レベル別に考えるゴルフのグローブの選び方

お気に入り
ゴルフを楽しむ上でグローブ選びは重要なポイントです。

何に気をつけて選ぶべきかを把握しておきましょう。

レベル別に選ぶことが欠かせないのがグローブの特徴であり、自分のレベルに合わせて買い換えていくのも大切です。

グローブを比較するときの三つのポイント

グローブを比較するときの三つのポイント

getty

ゴルフグローブの選び方として注目するべきポイントは三つあります。

一つはグリップ力であり、しっかりとグローブがクラブに密着して滑らないかどうかを確認しましょう。

次に見るべきポイントがフィット感であり、グローブが自分の手に馴染むかどうかをフィーリングで選ぶことが大切です。

そして、最後のポイントとして耐久性の高さを考慮する必要があります。

この三点を考慮した上で価格とのバランスを考えてみましょう。

初心者には耐久性重視のグローブ

初心者には耐久性重視のグローブ

amazon

レベル別に考えると初心者には耐久性重視のグローブがコストパフォーマンスが高いでしょう。

初心者はどうしてもグローブに負担がかかるスイングをしてしまいがちです。

頻繁に買い換えなければならなくなると金銭的にも負担になるでしょう。

合成皮革のグローブを選ぶと耐久性もメンテナンス性も良く、長持ちさせられます。

価格も天然皮革のものに比べると安いので初心者に向いていると言えます。

まずは耐久性を優先して合成皮革のグローブの中から自分に合ったものを探してみると良いでしょう。

写真のグローブは、ナックルについたカラー部分を視認することで自分のグリップがわかるという初心者にオススメのグローブです。


キャスコ(Kasco) TRICOGOLF グローブ(左手) メンズ SF-1615 右利き用 ホワイト 21cm

上級者にはフィット感重視のグローブ

上級者にはフィット感重視のグローブ

amazon

上級者になるとグローブの選び方も変える必要があります。

耐久性の良いグローブはフィット感がいまいちになってしまうことは珍しくありません。

グリップ力でも劣ってしまいがちであり、その性能の差がプレーに影響してくるリスクがあります。

フィット感重視のグローブを選ぶのは上級者には欠かせないことです。

手は敏感な器官であり、手から伝わってくる情報を元にプレーする必要が生じるでしょう。

そのときにグローブが障害になってしまわないようにフィット感を重視してダイレクトに感覚が伝わるようにするのが大切です。

写真のグローブは、その質の良さが口コミで広まり、上級者の間で人気となっているものです。


フォーサリンク ForesaLink グローブ CABRETTAグローブ 5枚セット ホワイト 23cm

グローブ選びに欠かせないサイズ選び

グローブ選びに欠かせないサイズ選び

getty

グローブの選び方として自分に合ったサイズを選ぶことを忘れてはなりません。

ゴルフに適したグローブのサイズがあります。

ゴルフグローブのサイズを決めるときには、人差し指から小指の付け根の部分の周囲のフィット感を大切にしましょう。

スイングをするときに最も負担がかかる場所だからです。

きつめのものを選ぶとフィット感がよくなりますが、窮屈感は否めません。

しかし、緩くしすぎてしまうと擦れてしまってグリップしにくくなるだけでなくマメの原因にもなります。

ピッタリとフィットするものを選ぶのがベストです。

おすすめグローブの記事・動画はこちら

お気に入り
コーチャン

都内IT企業勤務の30代男性ゴルファーです。 学生時代はバイトで貯めたお金を全てクラブに費やす生活をしていましたが今では土日のラウンド代に消えてクラブはあまり変えられずな今日この頃です。 皆さんのお役に立てる情報をゆるく書いていこうともいますので何卒宜しくお願い致します!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。