高い、高過ぎる!目の前に立ち塞がる“スコア70台の壁”その2~~試練の後半、明暗を分けたのは……~

お気に入り
皆さんこんにちは、ライターのもーりーです。

今回は前回に引き続き、スコア80切りに挑戦した私めのラウンド奮戦記!? になります。

前半を終えて2オーバーの38。はたして人生初の70台は達成できるのか……。

期待に胸を躍らせながら後半のスタートホールに向かうのでした。

後半のスタートでいきなりの……

後半のスタートでいきなりの……

getty

前半を終えて2オーバーの38。

いつも前半でつまずくスロースターターの私にとってはかなり満足のいく内容でございました(と自画自賛 ((´∀`*))。

さて、お昼休憩を挟んで後半戦のスタートです。

最初のホールはかなり急な打ち下ろしの短いパー4。

ティーショットはユーティリティーでも残り100ヤード地点まで到達しそうなので、左右の狭いOBゾーンに打ち込まないことだけに注意すれば問題なさそうです。

保険をかけて5番アイアンでも良さそうでしたが、ここはユーティリティーで手堅くいくことにします。

そしてティーショットは多少引っかけ気味でしたが、無事にOBは回避できました。

2打目地点に行ってみると、引っかけた分飛び過ぎたのでしょうか、ボールはグリーンセンターまで90ヤードのラフまで飛んでいました。

今日のピンポジションはグリーン奥なので、ピンまでは100ヤードの打ち下ろしになります。

グリーン奥はかなり狭く、OB杭までの距離はほんのわずかしかないので、トップのミスは禁物です。

打ち下ろしを差し引いて85ヤードくらい打てば十分だろうと、サンドウェッジ(ロフト56度)のフルショットを選択。

『あわよくばバーディー!』

アドレスした瞬間についつい欲張ったこの思いで力が入ってしまったからでしょうか、ボールはまさかのグリーンオーバー。

幸いOBにはなりませんでしたが、グリーン奥から前下がりという、難しいアプローチ
が残ってしまいました。

1回でグリーンに乗せて2パットでボギーで仕方ないと思えれば気楽に打つことができる3打目のアプローチ。

しかしここでも寄せワンのパーが頭にチラついてしまいました。

結果はここ掘れワンワンのザックリのミス ( ノД`)……。

そして次の4打目もザックリを繰り返してグリーンをとらえられず……。

次の1打でグリーンに乗るも、2パットでカップインするのがやっとで、このホールを痛恨のトリプルボギーとしてしまいました。

わずか1ホールで前半9ホールのトータルオーバー(+3)を一気に叩いてしまった無残な結果に天を仰ぐ私( ノД`)シクシク……。

気持ちを切り替えて耐えに耐える!

気持ちを切り替えて耐えに耐える!

getty

後半の初っ端から痛恨のトリプルボギーであっという間に窮地に追い込まれてしまいました。

後半はパー35ですので、スコア79を出すには残り8ホールで3オーバーしかできません。

これだけプレッシャーがかかると一気に崩れるのが私もーりーのいつものプレースタイルなのですが、この日は違いました。

次のミドルホール(パー4)を2オン2パットのパー、日頃から苦手にしている打ち下ろしのショートホール(パー3)をボギーとすると、その後は2ホール連続のパー。

しかも2ホールともパーオンを逃がした後に1.5メートルくらいのパットをしぶとく決めての価値あるパーです。

最初にいきなりトリプルボギーだったので、むしろすっきりしたというか気持ちの切り替えができたのがよかったのでしょうか。

直後の4ホール、特に連続寄せワンで流れを完全に引き戻した格好となりました。

これで残り4ホーで2オーバー。

今日の調子なら十分に達成可能なミッションです。

これは夢のスコア70台が現実を帯びてきましたぞ ♪(^▽^)/♪

まさか……安全策が仇となる (´;ω;`)ウゥゥ

まさか……安全策が仇となる (´;ω;`)ウゥゥ

getty

残り4ホールをパー2つとボギー2つで凌げれば……!

泣いても笑ってもあと4ホール!

平常心でいけばきっと大丈夫!!

夢のスコア70台を目指しての15番ホールは距離の短いミドルホール。

しかも今日はティーイングエリアがいつもより前なので、ピンまではおそらく260ヤードくらいでしょうか。

左右ともに狭く、軽く左にドッグレッグしているからか、左サイドは少しOBゾーンがせり出しています。

さらに右サイドは少しでも曲げればユーテリティーでもOBゾーンに突き抜けてしまうかもしれません。

150ヤードも打てばセカンドはウェッジで打てるわけだからと、7番アイアンでのティーショットを選択しました。

おそらく右に突き抜けることもないでしょう。

しかしここで事件が起きます。

リスクを最小限にして挑んだショットは打ち出し方向から左に曲がり、よりによってせり出したOBゾーンに吸い込まれてしまいました。

ここにきてまさかのOB (´;ω;`)ウッ……。

おまけに3パットを喫してしまい、このホールはまさかのトリプルボギー。

その後の3ホールもダボ、ボギー、ボギーとしてしまい、夢の70台はまたもお預けになってしまいました。

やはりキーポイントとなったのは15番でのティーショット。

安全策で臨んだのが完全に仇となってしまいました。

6番アイアンを選んでいたらせり出したOBゾーンを越すことができたのかもしれません。

それに左に曲がったとはいえ、大きく曲がるミスショットを打ったわけではありません。

後から振り返ると、右サイドを嫌がって体のラインが無意識に左を向いていたことに気づきました。

左右に狭いホールでは体のラインがターゲット方向を向いているかをこまめにチェックする必要がありそうですね。


というわけでスコア80切りを目前にしていながら、またもやミッションを失敗してしまった私もーりー。

やはりスコア70台を叩き出すために立ち塞がる壁が果てしなく高いですね。

しかし今回のラウンドで改めてわかったことは、ショートゲームやパットの精度を今まで以上に上げなければ、スコア80切りは達成できそうにないということ。

『次こそはスコア70台を出すぞ!』

悔しさを紛らわすために帰りの道中で何度も小声でつぶやき続けるのでした。

(了)
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516