グリップエンドを意識して、正確なアイアンショットを手に入れよう!

お気に入り
アイアンを打つ時に意識することは、グリップエンドを正しく動かすことです。

クラブに正しい動きをさせることで、アイアンの適正な距離が打てるのです。

グリップエンドを意識して、あなたのアイアンショットをレベルアップさせましょう!

グリップエンドが飛距離に影響?

グリップエンドとは、グリップの端のこと言います。

「グリップエンドがダウンスイングでボールを指すようにスイングする」

というのは初心者の時に必ず言われるのですが、ゴルフの練習を重ねるうちに忘れてしまいがちなのです。

アイアンのように短いクラブでは、このグリップエンドの動きが飛距離に大きな影響があるので、正しいグリップエンドの動かし方を理解しましょう。

理想のグリップエンドの動きとは?

グリップエンドとは、構えた時に自分の身体に向いているものですが、振り上げていくうちに地面のほうに向いていくのが理想です。

そしてトップではやや斜めを向いている状態であることが理想です。

そのようにスイングできていれば、ダウンスイングの時にグリップエンドがボールを指すようになり、アイアンでもインパクトをしっかりととらえることができるので、ボールに力が伝わって飛距離が伸びていくのです。

この動きを可能にするのがコック(手首を親指方向に曲げること)です。

コックを入れるタイミングは、それぞれがやりやすいタイミングで結構ですが、インパクト直前までコックを維持して、できるだけ長くグリップがボールを指すことを意識します。

グリップエンドの動きはスイング確認にとても重要です。

グリップエンドの流れを意識したスイングをするために

グリップエンドは飛距離を伸ばすために重要なポイントですが、アイアンでグリップエンドの流れを意識したスイングをするためには「引き下ろす」感覚が重要です。

ダウンスイングの時に胸のほうにグリップエンドを真下に引き下ろすイメージでスイングしてみましょう。

グリップエンドが左右にぶれるのを防ぐ効果があるのです。

打ちっぱなしでこれを意識すると、アイアンでもかなりの飛距離が出るようになります。

それが本来のアイアンの飛距離だと思ってください。

グリップエンドを意識したアイアンショット

グリップエンドを意識したアイアンショット

getty

グリップエンドは、フェースローテーションをするうえで重要な場所です。

ダウンスイング時に、アイアンのグリップエンドを胸のほうに引き下ろしてグリップエンドがボールを指すようにして振り切ると、インパクトからフォローまではグリップエンドは体を指しますが、フォローからフィニッシュで、また地面を指すような形になります。

もし振り抜いた時に地面を指していたら正しいフェースローテーションでスイングできている状態と言えます。

それを意識して練習するようにしましょう。


いかがでしたか?

グリップエンドを意識しながらスイングするのはなかなか難しいかもしれませんが、これが身に付くと、スイングが安定し、アイアンの飛距離も安定して飛ぶようになります。

ぜひ、グリップエンドを意識しながら練習してみてください。
お気に入り
ライドマン

バイクとゴルフを愛する40代男性です。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。