そのスライス、デカヘッドが原因!?スイングで治すかクラブで治すか

お気に入り
時代が進むにつれて、ルールギリギリの460㏄のデカヘッドが今や主流です。

フェースも昔より大きく、重心深度も深く重心距離も長いというメリットもありますが、大スライスがいつまでたっても止まらない元凶もそのデカヘッドかもしれません。

デカヘッドにしたからと言って……

デカヘッドにしたからと言って……

getty

狭いコースでもマン振りしてドライバーを使っていく挑戦型のゴルファーを目指していきます。練習すれば意外にドライバーは曲がりません。

どうも奏son輝です。

今やデカヘッドのドライバーの慣性モーメントはかなり高くなっています。慣性モーメントとは、高いほど物体が回転しにくくなるというものです。

というわけで、シャフトを軸としてヘッドが回転しにくいのがデカヘッドの特徴となります。

これは、スイング中に手元の操作で無理に動かしにくくなるということです。よく言えば、安定感があり手元で操作がしにくいという特徴になります。

メーカーの理論上は、いろいろと考えずにまっすぐボールを打てば強いボールが出るドライバーなんだということです。

デカヘッドドライバーには慣性モーメントが高いという特性があり、特性を最大限に生かすために作られています。

逆を言えば、昔のドライバーは慣性モーメントが小さくヘッドを積極的に開閉させてインパクトでスクエアに戻して打つスイングでした。

とても難しい時代に活躍した選手達は、本当に尊敬の念に値します。

何度も言いますが、デカヘッドは慣性モーメントが高くヘッドが回転しにくいです。

そう言った点で、フェースを積極的に開閉させるのではなくフェースを最初から開閉させないようなスイングがクラブととても相性がいいのです。

いろいろ試してみよう

いろいろ試してみよう

getty

先ほども書きましたが、デカヘッドとマッチしたスイングは、無論、フェースをあまり開閉させないスイングです。

スライスばかりを連発してしまうという悩みをお持ちのゴルファーの方は、もしかしたらフェースの開閉度合いが強過ぎるのではないでしょうか。

トップでフェースを思いっきり開いてしまい、フェースがスクエアに戻ってこないままインパクトを迎えてしまうとスライスしてしまいます。

この理論でいけば、スライスが出まくる原因に納得してしまいますね。

ボールが右に出るのを嫌い、手元で無理やりフェースを閉じる操作をしてしまうといろいろな球筋が出ます。

スライスも出るわチーピンも出るわで、もうラウンドになりません。

デカヘッドが原因のすべてではありません。もちろん打ち方が原因でもあることでしょう。

しかしどうしても気になる方は、昔のヘッドの小さいドライバーを中古ショップで購入して試す価値はあるかもしれません。あまり高い値段ではないので、気軽に試すことができるでしょう。

球筋で悩み過ぎてゴルフを辞めてしまった方も多くいることでしょう。

悩みを大きくとらえずに、一個一個取り除いていく作業もゴルフの楽しみだととらえていき、楽しみに変えていきましょう。

ミニドライバーを使うのもあり?

ミニドライバーを使うのもあり?

getty

多くの方が悩みを抱えているのはスライスではないでしょうか。

デカヘッドドライバーを使うとスライスを連発してしまうゴルファーの対策をまずは考えてみましょう。

スライスが治れば次はチーピンが出るんじゃないかと思われる方、まずはやってみましょう。

対策の1つ目は、昔のように慣性モーメントの小さなドライバーを選ぶことをお勧めします。

あまり多くの種類は販売されていませんが、比較的新しいモデルでも、テーラーメイドさんにはヘッド体積300㏄以下の小さなミニドライバーもあります。

ミニドライバーなら重心距離が短くなって、デカヘッドよりも扱いやすくなるでしょう。

パターは何十年と使われている方も多くいらっしゃいますが、稀にドライバーも昔のものを使われている方がいらっしゃいます。

ヘッド体積が400㏄を切るくらいのものをメルカリなどのフリマアプリや中古ショップなどで探すのも面白いと思います。

ドライバーを変えないのであれば、やはりスイングをデカヘッドドライバーに合わせる必要があります。

スイングをデカヘッドドライバーに合わせてアジャストさせることでアームローテーションを抑えれば、おのずとフェースも今流行りのシャットになっていきます。

申ジエ選手のように、バックスイングで腰の高さにヘッドがくるまでフェースがボールをずっと見ているイメージでスイングを始動してみましょう。

デカヘッドドライバーを上手に扱えるスイングがだんだん身に付いてきます。

今まで染み込んだスイングを変えるのは一筋縄ではいきません。本当に大袈裟に変えていかないとクセというのは変わりません。

このような方法は至難の業ではありますが、デカヘッドドライバーを使いこなしてスライスから脱却していこうじゃありませんか。

ティーショットが変わることでスコアも劇的に変化していくことでしょう。

段階を追って変化を付けていくことで上手くなっていく実感も変わっていくことでしょう。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。

悩みは尽きませんが、なんでも順番に変えていくことが大事です。

人間なので忘れていってしまいますが、良いクセがつくまで体に染み込ませていきましょう。

それではまた。
お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。