グリーン周りからのアプローチは転がしがオススメです!

お気に入り
みなさんは、グリーン周りのアプローチ、何をいちばん優先させていますか?

いろいろ考えはあると思いますが、まず「ミスをする可能性を極力減らすこと!」を優先させるのをお勧めします。

今回は、もっとも安全にグリーンを攻めていく方法について、お話していきたいと思います。

まずはランニングアプローチを覚えよう!

まずはランニングアプローチを覚えよう!

getty

グリーン周りでのミスは、ビッグスコアになりがちです。

そこでまずは、安全に、リスクがもっとも少ない方法を考えましょう。

バンカー越えや、どうしても球を上げないといけない状況でなければ、大きなミスの少ない“転がし”、ランニングアプローチを最初に考えるのがセオリーです。

転がすアプローチのメリットとは?

転がすアプローチのメリットとは?

getty

ラウンド前、アプローチ練習場があれば、同じ場所からウェッジとパターで同じ場所を狙って5球ずつアプローチしてみてください。

見るのは、近く寄ったかどうかではなく、5球のばらつき加減です。

それを見れば、上げるアプローチよりも、転がすアプローチのほうが大きなミスにならないことがわかると思います。

もっとも簡単なランニングアプローチは?

もっとも簡単なランニングアプローチは?

getty

何といってもパターです!(特に冬)

まず、アプローチする場所を見たら、パターが使えるかどうかを考えましょう。

パターならば、もしミスをしたとしても、まずグリーンには乗せられます。

ところが、サンドウェッジあたりでミスをしてしまうと、ザックリやって全然飛ばなかったり、トップしてグリーンオーバーなど、致命的なミスになってしまうことが多いです。

よく、グリーンのすぐそばからウェッジで「練習!」とかいって、アプローチをする人を見かけます。

しかし、本当に練習すべきなのは、そういう状況からのパターを使ったアプローチです。

カラーや薄い芝のライであればパターが使えます。

カラーからだとこのくらい、薄芝が間に入るとこのくらいといった感じの、経験を積み重ねましょう。

そのほうが、スコアアップには確実に役立ちます。

※アプローチ練習の禁止されている練習グリーン周辺でのアプローチ練習は絶対にやめましょう!

パターが使えない場合は?

パターが使えない場合は?

getty

パターが使えない場合は、手前の障害物を越えられるクラブで、なるべくロフトの少ない(立った)ものをセレクトします。

そうすると、ボールを上げようという意識がなくなるため、ダフリやトップといったミスショットが起こりにくくなります。

8番アイアンやピッチングウェッジなど、2本くらいは日頃から練習し、キャリーと転がりの比率を覚えておくといいでしょう。

ポイントは、なるべく転がす距離を多くすることです。

まずは、大きなミスをしないことを優先に考え、2パットでいけそうな距離まで寄せられれば十分! くらいのつもりでラウンドしてみてください。
お気に入り
tamu

会社の付き合いでイヤイヤ始めたゴルフ、今では毎日でもラウンドしたい熱狂ゴルファーです! ゴルフの楽しさを伝えられるよう頑張りますので、宜しくお願い致します

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。