新・貧打爆裂レポート『PHANTOM X 12.5 パター』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年2月28日に発売されたタイトリスト、スコッティ・キャメロン『PHANTOM(ファントム)X 12.5 パター』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。新しく追加されたPHANTOM X パターの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

『PHANTOM X 12.5 パター』は渋く進化したパター!

『PHANTOM X 12.5 パター』は渋く進化したパター!
『PHANTOM X 12.5 パター』は、タイトリスト、スコッティ・キャメロンが2020年2月28日に発売したパターです。

“スコッティ・キャメロンは、6角形の基本ヘッド形状から着想し、軽量6061エアクラフトアルミニウムボディと303ソフトステンレスウイングを自由にコンビネーションすることで、すべてのマレットプレーヤーを満足させる5種類のヘッドを誕生させました”と『PHANTOM X パター』の説明をしています。

『PHANTOM X 12 パター』は、その中でも最も慣性モーメントが大きいパターです。形状は、いわゆるスパイダー型と言えます。

新しくラインアップに加わった『PHANTOM X 12.5 パター』は、まず名前の「.5」の部分が特徴です。

通常の「シングルミッドベンド」ではなく、ネックの形状が少し短い「シングルショートベンド」だという意味です。

そして、アドレスしたときに見えるイエローのドットやラインがすべて消えて、ブラックで、色が入っていないサイトラインだけになっている「グロスブラック」が『PHANTOM X 12.5 パター』のわかりやすい個性です。

ツアーからの要求を活かして作られた『PHANTOM X 12.5 パター』は、なかなかカッコイイのです。

【試打クラブスペック】
ロフト 3.5度
ライ角 70度
長さ 34インチ(33インチ、35インチもあり)
ネック ローベント
オフセット ワンシャフト
グリップ ピストレロ プラス
価格 オープン価格

『PHANTOM X 12.5 パター』を構えてみた第一印象は、丁寧に作られているパターだなぁ、です。

きれいなのです。狙いに合わせて構えた時に、何一つ無駄がないように見えます。つまり、変なクセとか、個体差とかが見えません。元々のデザインが良いだけではなく、精密にチェックされつつ製造されたことが想像できるパターです。

パターマットで打ってもわかるのは、ソリッドだけど微かに感じる反発感です。

先行に発売されている『PHANTOM X 12 パター』と中身は同じはずなのに、『PHANTOM X 12.5 パター』には、比べると、少ししっかりとした弾き感がありました。

個人的には、サイトラインを含む補助的なラインはいらないタイプなので、シンプルな見た目は、狙いやすく、集中しやすいと感じました。

入り出したら止まらない予感をさせる『PHANTOM X 12.5 パター』!

動画を見てください。

『PHANTOM X 12.5 パター』をコースで打ってみました。

打音について、音量は最小限です。高音なのに響きがない湿った音質が、打ち応えで感じる柔らかさの源になっているようです。

ブラックでマットなヘッドが落ち着いていて、実際のグリーンの上のほうがより好感触でした。

しかし、サイトラインがあったほうが狙いやすいというゴルファーには要注意です。特に短いパットの時に、狙いが定まらずに、混乱しやすくなるからです。

ショートベンドのネックは、通常のミッドベンドよりも敏感な感じがします。

この感触は個人の好き嫌いですが、使い方によっては、調子の良い時に感性の上積みとなって機能する可能性があります。

『PHANTOM X 12.5 パター』で、少し不思議だったのは、重さがあるパターなのに、打っていると軽く感じることが何度もあったのです。

これはたぶん、ネックの敏感さが影響しているのだと推測しました。気持ち良くヘッドが動いていると、ヘッドが軽く感じることがあるからです。

慣性モーメントが大きく、それでいて、敏感なパターが欲しい人に『PHANTOM X 12.5 パター』はオススメです。

ミスヒットに強いパターです。

ボールを運ぶように打っても、狙い通りに転がってくれるのが『PHANTOM X 12.5 パター』です。

オートマチックに運ぶイメージで打てて、正確な狙い撃ちもできるパターは珍しいのです。

『PHANTOM X 12.5 パター』は特別なパターです。

ある意味で、ツアーが求める機能を詰め込んだのが『PHANTOM X 12.5 パター』です。

パットが好きな人に打ってほしいパターです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオの日200801-0901
フォーティーンIF700FG 200716-816

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901