テーラーメイドの新製品ドライバー SIMシリーズの試打インプレッションです。

テーラーメイドも新製品を出すにあたり、新しい機能をいろいろ考えてきますね。しかも毎年新製品が出るので、旧製品のマークダウンで、恩恵を受けているゴルファーもかなりいると思います。

それでこの新製品 テーラーメイド SIM(シム)ドライバーがどのような機能を持っているか、試打した結果をレポートしていきたいと思います。

目次
1:SIM ドライバーシリーズのコンセプトとは?!
2:SIM ドライバーシリーズのラインアップとそれぞれの特長とは?!
3:SIM ドライバーシリーズを試打した結果は?!
4:まとめ

SIM ドライバーシリーズのコンセプトとは?!

新製品のテーラーメイド SIM ドライバーのコンセプトは、“SHAPE IN MOTION”。

「飛距離を生み出す次世代のカタチ」ということで、形状でハーフウェイダウンからインパクトにかけて、スピードを上げるデザインになっています。

そのため、ソール形状が特徴的な形になり、見た目には、ハイバックな形ですが、このソール後方部に突き出た場所にウェイトが入っていて、さらに、ソール部分がヘッド形状から細く飛び出した形にすることにより、このコンセプトを実現しています。

そのため、重心も、深重心でありながら、低重心を両立した設計となり、寛容性と低スピン、ヘッドスピードアップを狙ったモデルになっています。

SIM ドライバーシリーズのラインアップとそれぞれの特長とは?!

SIMドライバーシリーズのラインアップですが、SIM ドライバー、SIM MAX ドライバーの2種類です。

アメリカでは、さらに、つかまりやすいSIM MAX D ドライバーがあります。

SIMドライバーは、M5の後継ドライバーになっていて、スライディングウェイトがフェース面と平行に動く仕様となっています。重心距離が変化しますので、ボールのつかまり具合を調整することができます。

そして、引き続きM5、M6ドライバーで採用された、スピードインジェクティッド ツイストフェースも搭載されています。

この機能により、反発係数を規定以上に上げたフェースを、一本ずつ測定しながら、ルールギリギリの反発係数を持つように調節して反発係数を抑え、初速の向上につながるフェースとしています。

もちろん、カチャカチャ付きで、旧モデルとの互換性もあるので、M5やM6に装着されていたシャフトもそのまま使うことができます。

旧モデルを持っている方は、気に入ったシャフトであれば、純正シャフトを購入して、差し替えて使ってもいいです。

さらに裏技として、このSIM ドライバーの人気の出そうなカスタムシャフト付きを購入して、シャフトだけ中古ショップや、オークションなどに売りに出すと、純正シャフトとカスタムシャフトの購入差額以上の価格で取引されたりもしますよ。

次に、SIM MAX ドライバーですが、これは、M6の後継になります。

このネーミングが、「SIM1」「SIM2」みたいにならなかったのは、間違いなくピンのG400、410シリーズの影響ですね。

ピンは、G400シリーズから大きくシェアを伸ばしていますが、このMAXという言葉が、かなりわかりやすいモデルとなっています。

操作性がいいというより、まっすぐ狙って、簡単に遠くへ飛ぶというイメージでのネーミングですね。

「MAX」はピンの商標でもないので、わかりやすくヒットしたネーミングは、利用しようとなったのも当然だと思います。

そして、SIM MAXですが、サイズは、460cc、ライ角56度ということで、実は、SIMもSIM MAXもサイズや、ライ角はまったく同じです。

ただし、構えた感じは結構違って、SIMドライバーが洋ナシ形なのに対し、SIM MAXのほうは、さらに後方に長い形状になっています。

それと、SIMに搭載されている機能は、ほとんどSIM MAXにも搭載されています。唯一ないのが、スライディングウェイトで、いわゆる重心距離の調整はできません。

しかし、この機能がなくても、そのままのヘッドの状態でちょうどいいヘッドの返り具合であれば、まったくこの機能は必要ないので、ぜひ試してからSIMか、SIM MAXにするのがいいですね。

SIM ドライバーシリーズを試打した結果は?!

それで、早速、SIM ドライバーを打ってみました。装着シャフトは、カスタムシャフトのDIAMANA ZF60のSシャフトです。

打ったスペックは、10.5度で、45.25インチ、約312グラムです。

まず、構えた感じですが、旧モデルのM5の場合、少しアドレスでフェースが開く感じがあったのですが、このSIMは、ソール形状のおかげもあり、ピタっと決まります。

芝の上でも、どっちにフェースが向いているのかわからないということは、まったくありません。本当に気持ちよくアドレスができますので、これはいいですね。

打音ですが、少し弾き感のある打音で、爽快な音ですね。旧モデルのM5は少しこもった音でしたが、今回のSIMは、飛んでいる感じの音がしますね。

そして、思ったより、つかまりがいいですね。ややドローボール気味で飛んでいきます。

弾道は、少し上がりにくい感じもしましたが、スピン量が少ないので、バックスピンが多めの人で、左に行きにくいながらもある程度つかまりを求める人には合いそうなヘッドです。

距離も、いい感じで出ていますね。ヘッドスピードが上がったかどうかは、ちょっとわからない感じでしたが、僕の場合、スライディングウェイトを調整すれば、さらにフィットしたと思います。

次に、SIM MAXを打ってみます。シャフトは、先ほどと同じく、DIAMANA ZF60のSシャフトです。同じく10.5度で約310グラムと、SIMよりも、2グラム軽くなっています。

構えてみると、SIMと同じようにソールがぴたっと決まります。構えると簡単にターゲットにフェースが向きますね。

打ってみました。SIM MAXのほうが、SIMと比較して、ボールが上がりやすいですね。

打ち出し角は、15.6度と結構高めですが、バックスピン量が、1693回転と少なめのため、高弾道・低スピンを両立していて、飛距離も結構出ました。

フェードや、フックもあまりかからず、まっすぐど~んと飛んでいく感じがよくわかります。

そして、ボールのつかまり具合ですが、SIMよりも、少しつかまりが抑えられている感じです。

そのため、僕には、こちらのSIM MAXのほうが合っている感じです。

まとめ

テーラーメイドの新製品 SIM ドライバーとSIM MAX ドライバー。どちらも魅力的な製品に仕上がっています。

タイガー・ウッズをはじめとした、テーラーメイドの契約プロも続々このSIMシリーズのクラブに変更しているみたいですね。

皆さんも、ぜひ、この話題の新製品SIMドライバー、SIM MAX ドライバー試してみてくださいね。

お気に入り
クレンショウ木村

トーナメント会場で、シードプロ延べ350人含む2,000人のスイングの撮影を実施し、スイングを解析してきました。プロゴルファー、ギア、スイングについて、気付いた事などいろいろ書いていきます。ベストスコア 67です。 https://ameblo.jp/crenshaw2/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。