新・貧打爆裂レポート『ゼロ・スパイク バイター ワイド』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年4月16日に発売されたブリヂストンスポーツ『ゼロ・スパイク バイター ワイド』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。かつて、「スパイクレスはBS」と言われたゴルフシューズの最先端に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

タイヤの技術で世界一の機能を体感できるシューズ!

タイヤの技術で世界一の機能を体感できるシューズ!
『ゼロ・スパイク バイター ワイド』は、ブリヂストンスポーツが2020年4月16日に発売したゴルフシューズです。

『ゼロ・スパイク バイター ワイド』は、“幅広でスポーティーなスパイクレスシューズを履きたい”というゴルファーのニーズに応えたスパイクレスシューズです。

【試打シューズスペック】
素材 甲材:人工皮革 底材:合成底(合成樹脂×合成ゴム)
カラー WK(白/黒)、TR(トリコロール)
サイズ 24.5~27.0㎝、28.0㎝/4E
重量 約385g(26.5cm片足)
価格 オープン

『ゼロ・スパイク バイター ワイド』は、BOAタイプのスパイクレスシューズです。

フィッティングをすると、普段、3Eを履いている日本人のゴルファーの4割ぐらいが、実は幅広タイプの4Eのほうが合っていると診断されるという話を現場で聞いたことがあります。

4Eは不格好だと考える人もいますし、サイドが緩いとスイングも緩んでしまうから嫌だと考えて、4Eを選択しない人もいます。

実は、僕も少し前まで、その一人でした。4Eのシューズは種類が少ないという現実もありました。

ブリヂストンスポーツの『ゼロ・スパイク バイター』シリーズは、すでにたくさんのゴルファーを助けてきた実績があります。4Eのワイドタイプも、今回が初めてではありません。

タイヤの開発で培われた独自の解析やシミュレーション技術などを活用して、『ゼロ・スパイク バイター ワイド』は新しくなりました。

スイング時の接地圧解析により、独自に設計した高グリップアウトソールは、複数の素材を組み合わせて、スイング中のいろいろな動きに対応するようにできています。

スパイクレスのゴルフシューズは、大きく2種類に分かれます。

ソールの幅がしっかりとしていて、台形の長辺がソールになっているタイプと、アッパーのシューズ部分で足をホールドして、ソールの幅は最小限にすることで、踏ん張りで力がかかるところを強い素材と形状で集中的に機能させるタイプです。

『ゼロ・スパイク バイター ワイド』は、前者です。

利点は履いていて楽なことで、欠点はスイング中に足が不安定に感じるシューズがあることです。

『ゼロ・スパイク バイター ワイド』は、傾斜でのグリップ力は、他者のスパイクレスには圧勝する優位性を持っています。これは、素材とソールデザインの優秀さが支えるテクノロジーです。

注目するポイントは、やはりショットの時の影響だと考えながら、コースに持っていきました。

『ゼロ・スパイク バイター ワイド』で楽々ゴルフ!

動画を見てください。

『ゼロ・スパイク バイター ワイド』で、最初に感じたことは「軽いなぁ」でした。

履いた時の柔らかさもさることながら、数歩足を踏み出してわかるのです。まるで裸足で歩いているような感触でした。

そして、サイドの緩みが少ないことにも驚きました。ソールに幅があるタイプのスパイクレスシューズは、多くの場合でサイドの緩みが大きいのです。

BOAシステムで、ダイヤルを回してワイヤーを閉めなくとも、スカスカしたり、ゆるっと足が動くことはありません。

適度にワイヤーを締めてから、コースの芝生の上での歩き心地も確認しました。

しっかりしたグリップ力を感じます。歩くと地面の凹凸までハッキリとわかるのです。これは『ゼロ・スパイク バイター ワイド』の特別な点だと感じました。

スパイクレスシューズは、意外に足の裏の感覚が鈍いものが多いからです。素晴らしい履き心地です。

この手のシューズだと、よく半サイズ大きいものが良いとか言われることがありますが、『ゼロ・スパイク バイター ワイド』は、ジャストサイズでピッタリです。

プレーしてみると、快適です。軽過ぎる違和感があるだけで、スイング中も安定しますし、踏ん張りも効きます。

ソフトスパイクのシューズに劣っている点はありません。

ただ、ラウンドをしていると、『ゼロ・スパイク バイター ワイド』は、スイング優先で作られた感じがしてきます。

最初はわからないのですけど、慣れてくると、ソールの外側が硬いことが歩いているとわかるようになります。

基本はカートでプレーするゴルファーが多いので、それは気にしないで良いと思います。

一番感心したのは、斜面です。歩く時にも、スイングする時にも、恐ろしいグリップ力です。アッパーのホールド感もグッと強くて良いです。それでいて、裸足のような開放感があるのです。

いろいろなスパイクレスシューズを履きましたが、斜面の感覚は『ゼロ・スパイク バイター ワイド』でしか、味わえない独特のものです。

これだけでも購入する価値があると思います。

『ゼロ・スパイク バイター ワイド』は、4Eの幅広でも、シンプルでカッコ良く、高機能なスパイクレスシューズを履きたいゴルファーにオススメします。

ラウンド後の疲労感も軽減されます。

最後にもう一つ。試打していた時期は、早朝ゴルフで、朝露でかなり濡れたのです。
意図していたわけではありませんが、防水機能をテストする機会になりました。

シューズはビショビショになっても、中の靴下はサラサラのままでした。

国産メーカーのゴルフシューズの防水機能の高さは、今さら書くまでもありませんが、その中でもハイレベルな防水機能です。

スパイクレスシューズをセカンドシューズとして利用するゴルファーも多いですが、そういう場合でも、この防水性能とグリップ力は、雨の中のゴルフでもゴルファーを助けてくれるはずです。

『ゼロ・スパイク バイター ワイド』は、お見事なシューズでした。

ワイドだけではなく、『ゼロ・スパイク バイター』はいろいろなタイプのゴルファーに対応したシューズがあります。

セカンドシューズではなく、エースシューズとしても、トップレベルで競えることは間違いありません。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。