フェアウェイウッドとアイアンの間にセッティングするクラブ、何を入れる?

お気に入り
ゴルフは最大14本のクラブを使ってプレーをすることができます。

では14本のセッティングの内訳はといいますと、

・ドライバー
・フェアウェイウッド
・アイアン(4~5本)
・ウェッジ(3~4本)
・パター

と、ここまではすんなり決まりますが、フェアウェイウッドとミドルアイアンの間の1~2本のセッティングをどうするかというのが、意外に皆さんが悩むところではないでしょうか。

ユーティリティーとショートウッドを中心に、フェアウェイウッドとミドルアイアンの間にセッティングするクラブ選びについて考えていきたいと思います。

1.ユーティリティー

1.ユーティリティー
フェアウェイウッドとミドルアイアンの間をつなぐクラブとして広く認知されているのがユーティリティーです。

フェアウェイウッドに比べてひと回り小ぶりなヘッドにアイアンに近いシャフトの長さ。

そしてフェアウェイウッドに比べて左右のブレが出にくく、アイアンよりもボールが高く上がりやすいという、まさにフェアウェイウッドとアイアンの良いとこどりのクラブだといえます。

今ではクラブセッティングに加えていない人のほうが少ないのではないかというくらい、人気のクラブになりました。

男子プロゴルファーなんかは5番ウッドの代わりにユーティリティーを選択することもありますが、一般的なアマチュアゴルファーの場合は、5番ウッドと5番アイアンの間を埋める番手としてユーティリティーを選んでいくといいと思います。

目安としてはロフト角(クラブヘッドフェース面の傾斜角で、シャフト軸に平行な線とフェース面のなす角)が21~26度くらいのものになります。

番手でいうと4番ユーティリティーか5番ユーティリティーといったところでしょうか。

しかしながら、同じ4番ユーティリティーでも、メーカーによってロフト角の設定がまちまちなことが多いですので、購入前には必ずロフト角がどのくらいかを確認するようにしましょう。

またミドルアイアンといっても、5番アイアンはアマチュアにとってはボールが上がりづらく難しいクラブです。

5番アイアンの代わりにユーティリティーをセッティングに加えるのもアリだと思います。

さらにパワーがあってウッド型の形状のユーティリティーだと引っかけのミスが出てしまう人は、アイアン型のユーティリティーを試してみてください。

通常のアイアンに比べると簡単にボールが上がりますし、ミドルアイアンの感覚で振っていけますので、引っかけのミスも減らしていけると思います。

2.ショートウッド

2.ショートウッド

getty

女性ゴルファーの場合は、ユーティリティーだとボールが上がりづらいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

その場合はショートウッドを選択するほうが良いでしょう。

女性用のモデルであれば、7番ウッドや9番ウッドのほかに11番ウッドくらいまではラインアップされていると思います。

ショートウッドのメリットは、フェアウェイウッドだけに、ヘッドが大きくて安心感があるところでしょう。

ユーティリティーに比べてボールも上がりやすいので、グリーンでボールが止まってくれる可能性も高くなると思います。

5番ウッドの次の番手として7番ウッド~11番ウッドの中から2~3本セッティング、さらにそこからユーティリティーをミドルアイアンの代わりにセッティングするのも今どきのセッティングです(実際にフェアウェイウッドとユーティリティーを多くセッティングして、アイアンは7番からという女子プロゴルファーもいます)。

3.ロングアイアン

3.ロングアイアン

getty

最後はロングアイアンをセッティングするという選択です。

学生時代からスポーツ経験があり、パワーのある、いわゆるアスリートタイプの皆さんだと、3番アイアンや4番アイアンをセッティングしているかもしれませんね。

3番アイアンや4番アイアンをある程度使いこなせるのであれば、ショートウッドやユーティリティーに頼ることなく自身のセッティングに残しておくのも良いでしょう。

しかし男子プロゴルファーでも3番アイアンをセッティングしてる割合はかなり低下していることも事実です。

ロングアイアンというのは、ゴルフクラブの中でも一番難しく、ミスにシビアなクラブであることを物語っていますね。

そこで男子プロゴルファーたちの間でも採用されているのが、モデル違いのロングアイアンを設定するというセッティング。

3番や4番といったロングアイアンだけ、アイアンセットよりやさしいものにするという選択です。

そうすることで楽にボールを上げたり、ミスも軽減されるというわけです。

ユーティリティーの代わりにやさしいモデルのアイアンをチョイスするという発想ですね。

“飛び系アイアン”と呼ばれるアイアンが開発されてきたことで、こういったクラブ選びもできるようになりました。

近年のクラブの進化は目覚ましく、クラブ選択の幅は本当に広がりました。

選ぶ楽しさがある反面、たくさんの選択肢の中から自身にあったクラブを見極めることが重要です。

特にフェアウェイウッドとミドルアイアンの間の1~2本のセッティングをどうするかというのは、スコアメイクにもかなり影響を及ぼします。

どのような場面で使いたいのかといったことなども考慮に入れつつ最高の相棒になり得るクラブを見つけてください!

ゴルフがもっともっと楽しくなること間違いなしですよ。

といったところで今回はこのへんで。

それでは、また!
お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。