下手を固めるだけ?!レンジボールとコースボールの違いを理解しよう!!

ゴルフショップでじっくり試打し吟味したはずのドライバー、ルンルン気分で行きつけの練習場へ行ってみると、「あれ……? なんか飛ばない……」「むむ……ボールが上がらない?!」なんて経験ありませんか?

ここで無理して、高弾道のナイスドローを打とうと練習してしまうと、スイングを崩してしまう可能性がなきにしも非ず。

ゴルフショップで試打した時との大きな違いは、スイングの乱れによるもでのはなく、コースボールとレンジボールのスピン性能やコアの性能の違いによるものです。

コースボールとレンジボールの差についてはいろいろな記事を散見していますが、これはメーカーによる違いだけでなく、レンジボールが1ピース構造なのか2ピース構造なのかでも大きくボールの性格が変わってきます。

そこで今回は、実際にどれくらいデータの差が出るのか、練習場ではどのような点に注意が必要なのか、データ付きで解説していきます。

レンジボールの特徴

レンジボールの特徴

getty

レンジボールの特徴は、1ピース構造なのか、2ピース構造なのかで大きく違います。

「レンジボールはスピンが入りやすい」「レンジボールはスピンが入らずつかまりにくい」この対極する状況も、実際にはどちらも正しいと言えます。

普段行く練習場がどんなボールを使っているかで違うのです。

コースボールとレンジボールの特徴を簡単に比較すると……

■飛距離
コースボール>2ピースボール>1ピースボール

それぞれ10ヤード程度飛距離が変わってきます。

コアの違いによるボールスピードの低下と、ディンプル性能の違いによって飛距離に差が出ます。

■スピン量
1ピースボール>>コースボール≧2ピースボール

1ピースボールはドライバーでもスピン量が大きく増える傾向があります。

また、コースボールと2ピースボールのスピン量は大きく違いませんが、2ピースボールの方が10%程度スピン量が少なくなる可能性があります。

最近の低スピンドライバーを使う場合、スピン量が2000回転程度の人もいると思いますが、その場合2ピースボールではドロップ気味の弾道になる可能性があります。

しかし、コースボールでは理想的なスピン量である可能性もありますので、2ピースボールを使用しながら、無理に球を上げようとしてはいけません。

■曲がり幅
1ピースボール>>コースボール≧2ピースボール

曲がり幅はスピン量に依存しますので、1ピースボールは曲がりやすく、2ピースボールはつかまりにくい印象になります。

そのため、1ピースボールで左右に曲げている場合でも、コースではそれほど曲がらない可能性がありますし、2ピースボールでつかまりにくいという場合も、コースではつかまったいい球を打てる可能性があります。

■弾道の高さ
2ピースボール=コースボール>1ピースボール

2ピースボールはコースボールより少し高くなる可能性も少しありますが、ほとんど変わらないと思われます。

レンジボールのディンプルによって高さは大きく異なりますので、打ち込んだ感覚で違いを測るしかありません。

1ピースボールは確実に弾道が低くなります。

試打比較!! 実際にデータを取ってみた!

 試打比較!! 実際にデータを取ってみた!
上記はあくまでもメーカーの一般的な回答ですので、今回は実際にどれくらいの差が生まれるのか、「フライトスコープ」を使用して計測してきました。

■試打クラブ・ボール
・ドライバー:テーラーメイド M5 ツアー(7.5度)
・シャフト:ダイヤモンドスピーダー(5SR)
・コースボール:ブリヂストン ツアーB XS
・レンジボール:スリクソン 1ピース
・計測機:フライトスコープ

■計測方法
それぞれ5球ずつ試打し、明らかなミスショットを除いた平均値で比較します。

コースボールでの結果

コースボールでの結果
・初速:70.4メートル/秒
・バックスピン量:2800rpm
・打ち出し角度:13.6度
・キャリー:271ヤード
・ラン:6ヤード
・トータル飛距離:277ヤード
・高さ:124.3フィート(37.9メートル)
・ミート率:1.46

レンジボールでの結果

レンジボールでの結果
・初速:67.7メートル/秒
・バックスピン量:3423rpm
・打ち出し角度:13.3度
・キャリー:254ヤード
・ラン:4ヤード
・トータル飛距離:258ヤード
・高さピーク:118.3フィート(36.1メートル)
・ミート率:1.42

「下手を固めない」ように!!

 「下手を固めない」ように!!
ご覧の様に、飛距離に大きな違いがありました。

ここまでは想像の通りだと思いますが、もっとも注目してほしいのが、バックスピン量と弾道の高さです。

この実験ではそれほど差が付きませんでしたが、レンジボール(1ピース)はスピン量が入るにも関わらず、弾道は低くなります。

そのため、練習場で「いい高さ」と思っていても、コースではやや上がり過ぎの飛距離を損するボールになってしまう可能性があります。

また、レンジボールが上がりにくという視覚的誤差をフィードバックして練習してしまうと、弾道を高くしようと無理してカチ上げる(アジアの大砲)ようなスイングになってしまう場合があります。

これが本当の意味での「下手を固める」練習です。

人間の目やスイングの調整機能は素晴らしいものがありますから、練習場での視覚的なデータからフィードバックを受けて調整してしまうと、まず本場ではいいショットを打つことができません。

レンジボールで打った際、どのような球筋がコースボールでのナイスショットになるのかを確認しておきましょう!!

Twitterやブログでもゴルフ中心に発信しています!!

フォロー&コメントお待ちしてます(`・∀・´)
お気に入り
Yanagi@TPIトレーナー兼ドラコンプロ

TPI認定トレーナー兼JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! TPIのメソッドやドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitter("Yanagi"で検索! https://twitter.com/Out_Drive300)やブログでも情報発ししていますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください! https://drive4show.org/

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。