新・貧打爆裂レポート『SIM グローレ ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年10月9日に発売されたテーラーメイド『SIM グローレ ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。テーラーメイドの新しい国内モデルのドライバーの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『SIM グローレ』は最先端のドライバーである!

『SIM グローレ』は最先端のドライバーである!
『SIM グローレ ドライバー』は、テーラーメイドが2020年10月9日に発売したクラブです。

“思い通りの飛びへ。目指したのはクラブの理想形”というコピーのドライバーです。

【試打クラブスペック】
ヘッド素材 9-1-1チタン合金+グラファイト・コンポジット・クラウン
フェース ZAチタン合金
ヘッド体積 460cc
シャフト Air Speeder TM(S)
ロフト 10.5度(9.5度、11.5度もあり)
長さ 46インチ
ライ角 58度
価格(税別) 8万4000円(税別)

『SIM グローレ ドライバー』は、テーラーメイドのフラッグシップモデルである『SIM ドライバー』と国内モデルの『グローレ ドライバー』の良いところ取りで開発されたそうです。

じっくりと見るまでもなく、ソールを見ても、クラウンを見ても、確かに『SIM』の部分と、『グローレ』の部分が見えるのです。

まず、ソールを見て、わかるのが「ドローバイアスイナーシャジェネレーター」です。

空力性能を高めつつ、ドローするようなテクノロジーだそうです。ソールを見れば、山のような膨らみと、凹んでいる部分が明白です。

23.5グラムのウエイトがヒールサイドの後方にあって、内部にも同様のウエイトがドローバイアスとして入っているそうです。

そして、「ツイストフェース」と新しく開発された「スピードインジェクション」です。ルール上限を超える高反発のフェースをまず作り、フェースの裏から樹脂で抑えることでギリギリまで反発係数を落とす調整をするテクノロジーです。

最後にシャフトですが、軽いのに高性能の専用シャフトを開発したそうです。

良いところ取りの合体というクラブはよくありますが、多くが机上の理論で、狙い通りには機能しないケースが多いのです。そういうことにウンザリしているゴルファーに言いたいのですけど、これはけっこうすごいかもしれません! なのです。

テーラーメイドは、書くまでもなく、飛距離性能でゴルフクラブの歴史を引っ張ってきたメーカーです。

そのテクノロジーを前面に出した本気を強く感じたからです。

海外ブランドの国内モデルの中には、最新のテクノロジーではなく、一世代古い技術の寄せ集めだったりするケースもありますが、『SIM グローレ ドライバー』は最新のテクノロジーと、国内で蓄積された知見を融合させているのです。

最強のドロー専用ドライバーが『SIM グローレ』!

動画を見てください。

『SIM グローレ ドライバー』は、恐ろしいほどドローバイアスがかかったドライバーです。

ドロー傾向があるクラブは、市場にたくさんあります。明確なドロー専用ドライバーでも、試打している中で、ストレートやフェードを打ってみようとすれば、それなりに反応するものです。

『SIM グローレ ドライバー』は、身体を無理矢理に捻り回してカットして打っても、ドローしか出ませんでした。過去5年間の中で、これほどドローしか出ないクラブはありません。強烈で、猛烈です。

『SIM グローレ ドライバー』は、普通に打つと30ヤードほどドローします。そして、かなりの高弾道です。

打音は、大きめ音量です。テーラーメイドです、という音質です。飛びそうなきれいな打音です。

飛距離性能は、ヘッドスピード40メートル/秒で220ヤード平均でした。飛ぶドライバーに分類されます。

飛距離性能を試そうとするのが、ドライバーの試打の基本だと考えていますが、『SIM グローレ ドライバー』の場合は、強烈なドロー性能を目の当たりにして、その底力を味わっている内にラウンドが終わってしまいました。

『SIM グローレ ドライバー』は、とにかくドローしか打ちたくないというゴルファーにオススメです。

また、スライスや右に抜けたボールが出て悩んでいるゴルファーにもオススメします。強烈な武器になると強くオススメできます。

ドロー性能が強いドライバーは、いくつかの種類に分かれます。

ツアー系のドライバーであれば、右に打ち出しやすくチューニングされていて、右から戻すような弾道を想定します。近年、ドロー系のドライバーは、この系統が主流でした。

もう一つは、真っすぐに打ち出されて、左に曲がっていくドローが出るドライバーです。これは、高さが出る特性がないと、引っかけボールや、チーピンが出やすいので、扱いにくいという印象になってきた歴史があります。

『SIM グローレ ドライバー』は、後者のドロー特性です。

扱いにくさの部分を最先端のテクノロジーで見事に覆って隠せたところが良いのです。

出球を右に打とうとしても、なかなか上手くいきません。上手くいったとしても、その分、左に戻る力が強くなって大きなドローになります。

やさしいドライバーにも複数の意味があります。最近のトレンドは、ミスヒットした時にボール初速の値が落ちる幅を小さくすることです。

ボールが高く上がるドライバーもやさしさの一つのカテゴリーですし、スライスしないのも一つのやさしさのカテゴリーです。

『SIM グローレ ドライバー』は、その3つを統合してやさしいドライバーです。

試打しながら、もし、僕がボールをとらえる挙動が好きなタイプのゴルファーだったら、もっと興奮して打ったんだろうなぁ、と何度も思いました。

同じ球筋でホールに立ち向かうことは、ゴルフをやさしくします。そもそも、ドライバーショットのスコアへの貢献度として最も大切なことは、狙いを大きく外さないことです。

『SIM グローレ ドライバー』は、最先端でありながら、少し懐かしくもあるドライバーです。

上手に使いこなせば、スコアアップの武器になるドライバーです。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >