新・貧打爆裂レポート『スリクソン Z-STAR ボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2021年2月5日に発売されたダンロップ『スリクソン Z-STAR ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。スリクソンの新しいボールの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

新しい『スリクソン Z-STAR』のスピン性能に注目!

新しい『スリクソン Z-STAR』のスピン性能に注目!
『スリクソン Z-STAR ボール』は、ダンロップが2021年2月5日に発売したボールです。

“ソフトな打感でギュッと止まる! アイアンショット、アプローチのスピン性能が進化”というコピーのボールです。

【試打ボールスペック】 
構造 ウレタンカバー3ピース
カバー 高耐久0.6mm極薄スーパーソフトウレタンカバー
コーティング 次世代Spin Skin コーティング with SeRM
コア スーパーソフトファストレイヤー大径コア
ミッド 高反発アイオノマー極薄ミッド
ディンプル 強弾道338スピードディンプル
カラー ホワイト(プレミアムパッションイエロー、ロイヤルグリーンもあり)
価格 オープン

『スリクソン Z-STAR ボール』は、使用しているツアープロから、極端な変更は望まないという要望があったということで、新開発はなかなか難しかったようです。

まず注目したいのは、「スーパーソフトソフトウレタンカバー」です。

元々、スリクソンのボールのウレタンカバーは薄いことで有名で、ボールとしてのこだわりになっていると思っていましたが、それを前モデルより0.1ミリ厚くしたのです。

0.5ミリと0.6ミリは、ほんの少しの差ですが、その分、コアも小さくしなければならず、かなりの改革になるのです。

カバーの厚みを増したことと、新しく改良した「次世代Spin Skinコーティング with SeRM」は、アプローチとショートアイアンのスピン性能の向上に寄与していると想像できます。納得できる理屈です。

『スリクソン Z-STAR ボール』は、「スーパーソフトファストレイヤー大径コア」や「強弾道338スピードディンプル」などのテクノロジーで飛距離性能の向上も可能にしているということです。

『スリクソン Z-STAR ボール』は、前モデルにおいて飛距離性能を明らかに向上させました。

前々モデルまでは、ツアーボールに飛距離性能の優先順位は高位である必要なし、と言わんばかりに、他のツアーボールよりも飛距離に劣るボールだったのです。

新しい『スリクソン Z-STAR ボール』は、昔に戻ってしまうということはないと思いますが、一抹の不安があるのも事実です。

2021年のゴルフシーンで、飛ばないツアーボールを求めるゴルファーはいません。『スリクソン Z-STAR ボール』も、スピン性能の向上というコンセプトと同時に、最低でも飛距離性能の維持はマストなのです。

『スリクソン Z-STAR ボール』は、昨年の秋からツアーでの供給が始まりました。

2020年の日本オープンは、稲森佑貴プロが勝ちましたが、その際に使用していたのは、新しい『スリクソン Z-STAR ボール』です。

過酷なコースセッティングで、『スリクソン Z-STAR ボール』は、その機能を発揮して結果を出したというわけです。

不安を打ち消してなおお釣りが来る実績がある『スリクソン Z-STAR ボール』は、実際に使ってみたくなるボールです。ツアーボールなので、僕よりもヘッドスピードが速いゴルファーにも協力してもらって、ラウンド試打をすることにしました。

『スリクソン Z-STAR』はシンプルなツアーボールである!

動画を見てください。

『スリクソン Z-STAR ボール』の試打は、かなり長期にわたって行いました。動画を見ると、まだ、芝生が辛うじて緑を保っていて、秋の紅葉が美しいコースで打っているのが、その証拠です。

『スリクソン Z-STAR XV ボール』でも感じましたが、『スリクソン Z-STAR ボール』も、見た目でも新しくなったことがわかります。

ディンプルの形状が少し深くなったように感じるのです。くっきりしたディンプルのボールという印象になりました。

気にならない人もいますが、僕は、パットの時にディンプルの形状が気になり、集中しやすいものとしにくいものがあります。

『スリクソン Z-STAR ボール』の新しいディンプルは、集中しやすくなって、好感触です。

『スリクソン Z-STAR ボール』をコースで打ってみて、最初に感じたのは、柔らかいツアーボールだ、という感想でした。

とにかく、ドライバーからアイアン、パットまで、柔らかいのです。ツアーボールの打ち応えは、柔らかいことがトレンドです。最も柔らかいというレベルではありませんが、十分に柔らかいツアーボールです。

心配していた飛距離性能は、前モデルより落ちてしまうことはありませんでした。飛ぶツアーボールと分類されるのに十分です。

『スリクソン Z-STAR ボール』で、面白かったのは、打音です。

ドライバーからアイアンまでは、音量は少し控えめで、湿った音質の打音です。鞭のようなピシッという感じです。これが、ボールをコントロールしている感覚とリンクすると、シビれるぐらい気持ちが良いのです。

フェースにボールが乗って、狙ったところに、狙った弾道で止める、というすべてを自分が支配している感触を味わえます。

ところが、パットになると、急に高音質で小気味が良い打音になります。これはツアープロが好むからだと推測しますが、ツアーボールを使うゴルファーの大半は好きな打音ですから、高評価されると思われます。

『スリクソン Z-STAR ボール』のスピン性能ですが、元々スピン性能は優れていたので、ショートアイアンまでは前モデルと同じ程度だと思いました。

ただ、ヘッドスピードが速い(48メートル/秒)仲間に打ってもらうと、ボールがスーッと伸びて高く上がって、グリーン上でもバックスピンがかかるシーンもありましたので、速いヘッドスピードだと、より機能する可能性があります。

アプローチで低めのボールを打つと、前モデルより止まると感じるシーンはありました。40ヤードをキャリーさせて、着地点から1ヤードも前に行かずに、キュッと止まるショットが2回ありました。

これは、腕前ではなく、ウェッジとボールの力です。

『スリクソン Z-STAR ボール』は、スピン系のツアーボールが使いたいゴルファーにオススメします。

高く上がったボールでもスピン性能が高いので、ボールを止めて攻めるゴルファーにオススメです。

ツアーボールをエースボールにする時というのは、長く検討をするものではなく、直感的なもので、使い出した1ホール目で決めたということがよくあります。

自分に合う特別な部分で結び付けば、残りの項目はボールとしての総合力が高いので邪魔にならないからです。

『スリクソン Z-STAR ボール』をエースボールにするゴルファーは、ちょっと曲者な感じがします。ショットはそこそこなのに、アプローチとパットで帳尻を合わせてくる無駄がないゴルフをするというイメージです。

そういうゴルファーは多くはありませんが、確実に存在しています。

『スリクソン Z-STAR ボール』は、太陽と月でいえば、月のようなボールだと思いました。

自らでギラギラと輝いたり、熱量で圧倒したりはしないけれど、光を受けて輝き、満ち欠けしつつ使い手を見守るようなイメージです。

『スリクソン Z-STAR ボール』は、ツアーボールとしては老舗のブランドです。

伝統の維持だけではなく、革新するところはすることで、ブランドを守っているのです。ある意味で、余計なところはきれいに削ぎ落としたシンプルなツアーボールなのです。

老若男女に試してみてほしいボールです。
お気に入り
Z-STAR 210203-210303

TOPページへ >

TOPページへ >

Z-STAR 210203-210303