最初が肝心!初心者にオススメするゴルフスイングの基礎づくり。

お気に入り
始めたばかりの時は、何に気を付けて、どんな練習をすればいいのかわからないですよね。

今回は、始めたばかりの人にぜひ実践してほしい練習方法をひとつ紹介します。

スイングに悩んでしまっている人にもオススメです。

ハーフスイングで基礎をしっかりつくりましょう!

スイングの基本を覚えるためには、「小さなスイングから練習すること」が大切です。

まず、小さなスイングを覚えて、それから少しずつ大きくし、最終的にはフルスイングというのが理想です。

まずは、ピッチングウェッジ(PW)から練習するのが良いでしょう。

PWは、他のウェッジに比べてフェースに当たる感覚を感じやすく、小さなスイングでもボールが上がってくれるので、イメージがつきやすいです。

それに、そのままアプローチとして実戦で活かせるので、基本の練習用クラブとしては最適です。

スタンス幅は肩幅よりも少し狭く、振り幅は腰の高さから腰の高さまで。

腕と肩でできた三角形をなるべく崩さないように、小さなスイングをしてみましょう。

それが基本の動きとなります。

フェースの向きを、常に気にすること

フェースの向きを、常に気にすること

getty

この練習で気をつけてほしいことは、フェースの向きです。

アドレスの時にスクエアに合わせたクラブフェースの向きを変えないままスイングしていきます。

必要以上に両腕を時計回りに回旋させるとフェースが開き(オープンに)、逆にフェース向きを変えないことを意識し過ぎるとフェースが閉じ(シャットに)やすくなります。

正しくテークバックすると、腰の高さまでクラブを上げた時に、クラブフェースの角度が身体の前傾角とほぼ一緒、時計でいうなら自分から見て11時から11時半くらいの間になるはずです。

一番多いのは、腰の高さまで上げた時に、クラブフェースの向きが、12時もしくは1時になってしまっているパターンです。

こうなっていると、フェースが開いた状態、スライスボールが出てしまうクラブの動かし方をしてしまっていることになり、このまま覚えてしまうと、後々苦労することになります。

自分の向きをいつも確認しよう

ハーフスイングの練習で上手く打てているのに、方向が定まらないことがあります。

ゴルフの場合、目標に対して横を向くという、ちょっと変わった動きをします。

そうなると、いつの間にか全然違う方向を向いているなんていうことは、わりとよくある話です。

よく、スタンスの向きをみなさん気にしているようですが、それだけでは方向性は良くなりません。

もっとも方向性に関係するのは肩のラインの向きです。

スタンスがオープンでもクローズでも、肩のラインが合っていれば、クラブはその向きに振られ、フェース向きがスクエアなら、ボールはそのまま振った方向に飛び出します。

逆に、いくらスタンスの向きがスクエアでも、肩のラインが右を向いていたら、ボールは右に飛び出します。

実はアマチュアゴルファーの多くはこうなっています。

スタンスがスクエアでも、肩のラインが目標方向に向いてしまうことで、右を向いてしまいやすくなるのです。

自分はどこを向いているのか、常に気をつけるようにしましょう。

こつこつと土台作りを続けよう。

こつこつと土台作りを続けよう。

getty

いかがでしょうか。

初心者にとって、スイングがまったく分からないというのは当然な話です。

しかし、言い換えれば、「変なクセがついていない」という素晴らしい状態なのです。

基本を覚える練習は、地味ではありますが、とても重要な練習です。

大事なことは、飽きずにコツコツと身体が覚えるまで続けることです。

ここができるようになってしまえば、その後の上達スピードはとても早いでしょう。

ぜひ、頑張って練習してみてください。
お気に入り
REDマン

ゴルフって楽しいそんなことを伝えていきたいと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。