新・貧打爆裂レポート『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2021年2月5日に発売のダンロップ『スリクソン Z-STAR ◆(ダイヤモンド)ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。ダンロップの新しいボールの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』は数量限定のトッププロ仕様だ!

『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』は数量限定のトッププロ仕様だ!
『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』は、ダンロップが2021年2月5日に数量限定で発売するボールです。◆は“ダイヤモンド”と読みます。

“200ヤード以上先のグリーンであってもアイアンショットで狙ったところに止めたい”というUSPGAツアープロの要望に応えて誕生したボールなのだそうです。

コピーは、“アイアンフルショットのスピン量は「スリクソン Z-STARシリーズ」最大”です。実に面白いです。

そもそも、数量限定販売で、一般的なゴルファーの要望が多ければ、通常に販売する可能性があるという時点で「何じゃそれは?」と興味をそそります。

【試打ボールスペック】 
構造 ウレタンカバー3ピース
カバー 高耐久0.6mm極薄スーパーソフトウレタンカバー
コア スーパーソフトファストレイヤー大径コア
ミッド 高反発アイオノマー極薄ミッド
ディンプル 強弾道338スピードディンプル
カラー ホワイト
価格 オープン価格

『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』のテクノロジーは、カバーです。

従来の『Z-STARシリーズ』より0.1mm厚くした「スーパーソフトウレタンカバー」と「次世代Spin Skinコーティング with SeRM」を採用することで、高いスピン性能と柔らかい打感を実現したのです。

コアも新しくして、高反発にすることで飛距離性能をアップしています。

ディンプルも深さにこだわって力強い弾道を打てるようにしたそうです。

メディア用の資料を見て「すごいなぁ」と思ったのは、ドライバーのヘッドスピードが50メートル/秒でデータを取っていることです。

さすがにツアープロのために開発し、すでに、実際のツアーで優勝ボールになっているだけあります。

アイアンで200ヤード先のグリーンを狙うという『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』の開発テーマの神髄は、バックスピンでグリーン上で戻すというより、ボールの弾道の最頂点まで伸びるボールにすることで、落下地点での入射角を大きくすることにあるのだと思いました。

イメージとしては、真上からグリーン落ちてくるボールは、ハードでボールが止まりにくいグリーンでも止まるということなのだと思われます。

『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』で「個人的に良いなぁ」と感じたのはボールナンバーのカラーです。

ゴールドなのです。高級感とは言いませんが、柔らかいイメージがゴールドにはあるのです。

ヘッドスピード40メートル/秒の僕で、どのくらい使えるのか?

それをテーマに、『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』をコースに持ち込み、ヘッドスピードが速めの同伴者数人にも打ってもらいました。

『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』で小さなグリーン攻略せよ!

動画を見てください。

『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』の試打は、かなり長期にわたって行いました。

結論から書きますが、僕レベルのヘッドスピードでも、アイアンのスピンが強くかかることは実感できました。

『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』は、アイアンのスピン性能がアップします。

残念ながら、ぐーんと浮力を持って伸びていく弾道は、ヘッドスピードが速くないと無理ですが、グリーン上で、または、ミドルアイアンで花道から転がってグリーンに乗っていくようなシチエューションで、ボールがかなり止まることは実感できます。

これには少し驚かされました。微妙過ぎてわからないかと思っていたからです。ウェッジになると新しい『スリクソン Z-STAR ボール』には負けますが、それもほんの少しで、わからない程度の差です。

ミドルアイアンが、ぶっ飛び系アイアンだったり、飛び系のアイアンで、グリーンに止まりづらいと悩んでいるゴルファーには腕前にかかわらずオススメします。

例えば、小さなグリーンで、何度打っても止まらずにオーバーしてしまうというようなケースでは、『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』ならグリーンにオンしてくれる可能性があります。

これは、いっしょに試してもらった同伴ゴルファーでも体感できたケースが複数ありました。

その内の二人は、数量限定発売だと説明をしたら、気に入ったので『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』を買いそびれないように予約したと連絡をくれました。

さて、基本的な性能についても書きます。

『スリクソン Z-STAR◆ ボール』の打音は最高です。音量はほど良く、音質も高音で気持ちが良いです。

動画を見てもらうとわかりますが、ドライバーからショートパットまで、変わらないのです。

個人的には、ショートパットの打音、ロングパットの打音が大好きです。本当に繊細な音で、極めようとすると、どのメーカーも同じ音になってくることが証明されるようでうれしくなりました。

打ち応えは、柔らかく、フェースに乗る感じはしますが、芯感は薄いです。この味付けは、ダンロップが得意とする伝統的なものです。元々のスリクソンユーザーや、ダンロップのボールファンは納得です。

弾道はいわゆるツアーボールで、余計なクセはありませんが、高めの中弾道が得意なボールです。

飛距離性能は、前モデルのスリクソンと同様にトップレベルに飛ぶボールです。

ドライバーはややスピンが少ない棒球系です。この辺りの加減は、使っているドライバーの特性にもよります。

実際に、ラウンドで使って、『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』は、ツアーボールとしての基本性能では、すべて合格点のはるか上で余裕でクリアしていました。

そうなると、あとは感性だと思います。

僕の場合は、打ち応えの芯感がひっかかりましたが、実質3ラウンドして、自分の調子などを差し引いても、平均スコアよりも良いスコアでプレーできました。

結果が出たボールをエースにするのもありですし、こだわりのポイントで選ぶのもありです。

『スリクソン Z-STAR ◆ ボール』が通常販売されるかどうかは、今のところわかりませんが……。

ツアーボールを使う面白さを十分に楽しめるボールは、ゴルフが上手くなった気にさせてくれるものです。市場にある内に、一度試してみることをオススメします。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >