カーボンシャフトとスチールシャフト、それぞれの特徴を知っておこう

お気に入り
皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

ところでゴルフクラブを選ぶ時、何にこだわっていますか?

もーりー的に大事にしてほしいのがシャフトなんですよね。

せっかく話題の新製品を手に入れても、シャフトのスペックが合っていなければ元も子もありませんからね。

ボールを高く上げたい、パワーに自信がないのならカーボンシャフト

ボールを高く上げたい、パワーに自信がないのならカーボンシャフト

getty

カーボンシャフトとスチールシャフト。

ドライバーやフェアウェイウッドはまず間違いなくカーボンシャフトだと思いますが、ユーティリティーやアイアンなんかはどちらも選べたりしますよね。

選択肢がある分、自分に合わないスペックのものを使ってしまうこともあるわけで、そうなるとスイングに問題がなくても、思ったようにボールをコントロールできないという悲劇に見舞われますよ。

そんなことにならないためにも、カーボンシャフトとスチールシャフトのそれぞれの特徴を知っておきましょう。

まずパワー不足でお悩みのゴルファーや女性ゴルファーにオススメしたいのがアイアン用のカーボンシャフトです。

カーボンシャフトは50~80グラム(最近は30グラム台もあるようです)と、スチールシャフトに比べてかなり軽いので、パワーがなくてもしっかり振り抜きやすいのが特徴です。

またカーボンシャフトはシャフトのしなりやトルク(ねじれやすさ)が大きいのが特徴で、その効果でボールに高さが出やすく、飛距離も伸びます。

カーボンシャフトの難点は振り抜きやすい分左右に曲がりやすいことですが、女性ゴルファーの皆さんは左右の曲がり幅にはあまり悩んでいないと思います。

逆にカーボンシャフトを使用することで、ボールの高さが出ない、飛距離不足といった弱点をカバーできるメリットのほうが大きいですよね。

ちなみにドライバーやフェアウェイウッドに関しては、プロアマ関係なく、ほぼすべてのモデルでカーボンシャフトが装着されています。

またカーボンシャフトは飛距離性能に優れている代わりに左右のブレに弱いと言われてきましたが、最近ではパワーヒッター向けにシャフト重量が100グラムくらいのカーボンシャフトも登場しています。

難点と言えば、スチールシャフトに比べるとどうしても1〜2割ほど値段が高くなってしまうことですかね。

方向性を重視したい、曲がり幅を抑えたいならスチールシャフト

方向性を重視したい、曲がり幅を抑えたいならスチールシャフト

getty

それでは、スチールシャフトはどのようなタイプの人が使うとよいのでしょうか。

それはズバリ、パワーヒッターや方向性を重視したい人ですね。

ゴルフはただ飛距離を稼げばよいというものではありません。

たとえばアイアンはグリーンを直接狙うクラブになりますから、求められるのは飛距離よりも方向性となります。

スチールシャフトは重量が重いので手打ちになりにくく、左右の曲がり幅を抑えやすいというのが一番の特徴です。

パワーヒッターの人はヘッドスピードが速い分どうしてもボールが左右に曲がりやすかったりしますから、スチールシャフトを選ぶことでボールをの曲がり幅を抑えやすくなります。

海外モデルなどに装着されていることの多いダイナミックゴールドのシャフトは、ドライバーのヘッドスピードが45メートル/秒以上あるようなパワーヒッターがアイアンに装着するのにオススメのシャフトです。

ただしダイナミックゴールドはシャフト重量が約120グラムとかなり重く、一般的なヘッドスピードのゴルファーだと方向性は良くなってもボールの高さが出しづらくなります。

一般的なヘッドスピードのゴルファー向けのスチールシャフトが、日本シャフトのN.S.PRO 950GHシリーズのような、軽量スチールと呼ばれるスチールシャフトを選ぶとよいでしょう。

N.S.PRO 950GHは約95グラムと、平均的なゴルファーでもしっかり振り抜けるシャフトになっており、国内メーカーの多くが純正シャフトに採用しています。

そして最近は、さらに軽量化された70グラム台のスチールシャフトも販売されるようになりました。

これだと女性ゴルファーやシニアゴルファーも使いこなせそうですよね。

そんなスチールシャフトの難点はお手入れしづらいところでしょうか。

というのも、こまめにお手入れしないと錆びが出てきたりしやすいんですよね。

余談になりますが、アイアン以外にカーボン、スチールともにラインアップしているのがユーティリティーです。

そんなユーティリティーについては、フェアウェイウッドの感覚で使いたかったらカーボンシャフトを、アイアンの感覚で使いたかったらスチールシャフトを選ぶのが無難だと思います。

シャフト選びはヘッドスピードを目安にするのが一般的ですが……

シャフト選びはヘッドスピードを目安にするのが一般的ですが……

getty

スチールシャフトとカーボンシャフトのどちらが合うのかは、ヘッドスピードを目安にするのが一般的です。

ヘッドスピードが45メートル/秒以上なら、迷わずにアイアンにはスチールシャフトがよさそうですね

もし自分のヘッドスピードがわからないという場合は、お近くのゴルフショップの試打コーナーなんかで簡単に計測してもらえます。

ただし最近では超軽量スチールシャフトや超重量級のカーボンシャフトが登場したことで選択肢が増えているのも事実。

選択肢が増えるのは良いことでもありますが、その分どれを選べばいいのか迷いやすくもなりますよね。

スペックの合わないシャフトを選んでしまうと、ゴルフはなかなか上達しません。

スチールシャフトとカーボンシャフトのどちらが自分のスイングやプレースタイルに合うのか、この機会にもう一度考えてみてください。

カーボンとスチール、お互いのメリットとデメリットをかしっかり把握しながらシャフト選びにこだわれば、必ずスコアやミスの低減につながることでしょう。

興味の湧いた人はさっそくシャフト選びにこだわってみてください。


ということで今回はこのへんで。

それでは、また!
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721