【球のポジションで球筋が変化】球の位置と球筋の関係をわかりやすく解説!

子供が可愛くてデレデレです!

どうも~ゴルフライターのノザです!

今回は、「球のポジションによる球筋の変化」について説明していきます。

球筋がフェードになったりドローになったりと、とにかく定まらない人。原因は1つではなく様々な要因があると思いますが、その内の1つに球のポジションによる影響があると思います。

実は球のセットする場所によって球筋は変化します。

そのことを知らずに、「球が曲がるからスイングで調整だ!」と付け焼き刃のスイングイジりは意味がありません。原因は球のポジションですから。

今回は球の位置による球筋の変化、また「どのポジションだとどのように曲がるのか?」細かく説明していきたいと思います。

球の位置だけで球筋は変わります

球の位置だけで球筋は変わります

getty

繰り返しますが、球の置く位置によって球筋は変わります。

つま先下がりでは球はスライス傾向にあり、つま先上がりではフック傾向にある。これは傾斜による影響ですが、球の置く位置もこれに似ています。

たかが球の位置ですが、それによりスイングに多大な影響を与えるんです。

球の位置によるスイングの変化。これを知っておくとスイングを変えたい時にも役に立つので、ぜひ当記事をブクマして定期的に読み返してください。

それでは説明に入ります。

球を左右に置いた時の球筋

球を左右に置いた時の球筋

getty

仮に8番アイアンを持ったとします。通常僕は8番なら球を真ん中にセットしていますが、この位置を意図的に変えたとします。

すると「右に置くと低い球が出て、左に置くと高い球」が出ます。

球のポジションを左右にズラすと、球筋の高低差に影響します。

右側に置くと当然真ん中より早い段階でインパクトしますよね。いわゆるロフトが立っている状態。そうすると当然低い球が出ます。

反対に左側に球を置くと、クラブは最下点から上昇中にインパクトを迎えるので、高い球が出やすくなります。

あくまで「そうなりやすい」というだけであって、もちろん人により異なる場合があります。これは理論上という話なので、そこは念頭に置いておいてください。

球を手前と奥に置いた時の変化

球を手前と奥に置いた時の変化

getty

続いては球を手前と奥に置いた場合です。

結論から言えば、「手前はスライスが出やすく、奥にセットすればフックが出やすく」なります。

当然これにも理由があります。

まず手前に置いた場合ですが、この状態は言ってみれば球に体が近付いた状態です。球と体が近ければ、その狭い中でスイングしなくてはならず、要はクラブ軌道が縦振りになるんです。

縦振りになると基本スライスが出やすくなります。球を上からとらえ、潰すように打つので当然の結果です。これはアウトサイドイン軌道ですね。

反対に球を遠ざけた場合。これは球から体が離れた状態になるので、スライスの時とは真逆。遠くにある球にクラブを届かせなければならないので、クラブは横振りになります。

横振りになれば当然スイング軌道がインサイドアウトになるので、フックが出やすくなります。

球に近づく=アウトサイドイン軌道
球に遠ざかる=インサイドアウト軌道

つまり球の位置によってスイングが強制的に変わるのがタネです。

遠くにある物を取る時は肘を伸ばして取りますが、近くにある物は肘を折って取りますよね。それと一緒です。

これを意図的に使えば球筋を操れるとも言えます。実際僕も球筋をドローに変えた時は球から半歩程離れてアドレスするよう心掛けました。

そうすることでクラブの通り道がフラットになり、より横振りに近付けるから。

球の左右の位置はクラブのロフトに影響。球の前後の位置はスイングに影響。

以上の理由から球のポジションはスイングに影響を与え、それは球筋を変化させるまでに至るんです。

まとめ・球の位置を操って球筋を支配しよう

まとめ・球の位置を操って球筋を支配しよう
ということでまとめます。

【球の位置関係による球筋の変化】

1.球のポジションだけで球筋は変わる
2.右に置けば低い球、左に置けば高い球
3.手前に置けばスライス、奥に置けばフック

以上になります。

球の置く場所によって球筋は変わる、このことだけでも頭に置いておけばかなり有利です。

なぜならパニックにならないから。

「なんでいつものように打ってるのにスライスするの?」
「高い球ばっか出るよなぜ?」

こんな疑問も、当記事で解決です。

原因は球の位置が変わっているから。

僕自身もいまだに球の位置を指摘されることがあります。この間もゴルフ仲間に「ノザ、最近球に近いけどわざと?」と。

僕は「うん! ちょっといろいろスイングいじっててね!」と伝えましたが、内心では「それがスライスの原因だったか!」とガッツポーズでした。

自分は全然気付いていない。むしろスタンダードに構えられていると思っていたのに……。

まぁでも自分のスイングなんてそんなもの。球の位置が無意識のうちに変わっていたことに気付けていない……。

皆さんもラウンドでは常に球の位置関係を気にし、球が曲がり出したら球との距離を調整してみてください。意外とそんな単純なことで直ってしまうかも知れません。

それではまた!
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516