スイングの形ばかり気にしていても、リズム感が悪ければ台無しです!
ゴルフスイング

スイングの形ばかり気にしていても、リズム感が悪ければ台無しです!

0

スイングをする際にリズムを意識していますか?

ミート率が悪くミスショットが多い場合、フォームやフェースの向きなどを気にすることは多いと思いますが、もしかするとリズム感が悪いことが影響しているかもしれません。

リズム感をUPするためにはどうすれば良いのでしょうか。

スイングでリズム感が大切な理由

あらゆるスポーツでリズム感は非常に重要な要素の一つです。

ゴルフのスイングにおいてもリズム感は重要です。

スイング時における動作はボールを打つためのものであり、それが不自然な動きをすると効率よくボールに力を伝えることができません。

例えば弓矢は矢を引くことでタメができ、そのタメを利用して矢を放ちます。

せっかくつくったタメを阻害するような動きが加われば伝わる力は小さくなってしまいます。

ゴルフのスイングも同様にリズム感をUPさせ力を最大限に引き出すことを意識しなけれななりません。

スイングでリズム感が悪いとどうなるか

ミート率が上がらないアマチュアゴルファーに共通して見られる原因が、スイングのリズム感が悪くタイミングが合わないことです。

スイングでリズム感が悪かったり、タイミングが合わないと、上半身と下半身の動きがバラバラになり、チョロ、プッシュアウト、スライスなどのミスショットが頻発してしまいます。

ではこのようなミスショットを出さないために、リズム感をUPするにはどういった練習をすればよいのでしょうか。

ステップ打ちでリズム感UP

スイングのリズム感をUPさせるための練習として「ステップ打ち」をおすすめします。

ステップをしながらのスイングを繰り返し行うことで一定のリズム感覚を体得できます。

まず最初に軽くフォロースルーした状態をつくります。

そこから右足を踏み出してバックスイングします。

タメができたら左足を大きく踏み込んで打ちます。

軽くフォロースルーの状態→右足を踏み込む→バックスイング→左足を大きく踏み込む→打つ。

これをリズミカルにスムーズに行ってください。

ステップ打ちで得られる効果

ステップ打ちを行うことで、上半身と下半身のタイミングが合うようになります。

上半身と下半身のタイミングが合うことイコールリズム感がUPすることにつながります。

バランス良く一定のリズムでスイングができるようになれば、ムラがなくなりどんなコンディションでも同じように打てるようになります。

特に初心者は、フォームをあれやこれやと気にするあまり、リズム感をおろそかにしてしてしまうことが多いです。

せっかく良い意識を持ってスイングしても、リズム感を損なってしまっては良いショットは打てません。

ミート率が悪くムラのある方は特にリズム感を意識してスイングしてみてください。

自分のスイングのリズムを体で覚え、それをもとに細かい微調整を加えていくとよいでしょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

スイングの形ばかり気にしていても、リズム感が悪ければ台無しです!

カートに追加されました。


×