フェアウェイウッドの方向性を良くしたいならハーフスイングが有効です!

お気に入り

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

『ところでフェアウェイウッドは得意ですか?』

こう尋ねると、多くの人が、

『フェアウェイウッドで距離を稼ぎたいけど、方向性やミスの度合いの問題で、なかなかラウンドでは使えない……』

と答えるのではないてしょうか。  

アベレージゴルファーの皆さんにありがちな悩みですね。

確かにフェアウェイウッドは飛距離か稼げる代わりに、一番難しいクラブという位置づけです。  

しかし、考え方によっては、すごく重宝できる頼もしいクラブなのです。

例えばハーフスイングでも……。

飛距離が出せる代わりに左右のミスやダフリが恐い……

飛距離が出せる代わりに左右のミスやダフリが恐い……

getty

今回はフェアウェイウッドについてのお話です。

フェアウェイウッドはドライバーの次に飛距離を出せるクラブです。

ドライバーほどクラブヘッドが大きくありませんから、セカンドショット以降で飛距離を稼ぎたい場面なんかで重宝しますよね。

しかし飛距離が稼げるという最大のメリットがある代わりに、デメリットも多いのがフェアウェイウッドの難点。

クラブフェースの厚みがあり、アイアンに比べてクラブヘッドも大きいので、ボールが高く上がりやすくミスにも寛容だと言われますが、ドライバーの次にシャフトが長いので、なかなかジャストミートできません。

さらに飛距離を出そうとして力みやすく、左右に曲げるミスが圧倒的に多くなりやすいです。

飛距離が出るだけに左右に曲がると、OBなどの致命的なミスにつながってしまいます。

ミスの度合いが大きいこともあり、多くのアベレージゴルファーにとっては、フェアウェイウッドはゴルフクラブの中でも一番扱いづらいクラブになってしまっています。

フェアウェイウッドをクラブセッティングに入れているのに、ラウンドではほとんど使わない、または練習場でも打つのを敬遠しがちだという人も多いのではないでしょうか。

力まなくても勝手に飛距離は出る

力まなくても勝手に飛距離は出る

getty

確かに大きなミスをしてしまうのは恐いですが、だからといってせっかく飛距離が出せるフェアウェイウッドを使わないというのは非常にもったいないですよね。

先ほども少し触れましたが、フェアウェイウッドは元々ボールを高く上げられてミスにも寛容なクラブです。

多少ボールの手前からクラブが入っても、そのままボールを拾ってくれますしね。

それでもミスショットが多くなってしまうのは、やはり力みでしょうね。

少しでも遠くへ飛ばそうとすればするほど、力が入ってしまいますからね……。

と、ここで少し冷静に考えてほしいのです。

アマチュアゴルファーあるあるなのですが、飛ばそうとすれば力を入れてスイングし、逆に飛距離を出したくなければ力を弱めてスイングしがちなんですよね。

しかし力加減で飛距離を調整するからミスが出るわけで、そんなことをしなくてもいいようにパターを含めて14本のクラブを使ってプレーできるのですからね。

飛ばそうと力んだり、マン振りしなくても、クラブがボールを飛ばしてくれるのです。

フェアウェイウッドは飛距離性能に優れたクラブ。

クラブのポテンシャルを信じてリラックスしてスイングするように心がけましょう。

ハーフスイングでもしっかり飛ぶ

ハーフスイングでもしっかり飛ぶ

getty

そんなフェアウェイウッドでの左右の曲がりにお悩みのようなら、オススメなのはハーフスイングです。

『えっ? ハーフスイングなんかしたら、飛距離が半分になるから、真っすぐ飛んだとしても飛距離が稼げないじゃない……』

そう思った皆さんは、大きな勘違いをしている可能性があります。

まずハーフスイングで飛距離がフルショットの半分になることはありません。

ハーフスイングとは振り幅こそフルスイングの約半分(時計の針の9時から3時の位置まで)ですが、力加減はフルスイングと同じにするショットです。

そうするとハーフスイングの飛距離は(個人差はありますが)、アイアンやウェッジならフルスイングの7割くらいは飛ぶはずなのです。

もしハーフスイングの飛距離がフルスイングの半分だという人は、振り幅だけでなく力加減を調整している可能性がかなり高いです。

ここで話を戻すと、フェアウェイウッドであればハーフスイングで8割近くは飛ぶのではないかと思われます。

もしキャリーでそんなに飛ばないとしても、ハーフスイングはフルスイングよりも低く打ち出されるので、ランがかなり出やすいです。

それらを加味すれば、フェアウェイウッドのフルスイングで200ヤードくらいを目安にしている人であれば、ハーフスイングのショットでも、ランと合わせて170ヤードくらい、上手くいけば180ヤードくらいは飛距離を稼げると思われます。

さらにハーフスイングのほうが左右のブレがかなり少なくなるはずです。

5回に1回、いや10回に1回は200ヤード飛ばせるけど、あとは大きく左右に曲げたりチョロのミスをするのと、飛距離は多少ロスしても堅実に前進させられるのではどちらがいいのか。

答えは明白ですよね。

ハーフスイングをするときの注意点としては、とにかくインパクト直前で緩まないことです。

力加減で調整してしまうと、ボールは左右に曲がりますし、フェアウェイウッドの場合はハーフスイングでもある程度飛距離が出てしまうので、大きなミスにつながってしまいます。

決して速くスイングする必要はありません(何度も言いますがクラブが飛距離を出してくれますから!)。

クラブが時計の3時の位置まで来るように、しっかりフォローを取っていくようにしましょう。

ハーフスイングだけではミスヒットしてしまう場合は、グリップを少し短く持ってみるのも有効です。

短く握るだけでアイアンの感覚で振っていけますし、グリップを短く持ってもそんなに飛距離は変わらないはずですよ。

フェアウェイウッドのハーフスイングで方向性アップ!

次回の練習やラウンドで試してみてくださいね♪

それでは、また次回お会いしましょう!

お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。