【ポイントは胸の向き!】理想的なスイングの軌道を身につけよう!

お気に入り
誰に見られても褒められるような理想的なスイングを身につけたいなと思いませんでしょうか?

人それぞれクセや特徴はあっても、軌道はブレてはいけません。

この正しい軌道を身につけることが理想的なスイングになるのです。

正しい軌道と、身につけるためのポイントを紹介していきましょう。

正しいスイングの軌道はインサイドイン!

理想的なスイングを身につけるためには、まずは正解となるスイングを知っておかなければなりません。

スイングの軌道の基本はインサイドインになります。

内側から入っていって、内側に出て行くという軌道が正しいスイングです。

アウトサイドイン(外側から内側)やインサイドアウト(内側から外側)のスイングとなっている方をよく見ます。

許容範囲内であれば間違っているとは言えませんが、まずはインサイドインの軌道を身につけるために頑張ってみましょう。

前傾姿勢を維持してスイングを心がける!

前傾姿勢を維持してスイングを心がける!

getty

理想的なスイングの軌道を身につけるために、まずは前傾姿勢の維持を意識してみましょう。

アドレスの時には正しい前傾姿勢ができているのに、スイング中にブレてしまい、インパクト時には位置が変わってしまっていることがあります。

前傾姿勢の角度がズレるということは元の位置に、正しい角度でヘッドが返ってきていないことになります。

これを修正しようと、反射的にインサイドインの軌道を崩してしまうのです。

まずは前傾姿勢が狂わないように意識し、しっかりインパクトできるようにしていきましょう。

ターゲットラインにしっかり胸を正対させよう!

ターゲットラインにしっかり胸を正対させよう!

getty

理想的なスイングの軌道を身につけるために、胸の向きを意識してみましょう。

胸の向きはアドレスとインパクトの時に、ターゲットラインに正対するようにします。

これがスクエアなポジションです。

もし、胸の向きがスクエアよりもオープンになっていたらアウトサイドイン、クローズになり過ぎていたらインサイドアウト軌道になってしまいます。

アドレスとインパクトではスクエアになるという事を、常に意識しておきましょう。

そうすれば、理想的な肩回転ができるようになるため、正しいスイングができるようになります。

スイングとなると、ついついクラブや腕を意識してしまいがちですが、胸の向きを意識するだけで多くのポイントに良いように働きかけてくれます。

ハーフウェイダウンの位置をしっかり徹底しよう!

ハーフウェイダウンの位置をしっかり徹底しよう!
理想的なスイングの軌道を身につけるために最後はハーフウェイダウンの位置を徹底しましょう。

ダウンスイングの中で最も大切になってくるのがこのハーフウェイダウンです。

ここでコックやフェースの向きがズレていると必ずインパクトでズレが生じてきます。

無理やり修正しようとすると、インサイドインのスイングは決してできなくなります。

ハーフウェイダウンの位置をわかっていない方が、意外と多いです。

テークバックの際、クラブが腰の高さで地面と並行になるポジションです。

それがバックスイングならハーフウェイバック、ダウンスイングならハーフウェイダウンと言いますが、ポジションは同じです。

つまり、行きも帰りも同じ場所を通りましょうということです。

トップスイングからハーフウェイダウンの位置でいったん止めてみて、ポジションを確認してみると良いでしょう。




理想的なスイングの軌道は意識することで身につけることができます。

決して難しいことではないのです。

まずはここで挙げたことを意識してやってみてください。

そして身につくまで何度も練習してみましょう。

他人に褒められるスイングが身につくと、よりゴルフが楽しくなるでしょう。
お気に入り
トラトラ

ゴルフ歴15年 在京なのに阪神タイガースファンの40代オヤジです。 ゴルフは真剣にやり始めて5年くらいでクラブハンデが現在は7で落ち着いてしまっています・・・

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


ゴルフ5初心者バナー