練習グリーンのパター練習がその日のスコアを左右する!

お気に入り
なかなか上達しないパターで悩んでいませんか。

ラウンド前に当日のグリーン状況に合わせた練習をするとその日のストロークがよくなります。

ラウンド当日は1時間ほど前にコースに行って練習し、グリーンの速さをつかんでおきましょう。

練習グリーンでは距離感をつかむことが大切

練習グリーンでは距離感をつかむことが大切

getty

ラウンドするコースには練習グリーンがあります。

プレイをする前にその日の芝の状態を知っておくと、球の転がりやすさに予想がつき、ラウンドで無駄な3パットが減るかもしれません。

ゴルフ場に到着して着替えが終わったら早速練習グリーンへ行きましょう。

ラウンド前のパター練習で一番大切なことは距離感をつかむことです。

その場でストロークの矯正をしてもすぐに上手くなることはまずありません。

練習グリーンでは、普段行っているストロークの確認とグリーンの距離感をつかむことだけに集中してください。

普段のパター練習と同じ距離を基準にして

普段のパター練習と同じ距離を基準にして

getty

まずは、平坦な位置にあるカップを探してそこから普段使用している練習マットと同程度の距離を決めます。

そのカップに向かって球を打ってみると普段のパター練習と比べて、そのグリーンが速いか遅いかがわかると思います。

次に、カップに向かって上りのラインで打ってみる。

これを何度か繰り返し、感覚がつかめたら、反対に下りのラインで打ってみましょう。

大切なことはいつものパター練習と同じ距離から打つことです。

このポイントをしっかりと押さえておかないとその日のグリーンの速さの判断ができなくなってしまうからです。

ショートパットの練習はスピードに注意

ショートパットの練習はスピードに注意

getty

次にショートパットの練習をしましょう。

ショートパットはスコアに大きく響く大切な勝負の分かれ目です。

ショートパットが決まらなければスコアが上手くまとまりません。

練習グリーンでは、ショートパットを中心に練習するといいでしょう。

カップから1メートルほどの距離でいろいろな方向から練習をしましょう。

カップインする時のボールのスピードに注意を払ってください。

スピードを一定に保ちながら打ち、カップに入りやすいスピードを見つけてみましょう

最初は上りのライン、次に下りのラインと練習していくといいでしょう。

その日の自分のコンディションをつかもう

その日の自分のコンディションをつかもう

getty

その日のゴルフ場のグリーン状態によって、いつもの練習時と速さが違ってくることはわかると思いますが、その日の自分のコンディションによっても大きくラウンドが変わってくることも忘れないでください。

その日の自分の状態がどのような距離感を生むのかをしっかりつかんでおきましょう。

自分の調子をしっかりと把握できていれば、もし調子が悪い時でもその状態を頭に入れておけばラウンド中にそれなりの対策を立てられます。

漠然と練習グリーンを使うのではなく、どうすればその日のゴルフで好スコアを出せるかを考えて練習するようにしましょう。
お気に入り
タイガーマスク

タイガーを見てゴルフを始めました。趣味は中古クラブ屋巡りと、米ツアーを見ることです。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016