パッティングでプロの大半がパームグリップで握る理由とは?

お気に入り
「パットに型なし」とは、昔からよく言われている言葉です。

要するに、どんな構え方をしようが、結果さえよければ、好きなように打てばいいということです。

構え方だけではありません。パターの握り方だって十人十色です。

しかし、大半のプロゴルファーは、「パームグリップ」という握り方を採用していますよね。

右手のひらとパターフェースの向きを揃える

右手のひらとパターフェースの向きを揃える

getty

パターはウッドやアイアンと違い、基本的にはどんな握り方をしてもいいので、形にこだわる必要はありません。

自分なりの握り方を見つけるのも楽しみのひとつとさえ言えます。

ただ、プロや上級者のグリップを観察すると、満たすべきいくつかの条件が浮かび上がってきます。

まずひとつ、それはパターフェースの向きが合わせやすいことと、インパクト時のフェースの向きを感じやすくすることです。

これを満たすべく、ほとんどのプロはパームグリップで握っています。

パームグリップを一言で説明すると、両手のひらでグリップを挟む握り方です。

右手をグリップの真横から当てがって手のひらをつけたら、右手全体で包み込むように握ります。

このとき、右手のひらとパターフェースの向きを揃えるのがポイントになります。

両者を同じ方向に向けて、右手をターゲット方向に動かす形にするわけです。左手は右手の方向性が失われないように握ります。

すなわち、右手のひらと左手のひらでグリップを挟むように、左手も真横から当てがいます。

そうすることによって、右手の向きを変えることなく、両手に一体感を持たせることができます。

そのまま両手を並列にセットして、グリップを安定させるプロもいれば、左手を上下にずらすプロもいます。

パターのグリップで最もポピュラーな逆オーバーラッピングは、このスタイルの応用型といっていいでしょう。

右手の小指までをグリップ部分に密着させることで、右手のひらとパターフェースの向きの同調性を高めているのです。

さらに、右手のひらとパターフェースの向きは、平らなグリップを使うとより合わせやすくなります。

このようなパターグリップを使うことで、パームグリップのメリットはさらに大きなものになります。

手首の動きを抑えられる

手首の動きを抑えられる

getty

パターのグリップで満たすべき条件はまだあります。それは手首を使いにくくすることです。

その点でも、パームグリップは優れています。

パームグリップと対極に位置するのが、グリップ部分を指の関節で留めるように握るフィンガーグリップです。

ウッドやアイアンクラブは、もっぱらフィンガーグリップで握りますが、それはリストを柔らかく使えるからです。

ショットでボールをつかえるにはヘッドスピードを上げなければいけませんが、それには手首の柔らかさが欠かせません。

その点、パッティングではヘッドスピードは不要です。

手首が使いづらいパームグリップで握っても、ストロークには支障が出ないだけでなく、方向性が合いやすいというメリットも享受できます。

とりわけ、高速グリーンで戦うプロゴルファーにとって、手首の動きを抑えることは重要なことなのです。

両手の間隔を空けたスプリットハンドや、右手を上、左手を下にしたクロスハンドグリップは、すべて手首の動きを封じる効果の高い握り方です。

パームグリップで握ったうえで右手首を曲げてロックし、肩の回転だけで打つプロも多くいます。

指を伸ばすと、さらに手首が使いづらくなる

指を伸ばすと、さらに手首が使いづらくなる

getty

また、同じパームグリップで握っても、人差し指を伸ばすのと曲げるのでは手首の使い方に差が出ます。

指を伸ばすと手首が使いづらく、曲げると使いやすくなります。

逆オーバーラッピングで握った場合には、左手の人差し指を伸ばすと、手首をロックしたままストロークしやすくなります。

ただ、その分フィーリングは出にくくはなります。

指を伸ばすことによって、手首とひじの関節にストレスがくるため、繊細な感覚が出なくなるのです。

どちらを選ぶかはあなた次第ですが、アマチュアゴルファーの多くは、手首をコネてしまうので指を伸ばすスタイルをお勧めしたいですね。

このスタイルやクロスハンドで練習すると、手首をロックする効果も期待できますので、ぜひお試しを。

グリッププレッシャーは弱めに握るのが基本

グリッププレッシャーは弱めに握るのが基本

getty

最後はグリッププレッシャー=グリップを握る強さについてです。

プロや上級者にはパームグリップが多いのですが、前述したようにこのグリップは両手でパターを挟むように握り、パターを吊るように持ちます。

そもそもギュッと力を入れることができませんから、グリッププレッシャーは弱くなります。

多くのプロゴルファーが「グリップは緩く握ります」と口を揃えるのはこのためでもあります。

グリッププレッシャーが弱いと、構えたときにパターヘッドの重さを感じられ、ある程度ヘッドに任せたストロークができます。

その結果、パターヘッドの動きは安定します。

打つ前に思わず手に力が入り、インパクトでパンチが入ってしまった、あるいはフェースの向きが狂ってしまったという経験をしたことがある人は多いでしょう。

これらのミスはグリップを緩めに握り、パターヘッドを吊るように構えることで減らすことができるのです。

グリッププレッシャーは手首の動きを抑えるかどうかでも変わります。

例えば、手首を使わないように右手をロックすれば、グリッププレッシャーは強めになります。

反対に、手首を使いたければ、グリッププレッシャーを弱めなくてはなりません。

このように考えた場合、ロングパットではリストワークが使えるように少し緩めに握っておくとベターでしょう。

実際、プロがグリーンの外やカラーからパターを使うケースでは、アプローチの感覚で自然に手首を使うそうです。

反対に、下りのショートパットなど、完全に手首をロックしたいときにはグリッププレッシャーを強めにしてゆっくりストロークするといいでしょう。
お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。