【試打動画あり】逆輸入モデル!?ミズノ ST200シリーズを試打しました!

お気に入り
最近勢いがついてきている、ミズノのドライバー。

昔はさほどでもなかったが、近年は契約外でも使うプロが増えてきて徐々に注目されています。

今回発売されたST200シリーズも結構力作だと言うので、練習場で試打してきました。

シリーズはST200とST200Xの2モデル

今回展開されている2モデルのネーミングの違いは末尾にXが付いているか付いていないか。

単純にネーミングだけ見てしまうと、自分は最初ボール選びと同じような感覚でXが付いているほうがスピン少なくハードヒッター向けかなとも思ったのですが逆のようです。

「ST200」つかまりを良くしたやさしいモデル
「ST200X」低スピンで叩いても左に行かないモデル

らしいので皆さんも選ぶ際はご注意を。

フェースが一番の売りらしい

ミズノのドライバーで一番の売りと思われるのが、フェース素材に採用されたβチタン合金。

素材自体は2019年に発売されたMizuno Proシリーズから採用されています。

一般的な6-4チタンよりもたわみやすく強度が高いので、ミズノでは過去に300Sという高反発ドライバーにも採用していたらしいです。

その他にもカーボンクラウンやソールのフェース側の溝など、昨今当たり前になりつつあるテクノロジーはしっかり採用されているみたいです。

つかまるST200X

まずST200Xの紹介から。

メーカーのキャッチフレーズは「やさしく打てる、やさしく飛ばせる、高初速×低スピン」。

試し打ちした結果、ヘッドスピードのストライクゾーンは45メートル/秒(m/s)以下。

シャフトの動きがこの辺のヘッドスピードだと非常に良く、スライスを打つのが難しいくらいのクラブになります。

やさしさで人気のテーラーメイド「Mグローレ」やブリヂストン「JGR」と比べてもまったく遜色ないやさしさが詰まってます。

「低スピン」という部分は人それぞれでしょうか?

確かにヘッドスピード45m/s以下だと比較的適正なスピンが入っていい飛びを見せますが、50m/sを超えてきたあたりからシャフトの挙動が怪しくなり少しスピンの入る「ちょうどいい球」ってイメージでした。

ラインナップとしてロフトは10.5度のみです(シャフトの差し替えでロフトを±2度調整可能)。

しっかり振って驚異的な低スピンのST200

続いて低スピンが売りのST200。

キャッチフレーズが「安心して叩ける、力強く飛ばせる、高初速×低スピン」。

ここで注意してほしいのが「叩ける」というワード。

叩いて真っすぐ行くということは、裏を返せば叩かないと真っすぐ行かないです。

打ってみても感じましたが、正直スライサーの方にはちょっと難しいクラブです。

ヘッドスピードのストライクゾーンは47m/s以上。それ以下の方は、よほどドライバーの弾道が高いかスピン過多の方でないと打球がドロップしてしまい、キャリーが伸ばせない可能性があります。

このクラブで最も注目したのが「低スピン」。

以前キャロウェイのマーベリックの記事を執筆したときにサブゼロを打ち、後日練習場でも打ったのですが、その時よりもボールが前へ行く力は強く感じます。

ラインアップとしてロフトは9.5度のみです(シャフトの差し替えで±2度調整可能)。

個人的に残念だったのがシャフト

一つだけ個人的に残念だったのがシャフトの性能。

両方ともヘッドスピードが45m/s以下だとそれなりに打てるんですが、50m/sを超えてきたあたりからは少々頼りなく感じます。

ヘッドが戻り切らないというか、動きがだるい感覚が強いです。

ST200Xに純正採用されている、白いほうのシャフト「20 MFUSION D」も、ミズノのホームページではいろいろと書いてありましたが、正直そこまでの性能には感じず、一般的な「純正シャフト」というイメージ。

また、ST200で純正採用となっているグラファイトデザイン共同開発モデル「Tour AD GM-200 D」も、やっぱり「最近の純正シャフト」と近いイメージ程度の感想でした。

ちなみにMFUSIONにはすごい技術が採用されているように公式ホームページで書かれていましたが、ヘッドスピードが速い人向けのST200には採用されていないことからもアベレージゴルファーがターゲットかな? と推測できます。

それぞれの試打動画

それぞれのクラブを練習場で打った動画です。

最初に打つのがST200Xで次にST200を打ちます。

・ヘッドスピード50m/s前後で真っすぐ
・ヘッドスピード45m/s前後で真っすぐ
・カチャカチャ機能でアップライトポジション
・それぞれの特性を生かした打ち方
・クラブ説明

となっております。

なるべくいろいろな方が参考になるような打ち方をするように心がけてます。

特に動画内で注目してほしいのが、5分53秒からのST200Xでのヘッドスピード45m/s前後でのカット打ち。

大きく左を向いたオープンスタンスで思いっきりアウトサイドインで打っているのですが、しっかりとフェースが返りシャフトも走るのでヘロヘロ~っと右にすっ飛んでいく球が出ません。

7分38秒からのST200でヘッドスピード50m/sで真っすぐ打つつもりの部分も面白いです。

これだけのスピードで打ってもフケ上がることなく前に前にボールが飛んでいるので、大手メーカーでもピカイチの低スピン弾道が見られると思います。
お気に入り
風と草の大地

JPDA(一般社団法人 日本プロドラコン協会)ドラコンプロ、認定ヘッドスピードトレーナーをしています草野大地です。 とにかくドライバーが大好きで練習場では9割ドライバー打ってます。 ギアの試打動画(特にドライバー)を中心に飛ばしの楽しさを広めれるような記事を書いていこうと思っております。 https://www.youtube.com/channel/UCDCDMzjHc82OlagoLIhSCAA?sub_confirmation=1

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。