新・貧打爆裂レポート『ソフトレスポンス ボール』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年3月に発売されたテーラーメイド『ソフトレスポンス ボール』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。テーラーメイドの新しいボールの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

コスパの良さで圧倒する『ソフトレスポンス』!

コスパの良さで圧倒する『ソフトレスポンス』!
『ソフトレスポンス ボール』は、テーラーメイドが2020年3月に発売したボールです。

“あなたの願いに「レスポンス」するボール。”というコピーのボールは、何千人ものゴルファーの意見を元に開発したボールで、飛距離重視ボールになっているそうです。

【試打ボールスペック】
カラー ホワイト
構造 3ピース
コア 35コンプレッション・ハイスプリングコア
カバー ソフトタフ アイオノマー
ディンプル U型ディンプルパターン
価格 オープン価格

『ソフトレスポンス ボール』で、インパクトがあるのは価格です。とにかく安いのです。高価格帯のボールと比べると半額という感じなのです。

安かろう、悪かろう、というパターンなのかもしれないと不安になるゴルファーもいるかもしれません。

しかし、スペックを見ても、資料を見ても、冒頭のコピーを持ち出すまでもなく、適当に作ったボールではないようです。それどころか、最先端のテクノロジーが投入されているボールです。

『ソフトレスポンス ボール』は、テーラーメイド史上で最も軟らかいボールです。

飛距離重視ボールとして、普通のゴルファーのヘッドスピードでも機能するように作られた軟らかいコアが、低スピンと直進性が高いボールを可能にするのです。

『ソフトレスポンス ボール』の軟らかさは、カバーでもフォローされています。新しいアイオノマーカバーは、軟らかく、それでいて、耐久性もいいということです。

『ソフトレスポンス ボール』は期待が高まるボールです。

信じられない完成度と飛距離性能の『ソフトレスポンス』!

動画を見てください。

『ソフトレスポンス ボール』をコースで打ってみました。

まず、最初は、軟らかさにビックリしました。打ち応えは、とにかく軟らかいです。過去に試打したボールの中で、最も軟らかさを感じるボールです。

打ち出されたボールは、初速感があり、打ち出しから高弾道になります。打音は、音量は少し控えめで、濡れた低めの音質です。

軟らかいボールは、市場にたくさんあります。『ソフトレスポンス ボール』は、その中でも特別です。軟らかいボールが嫌いではないゴルファーなら、特別に軟らかい感触を堪能できます。

飛距離性能は、トップクラス。それも、上位争いが可能なレベルです。ドライバーだけではなく、アイアンも飛びます。

僕の場合で、いわゆる標準的なボールより、ドライバーで10ヤードぐらい、8番アイアンで4ヤードキャリーが違います。

『ソフトレスポンス ボール』で面白かったのは、ボールをとらえる動きに敏感に反応するということです。

軟らかいことの副作用だと推測しますが、とらえる動きに敏感なので、ドローが打ちやすい感じがします。もしくは、スライスのミスを防ぐ効果があるように感じました。

このドロー性能が、低スピンの弾道に合っているのです。

コストパフォーマンスがいいボールが欲しいゴルファーに『ソフトレスポンス ボール』をオススメします。

ウレタンボールと変わらないぐらいのスピン性能もあり、飛ぶだけではないのです。総合力の高さは、安価なボールとは思えない完成度です。

『ソフトレスポンス ボール』で個人的に面白かったのは、ショートゲームの打音が高音で気持ちがいいことです。

実は、普通のショットの時は、そんなに高音な打音を感じさせないのに、いきなり、ショートゲームで音が高くなるのです。

僕は他は我慢ができても、ショートゲームだけは高音な打音がしないと距離感が合わない気がするので、とても良かったです。

『ソフトレスポンス ボール』は、安価なボールとは思えない完成度でした。国内メーカーのボールは、安価な価格帯でも手抜きされていないボールがありましたが、外国ブランドで、ここまで良かったボールはありませんでした。

安いボールは初級者用という考え方もありますが、こういうボールでゴルフを覚えられるゴルファーは幸せですし、中上級者でも十分に高性能ボールとして使えます。

『ソフトレスポンス ボール』は、一度、使ってみるべきボールです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


ゴルフ5初心者バナー