入れ方法は?

お気に入りのゴルフシューズのお手入れ方法は?

getty

せっかく購入したゴルフシューズですが、お手入れの方法が悪いと汚れたり、破れたりしてしまうケースも。

普段のお手入れをマメに行うようにしましょう。

ホールアウト後に芝をコンプレッサーで飛ばすと思いますが、そのまま袋に入れてしまい込んでしまってはいけません。

できればしっかり汚れをふき取り、芝などの細かい異物も取り除いておきましょう。そして一番大切なのが、インソールを抜いて干しておくことです。

実はゴルフシューズは、防水性能に優れたものが多く、なかなか雨などで靴の中が濡れないようになっています。防水性能に優れている反面、蒸れやすくなってしまう弱点があるんです。

人間の足はかなりの汗をかくと言われていますので、一日ラウンドで履いたゴルフシューズはかなり汗で濡れていると考えられます。

ラウンド後のお手入れとしては、乾いた布で拭く、ソールの汚れを落とす、インソールを抜いて中を乾燥させておく。この3つを守りましょう。

これだけでずい分ゴルフシューズが長持ちするはずです。

お気に入りゴルフシューズの保管方法は?

お気に入りゴルフシューズの保管方法は?

getty

ゴルフシューズを保管しておくときも気をつけましょう。中にはゴルフバッグの中に入れっぱなし、という方もいるかもしれませんが、ゴルフシューズは靴ですので、雑菌が繁殖してきます。

蒸れやすいので、雑菌が繁殖しやすい環境でもありますからね。

そのため保管方法は湿気を吸ってくれる木製素材の靴箱などに入れておくか、風通しの良い場所に保管するようにしましょう。

また靴の中に雑菌を押さえる働きのあるものを入れておくのがおすすめです。

「ファブリーズ」などの抗菌スプレーをしたり、10円玉を入れておいたりする方もいますね。ただこれではちょっと不十分なケースもありますので、専用の乾燥、消臭、抗菌などの作用があるアイテムを入れておくといいでしょう。

知らない内に靴から嫌な臭いが……なんてことがないようにしたいですね。

ゴルフシューズをカスタム? 紐を変えておしゃれに変身

ゴルフシューズをカスタム? 紐を変えておしゃれに変身

getty

ゴルフシューズと言えどおしゃれなアイテムが増えてきましたが、それでも「もっとオリジナリティを出したい!」と思う人もいるでしょう。

そんなおしゃれさんは紐式のゴルフシューズなら、紐を交換しておしゃれに楽しんでしまいましょう。

靴紐だけでも素材が違うものや極太タイプ、カラーや模様などもいろいろ揃っていますので、ウェアやシューズカラーとの相性などを見ながら、おしゃれにカスタムしても楽しいですね。

ゴルフシューズをカスタム? インソールを高機能なアイテムに!

ゴルフシューズをカスタム? インソールを高機能なアイテムに!

getty

ゴルフシューズでは意外と大切なのがインソールです。買ったときについてくる初期のものでも大丈夫ですが、厚みやフィット感などが優れているインソールも販売されています。

当然種類はたくさんありますので、ゴルフシューズを脱いだときにおしゃれに見えるようなカラーリングでインソールを選んでみてもいいですね。

見た目だけでなく、疲れにくいものや、厚みがあってクッション性の高いもの、抗菌仕様になっているものなど、機能面でもいろいろなタイプのインソールが販売されています。

ゴルフシューズをルールの範囲内で自由に楽しもう

ゴルフシューズをルールの範囲内で自由に楽しもう

getty

ゴルフをプレーする上で、ゴルフシューズは履かなければいけません。しかしゴルフシューズでさえあればドレスコードにも引っかかりません。そのためルールの範囲であれば自由に楽しんでしまっても大丈夫なんです。

ソフトスパイクなのか、スパイクレスなのか、紐式かダイヤル式か、色はどうする? などいろいろ選択の幅は広いんです。

何かと堅苦しいと言われるゴルフのドレスコードですが、実は他のスポーツと比べると服装の自由度が高い競技なんですよ。ただある程度のルールから逸脱しないようにドレスコードが定められているわけです。

ゴルフプレーではゴルフシューズは必要になりますが、もっと自由にゴルフシューズを楽しんでみましょう。
お気に入り
aichan

名古屋在住の社会人ゴルファーです。 仕事柄全国各地でゴルフをすることが多いのでゴルフ場の情報などを伝えていけたらと思っています。 ゴルフファッションにもとても興味があります!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。