新・貧打爆裂レポート『MAVRIK フェアウェイウッド & ユーティリティ』

今回の貧打爆裂レポートは、2020年2月7日に発売されたキャロウェイの『MAVRIK(マーベリック)フェアウェイウッド』と『MAVRIK ユーティリティ』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。新ブランドのフェアウェイウッドとユーティリティの秘密に迫ります! 動画も含めての試打レポートです。

MAVRIKのフェアウェイウッドとユーティリティは機能美で魅せる!

MAVRIKのフェアウェイウッドとユーティリティは機能美で魅せる!
『MAVRIK フェアウェイウッド』『MAVRIK ユーティリティ』は、キャロウェイが2020年2月7日に発売したクラブです。

キャロウェイには『EPIC(エピック)』というブランドがあり、より一般向けとして『ROGUE(ローグ)』というブランドがありましたが、その『ROGUE』を廃して、新しく誕生したのが『MAVRIK』です。

フェアウェイウッドには、スタンダード、SUB ZERO、MAX、MAX LITEの4種類があります。今回は上位から2番目に位置するスタンダードを試打します。

ユーティリティは、スタンダード、PRO、MAX LITEの3種類が発売されます。今回は真ん中に位置するスタンダードを試打します。

『MAVRIK フェアウェイウッド』『MAVRIK ユーティリティ』は、いずれも、「AIフェース」を採用して、進化した最先端の素材を使用しているところが、最大の魅力になるそうです。

ドライバーだけだった「AIフェース」は、『MAVRIK』からはすべてのクラブに搭載されて、ロフト別、番手別に専用の「AIフェース」が設計されたそうです。

【MAVRIK フェアウェイウッド スペック】
ヘッド 17-4 ステンレス +トライアクシャル・カーボンクラウン +スクリューウェイト約2グラム
フェース マレージング鋼 C300/FLASH フェース SS20+フォージドフェースカップ
シャフト Diamana 50 for Callaway(S)
ロフト 15.0度(3番)
長さ 43.25インチ
ライ角 56度
価格 4万8000円(税別)

【MAVRIK ユーティリティ スペック】
ヘッド 17-4 ステンレス
フェース カーペンター455スチール/FLASH フェース SS20+フォージドフェースカップ
シャフト Diamana 50 for Callaway(S)
ロフト 20.0度(4番)
長さ 40.5インチ
ライ角 58度
価格 4万3000円(税別)

『MAVRIK フェアウェイウッド』『MAVRIK ユーティリティ』は、十八番になりつつあるフェースの裏の2本の柱が生む「JAILBREAK(ジェイルブレイク)テクノロジー」も搭載されています。そして、カップフェースは、キャロウェイの得意技です。

その他の部分でも、2020年の最先端を『MAVRIK』は、ゴルファーに体験させます。

『MAVRIK フェアウェイウッド』は、構えると安心できます。

ヘッドのシェイプは、キャロウェイらしい形状で、オーソドックスです。ヘッドの厚みは、やや薄めに感じますが、特別ではありません。

リーディングエッジが低く張り出していて、フェースが大きく見えます。それでいて、全体としては締まって小さめなヘッドに見えるのです。

アドレスビューだけで買いたくなるフェアウェイウッドです。

『MAVRIK ユーティリティ』は、小さめなヘッドが苦手でなければ、やさしそうに見えるユーティリティになっています。

フェースが大きく見えるので、20度よりもロフトがあるように見えるからです。

アドレスビューは、美しく、狙い通りに構えやすいです。ユーティリティは、曲線が多いので、後方の膨らみのピークがどこにあるか、半径が小さい曲線か、大きい曲線か、というような要因で、大きく変わります。

『MAVRIK ユーティリティ』は、特別を感じさせないさり気なさで、丁寧に作られたヘッドです。

フェアウェイウッドとユーティリティで迷ったらMAVRIK!

動画を見てください。

『MAVRIK ユーティリティ』からレポートします。

打音は気分が良い音です。金属系ですが、少し湿った感じが、インパクトをコントロールしているイメージをさせます。音量はほど良く、短いですが、残響もお見事です。

『MAVRIK ユーティリティ』は、一言で書くと、敏感なユーティリティです。そして、飛びます。

20度のロフトのユーティリティだと、僕のヘッドスピード(40メートル/秒)では、普通は180ヤードまでキャリーすれが十分に合格です。

『MAVRIK ユーティリティ』は、条件が良ければ200ヤードのキャリーを打てるのです。

もう一つ特筆すべきは、弾道の高さです。ボールを拾いやすく、打ち出しからかなり高くボールが上がります。

飛距離が出るのに、やさしい気分で打てるユーティリティが欲しいゴルファーに『MAVRIK ユーティリティ』はオススメです。

注意すべき点は、引っかけには強いのですけど、敏感にフェードも、ドローも出てしまうことと、グリーンでボールを止めるスピンは、ヘッドスピードが速くないと得られないということです。

そういう個性を弱点と見るか、使いこなすための機能と見るか。ゴルファーを悩ませるクラブです。

『MAVRIK フェアウェイウッド』は、見た目通りにやさしいフェアウェイウッドです。

機能が集約されているのは飛距離性能です。

過去に打ったことがあるスプーンの中では、3本の指に入るほどの飛距離が出ます。ドライバーと同じぐらい飛ぶシーンがラウンド中にありました。

打音は、金属系ですが少し湿っていて、残響もあります。打音の音量は、大き過ぎず、小さ過ぎず、ちょうど良いです。上手くなった気分にさせる打音です。

打ち応えは、少し不思議です。

軽めで、フェースに乗る感触があります。でも、自分が感じた弾道と現実の弾道が違うのです。

低めの球を打つことも可能ですが、ナチュラルに打つと、強弾道の高弾道になります。クリーク(5W)を打っているような弾道で飛んでいきます。

飛距離は、最も飛んだショットで240ヤード。平均でも225ヤードでした。高弾道の場合に、最も飛ぶようです。

『MAVRIK フェアウェイウッド』は、飛ぶフェアウェイウッドが欲しいゴルファーにオススメです。

ただし、ヘッドスピードが速いゴルファーは、上位機種を選んだほうが良いかもしれません。僕のヘッドスピードぐらいで最適な弾道になっているように感じました。

それ以上の高さが出ると距離ではなく、グリーンにボールを止める機能になってしまうと思いました。

もちろん、それを狙ってバッグに入れるという選択はありです。

『MAVRIK フェアウェイウッド』は、ナチュラルに打つと、ややドローになる傾向があります。

ミスショットも強い弾道になりがちなので、コントロールに自信がない場合は、暴れるフェアウェイウッドになって、スコアを浪費する結果になってしまう懸念があります(その場合には、MAXバージョンを選ぶといいでしょう)。

『MAVRIK フェアウェイウッド』『MAVRIK ユーティリティ』は、飛距離性能を極めようとして作られたクラブです。

それは、遠くに飛ばすだけではなく、芯を外しても平均飛距離でも飛ばすことを含みます。

単純に、その機能はやさしいのかもしれませんが、現場での使用をちゃんと考えて選択をするようにすることをオススメします。

『MAVRIK フェアウェイウッド』『MAVRIK ユーティリティ』にたくさんの種類がラインアップされているのは、ゴルファーに合わせるためだということを忘れないように、素晴らしい機能を堪能してほしいと思います。

個人的には、試打した『MAVRIK フェアウェイウッド』は、自分のバッグに入れる候補になるほど良かったです。

自分のゴルフを進化させるために、用具変更はされるべきなのです。
お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。