肩と腰の回転に気をつけて、飛距離アップ!

お気に入り
ゴルフをプレーするうえで必ず語られるのが“回転”。

「肩を回すイメージで」、「腰を回すイメージで」、なんて言葉をよく聞くのではないでしょうか。

しかし実際ドライバーを持った時にどうやって肩や腰を回すのかがよくわからない! という方も。

ここではドライバーでのスイングについて気をつけることをご紹介します。

肩を回すイメージでスイングが良くなる!

肩を回すイメージでスイングが良くなる!

getty

ゴルフを始めたばかりの人は、上手く腰や身体が使えないため、体が左右にブレてしまって回転することができず、横移動になってしまっている人がいます。

感覚がつかめていないと難しいことではあるのですが、腰を軸にして回転させるのが難しい場合には、肩を回すイメージでいると腰も適正に回転します。

ドライバーで飛ばしたい! と思った時にはこのことに気をつけることが大切です。

肩を回すイメージでスイングすれば、腰もいっしょについてきます。

実は簡単! 肩を回すポイント

実は簡単! 肩を回すポイント

getty

肩を回すイメージって言われても、どんなイメージ? となる方もいらっしゃるでしょう。

肩を回すにはまず、目標方向に背を向けることがポイントです。

この時、目標方向まで肩を回すことになるのですが、無理のないように気をつけることが大切です。

トップ(クラブを最も高く掲げるポジション)を作る時には右足に体重を乗せ、左肩をあごの下に入れて背中を目標方向に向けるようなイメージでドライバーを持ちます。

そうすることで自然と軸が保たれつつ肩も腰も回転します。

最初に右足に体重が乗っていないと、肩だけが回って腰が回っていない状態(=手だけで打つ、手打ちの状態)になるので気をつけましょう。

上手くいかない時にはここをチェック! 上半身の向き

上手くいかない時にはここをチェック! 上半身の向き

getty

ドライバーで飛ばしたいと思っても、どうしても肩を回すイメージがつかめないという人は、トップの時の上半身の向きをチェックしてみてください。

トップで胸が正面を向いていませんか?

トップで胸が正面、つまり背中が飛ばしたい方向に向いていない場合、手先でドライバーを上げてしまっている証拠です。

左肩が右ひざの真上に来るように肩を回すイメージを持ち、飛ばしたい方向に背中が極力向いているように気をつけることが大切です。

縦に肩を回すイメージで飛距離アップ!

縦に肩を回すイメージで飛距離アップ!

getty

肩は横ではなく縦に回します。肩を真横に回すと上半身がふらついてしまい安定しません。

その場合ドライバーにボールがちゃんと当たらず、ボールは右方向に飛んで行ってしまいやすくなります。

肩の回転が浅いと上体が開き切った状態でインパクトを迎えることになりますが、肩の回転が深いと正しい軌道でクラブヘッドが降りてくるため、手打ちを防ぐことにもつながります。

鏡の前でフォームをチェックし、肩を回すイメージを頭に焼き付け、スイング時には思い出せるように気をつけることを徹底しましょう。

肩と腰はつながっているので、腰をより右に回転させるイメージを持つと肩の回転もしやすくなるでしょう。

イメージとしては、肩を90度回すのに対して、腰を45度回します。

肩を回すとその回転力がボールに伝わり飛距離が伸びますので、ぜひマスターしたいですね!
お気に入り
ライドマン

バイクとゴルフを愛する40代男性です。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。