アイアンショットでは、“回転”を心がけてスウェイから脱却しよう!

お気に入り
ゴルフ初心者にとって、最初の壁となるのが下半身の動きではないでしょうか。

いわゆるスウェイという、身体が横に揺れる動きのことです。

なぜ壁になるのかと言うと、自分で自分の動きが理解できていないため、修正方法がわからないからです。

徹底的に下半身を使うことから始める

徹底的に下半身を使うことから始める

getty

多くの初心者ゴルファーが最初に手にするアイアンですが、いざ振ってもらうと下腹を押し込むような動きをしています。

場合によっては、右膝を前に突き出すようなアクションを行うこともあります。

しかし、これでは回転していることにはなりません。

スウェイしないためには、右膝頭が左膝の裏にくっつくような動きを意識してみましょう。

そうすることで横に流れる動きから回転する運動に変わってきます。

思っている以上に下半身を使うのがゴルフのスイングなので、スイングを作っていくためにもしっかりと回転運動を身に付けましょう。

テークバックでの注意点

テークバックでの注意点

getty

体の捻転を確認する方法を紹介します。

クラブを持たずに骨盤から前傾してアドレスの姿勢を取り、両手は胸の前で腕を交差させ反対の肩を押さえます。

それから右足の膝頭を動かさずにテークバックの姿勢を取ります。

無意識では身体の捻転に合わせて膝も動くはずですが、それを逆向きに右膝を左にねじるようにして実際にはその場で動かないようにします。

正しく捻転できていると、膝が動かないままに上半身が後方に向いた状態になります。

チェック方法としては、左肩先がアゴの下まで来ているといいでしょう。

腕の動きを加えてしまうと最初は複雑になるので、腕は両肩に置いたままでやってみましょう。

インパクトからフィニッシュまでの動きとは?

インパクトからフィニッシュまでの動きとは?

getty

上半身を動かさないままで、腰を水平方向に背骨を軸にして下半身をほどいていきます。

身体が硬ければほとんど動かないかも知れませんが、この動く回転のズレがスイングに不可欠なタメにもなります。

つまり運動経験の少ない初心者ゴルファーがスウェイしてしまうのは、身体が硬いために上半身を動かしてしまうことが大きな原因なのです。

さらに腰を水平方向に回転すると上半身もほどいて来ます。

インパクトとは、両肩がアドレスと同じ位置に来た時を言います。

一方で下半身はアドレスの位置よりも先に回転しています。

そこから右足を反時計回りに90度ねじるとフィニッシュの姿勢です。

下半身が先行してゴルフスイングはできている!

下半身が先行してゴルフスイングはできている!

getty

アイアンクラブを持ってさっきの動きを行ってみましょう。

右膝が左膝の裏にくっつくようにネジって締め上げるような動きが自然に行えるようになれば、スウェイではなくなります。

わからなくなったら、すぐに両肩に手を置き、身体の動きだけに集中しましょう。

クラブを腕で振っている間は、スウェイから回転運動になりません。

体の回転に腕とクラブがついてくるような感覚をつかむまで、何度も繰り返してみてください。
お気に入り
ゴルゴル

ゴルフ好きです。 クラブハンデは5です。

このライターについてもっと見る >
DUNLOP FITTING STORE 20201201-210101
DUNLOP FITTING STORE 20201201-210101

カートに追加されました。