ティーショットが安定すれば劇的にスコアが安定します

お気に入り
ドライバーショットの方向性が安定しない時のコツや練習方法について書きたいと思います。

ドライバーの方向性が安定しない原因はたくさんありますが、ポイントを抑えることで劇的にスコアは安定していくでしょう。

1打目は本当に大事です

1打目は本当に大事です

getty

クラブを変えてティーショットが劇的に安定した後輩から日々挑戦を受けております。毎回刺激的なラウンドを行っています。

どうも奏son輝です。

シャフトやクラブを変えてティーショットが安定する場合ももちろんあります。でもそれだけでは絶対にありません。

グリップや姿勢、そしてアドレスに原因があると記事などで書かれていることが非常に多いです。

特にアドレスについてですが、意外なことにティーアップを高くしたほうが飛距離だけでなく方向性もアップしたということが多く書かれています。

方向性をよくしたいと思った時に、サイドスピンを減らす必要があるとよく言われます。ヘッドスピードを抑えることやクラブ性能にも問題はあります。

8割程度の力加減でスイングしてみると、ヘッドスピードが落ちサイドスピンも減ります。しかしやっぱり万振りしてから方向性をアップしたいのが人間のサガです。

ティーアップを高くすると地面から浮いて空間ができ、芯に当たりやすくなります。

誰にでも合う方法ではないかも知れませんが、飛距離も方向性も良くなったという意見は多く、試してみる価値はあると思います。

それと、よく言われるのが払い打ちです。

インパクトを線でイメージしてみるのも一つの良い方法だと思います。

最近YouTubeなどにも上がっていますが、インパクトゾーンを長くすることでより安定してドライバーを打つことができることがあります。

フォローを長く低く出すということを意識してみると、払い打つということにつながり、ボールを真横から打とうという意識が上がり、チカラも伝わります。

イメージとしてはボールを打った後にヘッドを低く長く出していく感じです。

ヘッドを低く長くと意識を変化してみるだけでも、インパクトがラインに近づき、飛距離も方向性も安定していくでしょう。

アドレスを気を付けてみましょう

アドレスを気を付けてみましょう

getty

ショットが安定しない原因はアドレスやグリップに原因があるということが多々あります。

しかしそれ以前に、構え方や前傾姿勢の作り方でもスコアは変わってくるでしょう。

構え方や前傾姿勢の作り方が間違っていると姿勢が悪くなり、スイングしようとすると体が思うように動かなくなりスイングが不安定になってしまいます。

前傾姿勢も、いまや棒立ちでもいいと紹介している方もいますが、体の使い方が間違っているケースが多く猫背になったりします。

姿勢が悪く猫背になることで、スライスが出やすくなったり、下半身の使い方がおかしくなったりします。

軸がぶれやすくなり、思い通りの球が打てなくなっていくでしょう。

脚の付け根から前傾すると、背筋が曲がることがなく下半身も安定するでしょう。

腰から前傾することと脚の付け根から前傾することの違いは、脚の付け根からのほうがよりしっかりとした土台ができ上がりやすくなることです。

これはドライバーだけではなくアイアンやパターにも言えます。

すぐには変化が見えないかもしれませんが、チカラの伝わり方は歴然です。やってみましょう。

練習方法を変えてみましょう

練習方法を変えてみましょう

getty

ティーショットを安定して打つための簡単な練習方法ですが、まずはウェッジで3球打ってみましょう。

そしてドライバーに持ち替えて、ウェッジを打った感じで同じようなテンポとスイングスピードで打ってみましょう。

繰り返し繰り返しいつも通りの高さにティーアップして打ちましょう。

ドライバーが安定しないという方の中には、ドライバーだけ特別なスイングをしている人が多いです。

ドライバーだけを特別扱いしてしまっていると、ドライバーだけヘッドスピードを上げようとして力んでしまう場合があります。

場合によっては打ち方を変えることはありますが、基本的には一緒が好ましいです。

無意識の間に力が入っていたりすると、ショットは安定しません。ドライバーを特別扱いしないでウェッジのように打ってみると変わっていきます。

人間の心理として、ドライバーは遠くへ飛ばしたいと思い力んでしまいます。

2打目以降が極端に良い人は、絶対にティーショットでチカラが入っているので気を付けてみるのもいいでしょう。

ローカルルールでプレイング4というものがあります。

もし全ホールでプレイング4のお世話になっている人が、その場所まで2打で到達すれば18ホールで18打縮みます。100叩いている人は82でラウンドできているかもしれません。

やはりティーショットはかなり重要です。力まずスイングしミート率を高めていき、徐々にスイングスピード等改善していきましょう。

ゴルフは大きく変わっていくはずです。そして楽しくなっていくはずです。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。

すべてのショットが大事なのはわかっていますが、1打目に少しだけ集中してみてはいかがですか。

それではまた。
お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。