池ポチャ2回でもボギー!?池に囲まれたロングホールを攻略せよ!~もーりーの実戦リポート その4~

お気に入り
皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

今回も懲りずに私もーリーのラウンド実戦リポートをお送りします。

私がお邪魔した若木ゴルフ倶楽部(佐賀)は、な、な、なんと9番と18番のロングホール(パー5)のグリーンが共用(1グリーン)になっているのです。

さらに両ホールともにティーイングエリアからグリーンに至るまでずっと池に囲まれているという超ワンダフルな(というかめちゃめちゃプレッシャーのかかる)景観なのですヨ。

目の前に広がるは池、池、池!

目の前に広がるは池、池、池!
今回も前回に引き続き若木ゴルフ倶楽部(佐賀県)のロングホールを取り上げたいと思います。

実はこの若木ゴルフ倶楽部はイン、アウトの最終ホール(9番・18番)が両方ともロングホールになっていまして、さらにそのコースレイアウトが圧巻なのです。

まず9番・18番ホールともに隣り合わせで同じ方向に向かってフェアウェイが広がります。

そしてこの9番と18番を挟むように池が配置されており、この池はティーイングエリアからグリーンそばまでつながっています。

そしてなんと9番と18番は共用の1グリーン仕様。

超横長グリーン(通常のグリーンを2つつないだくらいの大きさ)なので、お互いのプレーには影響は出ませんが、ホールアウト後のクラブハウス側から見たグリーンの景観には驚かされるばかりです。

ちなみに9番ホールは右サイドは先ほど紹介した池、左サイドも池を含むOBゾーンが、18番ホールにいたっては、なんと両サイドともグリーン手前まで池が続くというレイアウト。

両ホールともに冷静になるとそんなにフェアウェイが狭いわけではないのですが、池で視界が開けているからでしょうか、とんでもなくフェアウェイが狭く感じ、ちょっとでも曲げてしまうと、ボールが池に吸い込まれそうなプレッシャーを感じずにはいられません。

さらにトドメはグリーン奥にも池が配置されていること。

これまた18番ホールについては、グリーン奥にこぼしてしまうと、ボールは間違いなく池に転がってしまうくらいに芝が刈り込まれています。

これは両ホールともティーショットからグリーン周りまでまったく気が抜けそうもありません。

池ポチャ2回でもボギー!?

池ポチャ2回でもボギー!?
というわけでまずは9番のロングホールから。

とにもかくにも右の池だけは避けたいところです。

ということでフェアウェイセンターやや左目を狙っていきます。

ドライバーを使わないことも考えましたが、意外に距離が長いのと、池のプレッシャーはグリーンそば(セカンド・サードショット)ともにプレッシャーがかかるわけですから、ここは敢えてドライバーでティーショットを打つことに。

それではいざ参らん! とドライバーを勢いよく振り抜く、となれば良かったのですが、そこはしがないサラリーマンアベレージゴルファー。

ボールを曲げたくないからと、ダウンスイングで体の動きが止まってしまい、腕だけでクラブを返すという、お手本のようなチーピン打法になってしまいました。

当然ボールはぐんぐん左に巻いて、そのまま左に配置された池へと消えていったのでした。

しかし救いは池はすべて赤杭の1ペナゾーンだということ。

救済処置を取り、いざ3打目!

しかし今度はボールは反対の右サイドに一直線。

またもや池の餌食となってしまいました。

だがしかし、まさかの池ポチャ2連発なのですが、両方とも1ペナなので、次はまだ5打目なんですね。

しかも1打目と3打目は意外と飛距離が出ていたので、5打目はピンから130ヤードくらいという、アマチュアでもグリーンが狙える状況ではないですか。

しかもグリーンはかなり広いので、プレッシャーはあまり感じません。

開き直ったのか、プレッシャーから解放されたのかは定かではありませんが、5打目のアイアンショットはピンに向かって一直線!

結局ピンから1.5メートルにつけることができ、その後は1パットでカップイ~ン♪

2回連続池ポチャを喫しながらも終わってみればボギーで上がることができました(1回のナイスショットでスコアがまとめられるのがロングホールの醍醐味ですよね)。

またもや池ポチャです (;^_^A

またもや池ポチャです (;^_^A
そしてもう一つの難関である18番ホール。

このホールは9番ホールよりもさらにすごいです。

9番ホールと共用の池が左サイドに広がるだけでなく、右サイドも池・池・池!

さらにセカンドショット地点とサードショット地点の間にもクリークが横切っています。

つまりティーショットの落としどころになるエリアは浮島状態になっているのです。

これはプレッシャーマックスですね。

そしてこの状況で緊張のティーショットになったのですが……。

結果はあえなく撃沈、ボールはしっかりと右サイドの池に消えていきました。

しかしこれまた救いは池に入っても1ペナだということ。

気を取り直しての3打目は5番ウッド。

ティーショットの時と違って池を意識しなかった(正確には『池に入ってもいいや』という開き直りです!)のが良かったのか、今度は会心の当たりでフェアウェイど真ん中に運ぶことができました。

そこから4打目でセオリー通りにピン手前に運び(奥にも池があるので危険)、そこから2パットのボギーでホールアウトとなりました。

池に囲まれた美しくもえげつない二つのロングホールでしたが、反省点はやはりティーショット。

池を意識し過ぎて両ホールとも失敗してしまいました。

プレッシャーのかかる時ほど下手に小細工(真っすぐ飛ばそう、コントロールショットでいこうなど)はせずに、思い切りドライバーを振り抜くべきなんだなと思いました。

もし次回またチャレンジする機会があれば、今度は思い切りフルスイングしてリベンジしたいなと思います(池に入れたってOBではなく1ペナなんですからね)。

以上、素人ゴルファーもーりーの拙い実戦リポート第4弾でした。

それではまた次回お会いしましょう♪
お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。