オーバースイングを直すためには、右脇の締めを意識しましょう!

お気に入り
一般的に良くないと言われているオーバースイング。

それが原因で、振り遅れてしまっていたり、ミート率が悪くなっているのならば、早めに直したほうがいいでしょう。

今回は、オーバースイングの直し方についてお話していきます。

まずはオーバースイングになっているかどうか、確認してみましょう!

自分がオーバースイングになっていても、トップの位置は自分では見られないため、自分ではなかなか確認できないものです。

他人に言われても「そうかなぁ?」と思うくらい、自分のイメージと実際のギャップは大きなものです。

そのため、できることならば、ゴルフに詳しい友人に見てもらったり、ビデオで撮るなどして確認するのがいいでしょう。

もし、自分がオーバースイングだとわかったら、まずはその原因を調べてみましょう。

オーバースイングになってしまういちばんの原因は、クラブをできるだけ高く上げようとしてしまうことにあります。

バックスイング途中から、右手を使ってクラブを持ち上げてしまう人は、たいていオーバースイングです。

トップのポジションで、右脇が大きく開いていることはありませんか?

根気よく修正していこう

オーバースイングの人は、トップのポジションで右脇が大きく開いて、右ひじが高い位置に上がっています。

そのため、ダウンスイングでいったん適正なポジションにクラブを戻してあげる動きが必要になるため、スイングがぶれやすくなってしまうのです。

その結果、クラブが適正なスイング軌道に乗らず、どうしてもミスショットが出やすくなってしまいます。

クセとなってしまっている人は、自覚するのが難しいため、根気よく修正していく必要があります。

アドレスで脇を締めておこう

オーバースイングを矯正するためには、アドレスで脇を締める意識を持つようにしましょう。

スイング中に脇を締めることは難しいので、アドレスの時点で脇を締めておきます。

そのスイングを、何回かビデオか動画で撮影して確認してみてください。

おそらく、自分が思っているよりもオーバースイングになっているでしょう。

それぐらい、脇を締めて打つことは難しいので、繰り返し練習することが大切です。

右脇にタオルを挟んで、アドレスからトップまでタオルを落とさないようにクラブを上げて行く練習も有効です。


上掲はローリー・マキロイ選手の緩みのないスイングの動画です。

まずは右脇を意識すること

右脇を締めることを意識しながら根気よく練習していくと、必ずオーバースイングは修正できます。

オーバースイングが修正できれば、自然とかっこよくコンパクトなトップを作ることができ、スイング軌道も安定して来ます。

また、トップがコンパクトになると、振り遅れのミスがなくなるだけでなく、インサイドからクラブを下ろしやすくなるため、スライスが激減し、飛距離アップにつながります。

最初は窮屈なスイングに感じるかもしれませんが、ここを修正していくことで、あらゆるミスがなくなっていきます。

アドレスの時点での脇を締め、トップの時点で脇が大きく開かない形が、自然にできるようになるまで、体にしっかり覚えさせておきましょう。


上掲はイ・ボミ選手の自然体のアドレスからのコンパクトなトップまでがよくわかる動画です。
お気に入り
ゴルゴル

ゴルフ好きです。 クラブハンデは5です。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。