新・貧打爆裂レポート『EZONE GT フェアウェイウッド&ユーティリティ』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年3月中旬に発売されるヨネックス『EZONE GT フェアウェイウッド&ユーティリティ』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。少し変わった部分もあるフェアウェイウッド&ユーティリティの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

斜めの溝はゴルファーを救う!

斜めの溝はゴルファーを救う!
『EZONE GT フェアウェイウッド&ユーティリティ』は、ヨネックスが2020年3月中旬に発売するクラブです。

『EZONE GT』は、2年前に前モデルが発売され、ヨネックスファンのゴルファーを挑戦的ともいえるテクノロジーで驚かせました。

フェアウェイウッドとユーティリティでは、フェースに刻まれた斜めの溝がボールの曲がりを小さくする機能を発揮したのです。

新しい『EZONE GT フェアウェイウッド&ユーティリティ』は、斜めの溝をさらに進化させて搭載しました。

そして、クラウン裏、フェース裏の左右と下部に「InCore Groove(インコアグルーブ)テクノロジー」を採用して、たわんで飛ばす要素と、ミスヒットしたときの初速が落ちにくいようにしました。

【試打クラブスペック】フェアウェイウッド(3番)
ヘッド SUS630ステンレススチール精密鋳造+高強度カーボンクラウン
ヘッド体積 173cc
フェース 455マレージング鋼圧延材
シャフト NST002(S)
ロフト 15度
長さ 43.25インチ
ライ角 58.0度
価格 3万8000円(税別)

【試打クラブスペック】ユーティリティ(4番)
ヘッド SUS630ステンレススチール精密鋳造+高強度カーボンクラウン
ヘッド体積 109cc
フェース 455マレージング鋼圧延材
シャフト NST002(S)
ロフト 19度
長さ 40.5インチ
ライ角 59.5度
価格 3万2000円(税別)

もう一つ注目したいのが、「NST002 シャフト」です。新次元カーボン「Namd」と新カーボン繊維「M40X」を採用した自社開発のシャフトは、ヘッドスピードを上げて、ミスヒット時の捻れも抑えるそうです。

ゴルファーの間ではあまり知られていませんが、ヨネックスはテニスやバドミントンのラケットなどで蓄積した技術があるので、カーボンシャフトを作るのが上手いのです。

『EZONE GT フェアウェイウッド&ユーティリティ』は、アドレスビューも面白いです。

シェイプはシャープで、締まっています。本格的です。

それでいて、フェースのデザインは近未来的なのです。ボールに構えると、ここでもボールを上げやすく感じさせて、安心させる効果があることがわかります。

『EZONE GT フェアウェイウッド&ユーティリティ』は、最先端のテクノロジーと伝統を融合させた攻めたクラブです。

高弾道でやさしく飛ばせるフェアウェイウッドとユーティリティである!

動画を見てください。

『EZONE GT フェアウェイウッド』から書きます。

ヘッドは小さいのですけど、フェースが大きく見えるのです。フェースのデザインが機能しているのです。

やさしく見えます。方向も合わせやすいです。

実際に打ってみると、最初に感じるのは、ボールを拾いやすいことです。ヘッドの大きさなどからすると、そんなに簡単ではないはずなのに、不思議と簡単なのです。

ボールは強い弾道ですが、浮力もあって、高弾道です。

打音は、やや抑えめの音量で、樹脂系が強い湿った音ですが、締まっています。打ち応えは軟らかめで、フェースに乗ると感じるゴルファーも多いと思います。

『EZONE GT フェアウェイウッド』で、ビックリしたのは、芯を外したときの飛距離性能です。ミスヒットしても極端に飛距離が落ちません。

真芯に当たったときの飛距離性能はトップレベルです。

僕のヘッドスピード(40メートル/秒)でも、平均で210ヤード飛ばすことができました。

『EZONE GT フェアウェイウッド』は、やさしいフェアウェイウッドを求めているゴルファーにオススメします。値段が安いところも魅力です。コストパフォーマンスは一番かもしれません。

『EZONE GT ユーティリティ』も、構えたときの印象は同様です。大きく見えるフェースと締まったヘッドです。

ボールの拾いやすさは、ユーティリティでその威力を増した感じがします。

初速感がありますが、打音は濡れた渋い音質で音量も控えめなので、不思議な感じです。

高弾道です。ショートアイアンのような高さの弾道なのに、飛距離も出ます。

4番という表記なのに、19度のロフトです。状況が良ければ、楽に190ヤードを打てます。

ロフトを考えたら、飛距離が出るほうに分類されます。

グリーンでボールを止められるのに飛距離も出るユーティリティを求めているゴルファーに『EZONE GT ユーティリティ』はオススメです。

『EZONE GT フェアウェイウッド&ユーティリティ』は、上級者から初級者まで、多くのゴルファーを助けるクラブに仕上がっています。

飛ぶクラブの中では、転がりまで計算して飛距離を稼ぐものもありますが、『EZONE GT フェアウェイウッド&ユーティリティ』はキャリーにこだわったクラブです。

苦手意識があるゴルファーは、だまされたと思って一度打ってみることをオススメします。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016