新・貧打爆裂レポート『T//WORLD TR20 ドライバー』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年3月13日に発売された本間ゴルフ『T//WORLD(ツアーワールド)TR20 ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。ホンマの新ブランドのドライバーの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

まったく新しいホンマをTR20ドライバーで理解する!

まったく新しいホンマをTR20ドライバーで理解する!
『T//WORLD TR20 ドライバー』は、本間ゴルフが2020年3月13日に発売したクラブです。

プロ・上級者用の『TW747』ブランドの後継ブランドとして『T//WORLD TR20』は誕生しました。

世界戦略はホンマの重要なテーマですが、本気で世界に挑戦するブランドになっています。

『T//WORLD TR20 ドライバー』には、440ccと460ccの2種類があります。

【試打クラブスペック】T//WORLD TR20 440 ドライバー
ヘッド Ti6-4+カーボン(ET40)+クロスカーボン/鋳造
ヘッド体積 440cc
フェース Ti6-4/鋳造
シャフト VIZARD TR20-50(S)
ロフト 10.5度 ※9.5度もあり
長さ 45.25インチ
ライ角 59.0度
価格 9万3500円(税込)

【試打クラブスペック】T//WORLD TR20 460 ドライバー
ヘッド Ti6-4+カーボン(ET40)+クロスカーボン/鋳造
ヘッド体積 460cc
フェース Ti6-4/鋳造
シャフト VIZARD TR20-50(S)
ロフト 9.5度 ※10.5度もあり
長さ 45.25インチ
ライ角 59.0度
価格 9万3500円(税込)

『T//WORLD TR20 ドライバー』は、ツアーの要求をアメリカで集約して、日本で作り上げたそうです。

見た目は、本当に海外ブランドのドライバーのように見えます。

440のほうは、「ツアーモデルです」と主張しているような丸形のフォルム。460のほうは、大きく見える安心感を前面に出しながらも、やさし過ぎて引っかけてしまいそうな不安を感じさせないフォルムです。

『T//WORLD TR20 ドライバー』は、ソールもブラックでカッコいいんです。

ヘッドの6割以上がカーボン素材ということもあって、ホンマのドライバーだとは感じさせません。

熱心なホンマファンのゴルファーは、ホンマらしさがない、と怒るかもしれない、と心配するほどの違いです。

『T//WORLD TR20 ドライバー』は、「TiCarbon + Fast Frame」という新構造を採用しています。

金属で作った骨組みにカーボンで作ったボディーをパーツのように貼っていくことで、クラウンとソールの両方がたわみ、ヘッド全体で反発力を向上させるようです。

クラウンとソールのたわみ量を調整したことで、低スピンと高い打ち出しが可能になるとのことでした。

さらに、フェースの裏側に縦の溝を入れる「Vertical Slit 反発フェース」で、縦方向の打点のブレがあっても反発力をキープできるようになったそうです。

『T//WORLD TR20 ドライバー』は、外観と雰囲気などは、外国ブランドのドライバーと戦うために徹底して研究した結果で、内側の見えない機能は、本間ゴルフの最先端を詰め込んだドライバーになったようです。

新しいホンマのこれからの方向性をゴルファーに指し示しているような凜としたドライバーです。

TR20 ドライバーは挑戦する人のために!

動画を見てください。

『T//WORLD TR20 ドライバー』は、構えるとじんわりとホンマらしさが伝わってきます。

アドレスビューは、キャロウェイのドライバーみたいなフォルムなのですが、ネックの処理法やフェースの縁の処理などは、実にきめ細やかでホンマらしいのです。

それは、言葉にならないのですが、構えやすさに直結して、そのまま打ちやすさとしても機能します。

『T//WORLD TR20 ドライバー』は、『440』も『460』も大きくは見えませんが、どっしりした安心感はあります。

打ってみると、打音は湿った金属音で、カーボン量が多いヘッドの打音に残響がないという欠点は一切感じません。むしろ、締まった音質で、好感触です。

『460』のほうが『440』より打音の音量は大きいのですが、ちょうどいい大きさです。『440』は、日本のオールドゴルファーが好む大人しめの音量に抑えている雰囲気です。

『T//WORLD TR20 ドライバー』の打ち応えはしっかりしています。特に、芯に当たったときの抜け感はお見事です。弾き感よりも、ボールをとらえている感触が強い感じです。

弾道は中弾道で、棒球です。やさしいドライバーが多い中で、ボールが楽に上がらない感じがします。この辺りのチューニングは、プロやトップアマ向きということになるのだと思います。

『460』は、少しボールをとらえる挙動がありますが、ストレートに飛ぼうとします。ストレートかフェードを打つゴルファーに、オススメです。

『440』は、少し敏感なヘッドです。大きく曲がることはありませんが、ボールをコントロールをしている気持ちの良さを十分に味わえます。ドライバーでも、弾道を意識して打つようにしている競技ゴルファーにオススメです。

『T//WORLD TR20 ドライバー』は、どちらのヘッドも飛距離性能はほとんど変わりませんでした。

平均飛距離は、僕のヘッドスピード(40メートル/秒)でも225ヤードです。

『460』で面白かったのは、あまりボールが転がらないことでした。米ツアーでは、ボールが止まるドライバーの需要があると言われていますが、棒球っぽい弾道から考えると正反対の結果だったのです。

『440』のほうが、より浮力が感じられないので、ヘッドスピードが速いゴルファー向けだと感じました。

振り切らないと手に負えない感じでしたが、その辺りは好き嫌いの範囲です。パワーヒッターにオススメです。

『T//WORLD TR20 ドライバー』のTRは「Tour Release」の略とのことでした。

ツアーで使用されるドライバーが普通に購入できることは幸せなことです。今回試打をして、しみじみと、そう感じました。

難しいから良いのではありません。『T//WORLD TR20 ドライバー』は、やさし過ぎないところが良さなのです。挑戦的なドライバーで、ゴルフが楽しくなるイメージが浮かぶゴルファーなら、打ってみるべきです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。