vol.26【ゴルフダイアリー】ついにカオリが本領発揮!?

お気に入り

ゴルフダイアリーをご覧の皆さん、こんにちは。ホシノカオリです。定期的にレッスンへ通い始めて1か月。

スイングの形はだいぶ固まってきたんですが、ボールを打つのがまだ体に染みついていません。でもちゃんと練習は続けてるんですよ!!

……と、そこで今日もいつものゴルフスパークさんでレッスンだったのですが、なにやら異変が。

これってもしかして、ちゃんと練習の成果が出てるってこと~!?

今日も最初はスイングの形を整えていきます

今日も最初はスイングの形を整えていきます

レッスンのスタートはやっぱり素振りから!

本格的にレッスンを受けるようになり、やれる範囲で素振りの練習を継続しています。

以前は左肘を外に抜いてしまうクセがあったんですが、フィニッシュで「左肘が下を向くように」意識して修正してきました。

あとはバックスイングとフォローが同じ位置に収まる「オンプレーン」のスイング。そして切り返しでのリズム。

チェックポイントはたくさんありますが、かなり形になってきていると思います!

実はマネージャーは今回久しぶりのレッスン同行だったんですが「おぉー!? きれいになってるじゃーん!」。

山田コーチからも、「良くなってるよ!」と言われました。褒められるってうれしい(笑)。

でも“本気でやらなきゃマズい”というプレッシャーもあって、学生時代の部活を思い出しています。

次なるステップはボールを打つことに慣れていきたい

だいぶ形が整ってきたので山田コーチからここで提案です。

「形はできてるから、とにかく時間を見つけてたくさん打っていきましょう。でもそのときには、絶対に形にこだわって振ってね」

了解です!

やはりボールを打つ感覚は、ボールを打たないと身につかないらしく、他の方法では代用が効かないみたいです。

なのでがんばって作ってきたスイングの形を、実際にボールを打つという行為にアジャストしていくんだって。……なんだか難しい(笑)。

要するに形にもこだわって、打ちまくれってことだよね!

そしてアイアンがだいぶ形になってきた私。ここで7番ウッドとドライバーも解禁です。

やったぜ!

スイングの軌道はすべて同じ! ボールの位置が違うだけ

スイングの軌道はすべて同じ! ボールの位置が違うだけ

体の中心にボールを置いていたアイアンですが、ウッドではボール1個分くらい前(左)に、ドライバーはさらにもう少し前にボールを置きます。

スイングの最下点が体の前の中央に来るように言われていますが、それはウッドもドライバーも変わらないんですね。

ヘッドの動きの途中にボールがあるようなイメージで、スイングそのものは変えちゃダメだと教えてもらいました。

ついつい打ち上げようとか、打ち込もうとかしちゃいますが、それでは良くないんですね。

※本来アイアンは、ボールを中央に置いてもスイングの最下点はもう少し前なんだそう。ただ私の場合、まだそこは考えなくてもいいそうです。もうちょっと上手くなったらかなぁ?

今後の練習方法は形、打つ、形、打つ、を繰り返す!

今後の練習方法は形、打つ、形、打つ、を繰り返す!

スイングの形はできてきた。そしてボールを置く位置と、スイングの軌道について注意点も理解した。

後は打ち込む!

今後はボールを打つ感覚に慣れるようにがんばっていきます。

「ボールを打っていくと、そのうち形がどうしても崩れてきちゃうから、ボールをたくさん打つでしょ。そしたら崩れたスイングを素振りで元に戻してあげてね。打つ、素振り、打つ、素振りを繰り返して、体にスイングと打つ感覚を定着させよう」

やっぱりボールを打つという行為は、少しずつスイングが崩れてしまうんですね。

「空いた時間があればちょっとでも打ってね! なるべくたくさん!」

わかりましたっ!

アプローチを練習していこう!

アプローチを練習していこう!

「あんまり時間がないからアプローチも練習しちゃいましょう」

ということで、素振りと打ち込みは自主練になりましたが、続いてアプローチ練習です。

覚えることがたくさんだぞ~(汗)。

これまでのラウンドではグリーン周りからスコアが崩れていくパターンも多くて……(もちろんそれだけじゃないんですが)。

アプローチの基本から教わっていきます!

「アプローチさえ安定すれば、これだけでグッとスコアが縮まるからね。がんばっていきましょう」

アプローチのコツとは?

アプローチのコツは緩めないことなんだそうです。

あんまり飛ばしちゃダメなので、緩く優しく打つようにイメージしてましたが、そのイメージはNGだったんですね。

一定のリズムで、スイングの強さも同じ。でも飛距離を調整するにはスイングの振り幅で調整するんだって。

キャリーとラン込みで、

・10ヤードなら5時から7時

・20ヤードなら4時から8時

・30ヤードなら3時から9時

これが、女性がサンドウェッジを使った時の距離の目安になるそうです。

「この3つのアプローチができるようになると、グリーン周りから自信を持って打てるようになります」

よし、がんばろう!

さらにアプローチでは、短いアプローチは距離が必要ないので、体重移動は絶対にしないように言われました。

スイングイメージは、フェースを後ろに真っすぐ引いて、真っすぐ前に出す。このときフェースは返しちゃダメ。フェースにボールを乗せるような感覚ですかね。

バックスイングやフォローで、手首が動いてしまいますが、この手首の動きも距離感や方向がバラつくそうです。だから手首はがっちり固定してアプローチ練習をしていきます。

チェックポイントがたくさん!

ミスも出ますが、フェースにボールが乗っている感覚が出てきています!

アプローチを自主練して次のラウンドへ行くぞー!

私の今後の課題ということで、やるべきことが見えてきたレッスンでした。

まずまとめると、スイングそのものはだいぶ良くなってきているそうです(やった!)。

今後はたくさん打ってボールを打つ感覚を磨きつつ、素振りなどで形も整えていく。そしてアプローチを家で練習して、グリーン周りからある程度寄せられるようになる。

この2つの宿題をがんばっていこうと思います。

ボールももちろん打っていきますが、家でもできるアプローチ練習をコツコツと積み重ねていきたいと思います。

Gridgeカップに間に合わせるぞ!

お気に入り
ホシノカオリ

こんにちは、シンガーソングライターのホシノカオリです☆ ひょんなことからゴルフを始めることになった"ド素人"ゴルフ女子・・・楽しみ半分、不安も半分。初心者ならではの視点でゴルフの楽しさをお伝えできたらと思っています。 目標はGridge競技出場っ! ゴルフを全くやったことがない素人ゴルフ女子の成長する姿を暖かく見守っていただけると幸いです。よろしくお願いします。 ゴルフライフ始動:2019年8月1日

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。