ヘッドスピードを最大化するには「足」の使い方が重要!

小難しいスイング理論を調べるのが好きな私は、研究論文を検索し、いろいろとスイングのヒントを得たりしています。

ヘッドスピードを上げる上で、ゴルフスイング中の体重移動についてはいろいろな意見があるのですが、学術雑誌論文で少し面白い検証を見つけました。

今回は少々マニアックですが、研究論文の中で検証結果がバラけている「体重移動」に関する研究論文について紹介、考察してみたいと思います。

難しい日本語ばかりになってしまいますが、スイングマニアの皆様、お付き合いください。

ゴルフスイングにおける「足」」の役割

ゴルフスイングにおける「足」」の役割

getty

最近ゴルフでも耳にするようになった、「地面反力」をはじめ、陸上で生活する上で「足」を使ったエネルギー伝達は非常に大切です。

上半身をしっかり動かす上で、「足」がしっかりと地面を踏ん張りエネルギーをどう伝達するかによって、ヘッドスピードにも違いが出てきます。

そして、この「足」にかかる力は簡単に測定することが可能で、「最大足底圧(PP)」や「圧力中心(COP)」の数値を使用してゴルフスイング評価に広く使われています。

COPについては様々研究が行われており、シングルハンデレベルのゴルファーは、初心者ゴルファーよりも大きなCOPを目標方向に示すことが明らかにされています。

この可動域の増大は主に、インパクト直前に目標方向のCOP増大と反対側の足のCOP減少に起因するとされています。

ヘッドスピードとCOP、PPの関係

ヘッドスピードとCOP、PPの関係

getty

今までの研究では、目標方向の足圧とヘッドスピードでは、ヘッドスピードを向上させるためには目標方向の足への体重移動が重要であるという従来の知見があります。

また、熟練ゴルファーと未熟練ゴルファーを比較した場合、熟練ゴルファーのほうが目標方向の足に強い圧力をかけているといという科学的知見もあります。

ただし、「COPを横方向に動かす」ということは、「体重を目標足に移す」ということに完全に一致する訳ではないため、しばしばアマチュアゴルファーを混乱させるキーワードになります。

例えば、目標方向に踏み込むけれど、頭は後ろに残すという場合、目標方向にCOPは大きく移動しますが、体重の重心位置は反対方向に移動する可能性があるためです。

「COP移動」=「体重移動」ではないので注意しましょう。

ヘッドスピードとPPの相関検証

ヘッドスピードとPPの相関検証

getty

今回見つけた論文では、アマチュアゴルファーのスイングを計測し、ヘッドスピードが速いゴルファーは「足裏」にどのような「圧」をかけているか調べるというものでした。

■参考文献:Correlation between maximum in-shoe plantar pressures and clubhead speed in amateur golfers
著者:TAYLOR & FRANCIS LTD
引用:JOURNAL OF SPORTS SCIENCES. 33(2):192-197 (2015)
雑誌名:JOURNAL OF SPORTS SCIENCES
発行年:2015-01-20

■検証方法
対象者:ハンディキャップが2.7~25の32名のアマチュアゴルファー
検証方法:ドライバーで10回スイングし、足底圧分布を100Hzで記録。
評価内容:ヘッドスピードとインパクト時の足表面全体の圧力を評価にわたって評価

■検証結果
「ヘッドスピードとPP分布の間の相関を調べることにより、優先的な足載荷位置が体重共有の基礎となるかどうかを決定することであった」ということが示されています。

簡単に言うと、ヘッドスピードを上げるには「体重移動」だけでなく、「体重移動場所」も重要な要素であるということです。

今回参考にした学術書によると、ヘッドスピードが速い被験者は、目標方向の足圧が高くなる傾向がありました。

一方、ヘッドスピードが低い被験者は、目標方向の足圧が高まらなかったり、PPがかかる場所にもばらつきがありました。

この研究によれば、目標方向にしっかり踏み込むことは、ヘッドスピードを最大化するために目標足載荷自体と同様に重要である可能性が示唆されます。

また、目標方向の足の外側への荷重が、ヘッドスピードの速度を発生させるのに特に重要である可能性が示唆されました。

ヘッドスピード向上に重要なのは体重移動ではなく圧力のかけ方

 ヘッドスピード向上に重要なのは体重移動ではなく圧力のかけ方

getty

トッププロのスイングを見ても、ジャスティン・トーマスのように積極的に目標方向の足に乗っていく選手もいれば、ジョン・ラームのように「デンデン太鼓」の如くその場でくるっと回転するスイングがあります。

積極的に体重移動を使うプレーヤーは自ずとPPも目標方向の足に乗りますが、その場でくるっと回転するスイングの人は、意識的に目標方向の足にPPがかかるように踏み込む必要はありますね!

今回はちょっと難しい話だったかもしれませんが、みなさんのヘッドスピードが少しでも向上したら幸いです!!

Twitterでもゴルフ中心に呟いてます(`・∀・´)

フォロー&コメントお待ちしてます!!
お気に入り
Yanagi@JPDAドラコンプロ

JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitter("Yanagi"で検索! https://twitter.com/Out_Drive300)やブログデザイン変更も情報発ししていますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください。 https://drive4show.org/

このライターについてもっと見る >
ダンロップゼクシオセリーグコラボボール200701-0801

カートに追加されました。


ゴルフ5大処分市200701-0801