天然、合成、人工……。ゴルフグローブはどのように選べばいいのか?

お気に入り
タイガーです。

ゴルフグローブってなんとなく安いやつ選んでませんか。

僕はまとめ買いをおすすめしています。

そこには変えたくないこだわりがあるからです。

グローブを付けない人もいる

グローブを付けない人もいる

getty

ゴルフグローブを付ける理由は滑らないようにするため。

雨や手汗の影響でグリップが滑ってしまうと当然ナイスショットは打てません。

女性がグローブを両手につける理由も、グリップ力を確保したいというところにあると思います。

そんな中、グリップ力よりも手の感覚を大事にしたい「素手派」も存在します。

横尾要選手やかつての不動裕理選手は素手派の人たちです。

不動選手は最近つけていますけどね。

またパターやアプローチではグローブを外しているプロの方も多いですね。

直接クラブに触れる唯一の部分であるために、こだわりは人それぞれです。

素材だって一つではない

素材だって一つではない

getty

ゴルフグローブの素材は主に、天然皮革と合成皮革、人工皮革に分類されます。

新しくグローブを購入する前に、まずは天然皮革と合成皮革の違いを確認しましょう。

天然皮革はグリップ力に優れます。

合成皮革よりも薄く柔らかい生地なので手の感覚にも違和感が少ないです。

僕も天然皮革のグローブを使っていますが、手にはめていて気持ち良いなと感じます。

逆に合成皮革の良さはその耐久力の高さにあります。

そして天然皮革のものに比べ安価に購入することが可能です。

ちなみに合成皮革なら水洗い可能です。

天然皮革の場合、水に弱く水洗いができません。

そのため雨の日にグリップ力が低下することも考えられます。

お手入れは圧倒的に合成皮革のほうが簡単です。

人工皮革とは天然皮革の構造に似せて作った人工の皮革です。

天然皮革と合成皮革の中間の材質、価格とお考えください。

どれを選ぶか

どれを選ぶか

getty

どちらを選ぶかということですが、決め手は「感覚」です。

僕が同じものをまとめ買いするのはこの「感覚」を変えたくないからです。

プロの方は手の感覚を大事にするため、天然皮革を使っているとよく聞きます。

しかし僕の周りにも天然皮革の薄いフィット感が安心できず合成皮革を利用している人もいます。

また人工皮革の質が上がっているため、その素材のグローブを利用しているプロも増えています。

天然の良さであるフィット感を残しつつ水に強いものが生産されているためです。

これら違いを踏まえてショップで試着してみてください。

自分にとって最適なものが見つかるはずです。
お気に入り
タイガー

ゴルフの打ち方は人によって本当に色々あるなと思います その中で自分なりにうまくいったことや気付いたことを記事にしていきます 是非試してみてください

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200701-0801

カートに追加されました。


ゴルフ5大処分市200701-0801